ECサイトと店舗のデータを繋げて活用したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイトと店舗の顧客・販売データを繋げて活用したい

2013/08/29


 インターネットに店舗を開くECサイトは現在では一般的なマーケティングチャネルの1つになった。特にB to C領域では、Web上のショッピングモールへの出店に加えて自社ECサイトを持つことが販売力強化のために欠かせないものになりつつある。オンラインショッピングの普及に伴いECサイトが重要な顧客接点の1つになった現在、単に販売窓口として利用しているだけではもったいない。通りすがりのサイト閲覧者を引き込み、その場での商品購入だけでなく、リピート注文してくれる顧客に育て、さらには実店舗にも足を運んでもらうようにする戦略的な取り組みを考えたい。それには既存の店舗の顧客情報や販売情報との連携・統合が不可欠。そんな環境実現のためには、いったいどんなITツールがふさわしいだろうか。

※「ECサイト/ECサイトと店舗のデータを繋げて活用したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ECサイト/ECサイトと店舗のデータを繋げて活用したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

ECサイト構築時に社内既存システムとの連携を図る

 これから新しくECを始める場合の選択肢は3つある。1つは既存のショッピングモールにテナントとして出店することだ。ごく短期間で一定の機能と操作性を備えたバーチャル店舗ができ上がる。モール自体の集客能力が利用できるが、モールの規約に従い出店料やシステム利用料が必要であり、提供するサービスにも一定の制約がある。社内システムとの連携はモール側の仕様に依存するので、自由な設計が難しい。
 もう1つの選択肢は、自社でECシステムを構築することだ。有償/無償のEC構築ソフトウェアにはコンテンツ作成からショッピングカート機能、決済サービスとの連携機能、商品管理・在庫管理・注文管理などの管理機能までひと通りの機能が揃っている。これを利用すればイチから自社開発するよりはるかに簡単にECシステム構築ができる。社内既存システムとの連携機能も自由に組み込めるので、独自性の高いECシステムが構築可能だ。ただしシステム化やシステム連携実現には一定の追加開発が必要になることが多いため、EC構築の経験豊かなSIerの協力を得るとよいだろう。
 さらに1つの選択肢はEC構築・運用のためのオンラインサービスの利用だ。業者が持つサーバとソフトウェアをWeb経由で利用できるので、ハードやソフトの運用管理負荷がかからない。料金は月額料金やページビュー課金などわかりやすい体系になっている。決済関連機能に重点を置きシンプルに機能を取り揃えた「ショッピングカート」サービスが提供されている一方、EC構築ソフトウェアと同等の豊富な機能を備え、クラウド基盤を利用して大規模ECサイトへの拡張も可能なSaaSも登場している。ただし基本的には機能の独自追加/変更ができず、自由度の面では制約がある。とはいえユーザ独自機能の開発・追加も業者によっては可能であり、社内既存システム連携も標準的なバッチによるデータ連携のほか、リアルタイム連携の実現例もあるので、必要なら業者に相談してみるとよい。

EC構築・運用ソフトウェアの機能概要
EC構築・運用ソフトウェアの機能概要
株式会社ecbeing

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ECサイト/ECサイトと店舗のデータを繋げて活用したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ECサイト」関連情報をランダムに表示しています。

ECサイト」関連の製品

かんたんメール共有ツール「サイボウズ メールワイズ」 【サイボウズ】 E-ASPRO 【東計電算】 EC・通販統合ソリューション NeoSarf / DM 【NEC】
電子メール EC EC
社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。 通販業務をすべて一元管理。
サイト管理から出荷まで、通販業務を1つのシステムで効率的に管理できるクラウド型フルフィルメント通販ソリューション。
EC・通販の業務に必要な機能をワンストップで提供。
市場ニーズの多様化、デバイスの多様化の時代に対応可能な、マルチチャネル・デバイスフリーのソリューション。

ECサイト」関連の特集


文字や静止画に比べ、より多くの情報伝達ができる動画。サイトに来訪してくれた見込み客や既存顧客、あるい…



NTTデータは今年7月、社内のいろいろな部門やグループ会社に分散していたビッグデータ関連のケイパビリ…



 前回の記事ではアプリを商品の認知拡大や購買の動機付けに活用するには何をゴールにし、どういった指標を…


ECサイト」関連のセミナー

第二回アカマイ技術者セミナー 『Tech Meet-Up』セミナー 【アカマイ・テクノロジーズ】  

開催日 5月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

今やビジネスツールとして欠かせない存在となったウェブサイト。当初はアクセス件数を見るだけだった分析も、ユーザーをトラッキングしての分析、さらには多様なデバイス・…

ベトナムオフショアで開発する、人工知能システム 【主催:NALヒューマンリソース/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 6月5日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

★★好評につき、3回目の開催です!★★【急速に普及する人工知能】50年来の大きな技術的ブレークスルーと言われるディープラーニングの登場によって、人工知能技術は急…

このページの先頭へ

ECサイト/ ECサイトと店舗のデータを繋げて活用したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ECサイト/ ECサイトと店舗のデータを繋げて活用したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006094


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ