サーバなどのシステム管理負荷を削減したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバやネットワークなどシステム管理負荷を削減したい

2013/08/22


 システム運用管理の仕事は、サーバやPCが増えれば増えるほど忙しくなる。新しいシステムが次々に増え、システム更改も休む暇なく続けられる大企業はもちろんだが、特に中堅〜中小規模の情報処理部門がない企業では「ひとり情シス」という言葉に代表されるように、管理技術者が少なく、増員も望めない場合が多く、限られたスタッフで日々のシステム運用管理に忙殺される現実が続いている。どうしても人が対応しなければならない管理業務も多々あるが、特に監視系の業務では自動化により人の管理負荷を軽減できる部分もまた多い。システム増強をしても管理体制が破綻したのでは意味がない。そうなる前に、ITツールを上手に使って負荷軽減を図りたい。

※「運用/サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「運用/サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

運用管理ツールで複数システムとネットワークの監視を省力化する

 システム導入時にはたいていシステム管理機能が何らかの形で組み込まれている。その管理ツールを使って単一システムの運用管理を行なっている分にはよいのだが、やがてシステムが社内に増え、ネットワークも次々に増強されるようになると、運用管理者は複数の管理ツールのコンソールでシステムやネットワークの状態を監視し、異常があればそれぞれのケースに対応した管理ツールで対応を図ることになる。しかし複雑化したネットワークでは障害箇所の特定に時間がかかり、複数のシステムが相互連携している場合にもトラブル原因の特定が難しくなる。もちろん原因がネットワークなのかシステムなのかの切り分けも容易ではない。

 そこで、頼りになるのがサーバ管理ツールとネットワーク管理ツール、そしてそれらを一体化した統合運用管理ツールだ。これらはシステム個別の運用管理ツールではなく、複数のサーバやネットワーク機器の監視と管理、状態のレポートなどの機能を持ち、運用管理を一元化して1つのコンソールで監視・管理可能にするものだ。トラブルの発生箇所が特定しやすくなり、回復のための対応を速やかに、手軽に行うことができる。一部のツールでは障害の自動分析と自動対応まで行えるものがある。

 またCPUやメモリの使用状況やネットワークへの負荷状況など多くの監視項目でデータを集約して一覧できるので、トラブルの予兆を未然に発見して適切な対応をとり、システム停止やレスポンス悪化などの発生を予防することも可能だ。さらに、状態の常時監視により異常が検知可能なので、ウイルスや不正アクセスなどのふるまいを早期に発見して対応を図れるため、セキュリティ面でも利用価値がある。

 管理用サーバを立てて運用管理ソフトを導入するのが一般的だが、現在では運用管理機能を提供するSaaSやリモート監視サービスも登場しており、導入への敷居は低くなってきている。機能が揃った統合運用管理ツール導入がお奨めできるものの、コストとの兼ね合いで、機能は限られても負荷が大きいところを軽減できるツールを選ぶとよい。場合によっては監視機能のみをリモートで提供してくれるサービスを利用する手もある。

図 リモートシステム監視サービスの例
図 リモートシステム監視サービスの例
提供:東芝ITサービス

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

運用/サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用」関連情報をランダムに表示しています。

運用」関連の製品

ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 ネットワークフォレンジックサーバ 『NetEvidence Ax Ver.3.1』 【オーク情報システム】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】
サーバー管理 フォレンジック バックアップツール
アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。 全インターネット通信を記録・保存し、有事の際に漏えい源を追跡できるネットワークフォレンジックサーバ。メールの添付ファイルも掲示板の書込み内容も検索・確認できる。 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。

運用」関連の特集


軽量薄型で突出したスペックを有する「Ultrabook」が話題!でも…ネットブック?タブレット?イマ…



なぜ、今伸びているのか?“ドキュメントスキャナ”の市場動向から何が解る!?基本機能から最新動向、活用…



SaaSやシンクラ導入、OS XやChromeOS、Windows10の登場など2015年はクライア…


運用」関連のセミナー

仮想化は今や常識、運用時によくある失敗事例とその回避策とは 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】 締切間近 

開催日 7月21日(金),9月22日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

●サーバーの仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフ…

KEL仮想化サミット2017 in 札幌 【兼松エレクトロニクス/ヴイエムウェア/日本ヒューレット・パッカード】 注目 

開催日 10月12日(木)   開催地 北海道   参加費 無料

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。今ITの世界は大きな変革点を迎え、IoTやAIなど様々な新しい要素が注目を浴び、働き方改革を実現する為の意識改革…

ID Management Conference 2017 東京 【ナノオプト・メディア】 注目 

開催日 9月27日(水)〜9月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

クラウド・モバイル時代にどのようにID・パスワードの管理すべきかを徹底検証!オンプレミスからクラウド・IoTまで、セキュアなID管理環境を保つための最適解をセミ…

このページの先頭へ

運用/ サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「運用/ サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006093


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ