サーバなどのシステム管理負荷を削減したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバやネットワークなどシステム管理負荷を削減したい

2013/08/22


 システム運用管理の仕事は、サーバやPCが増えれば増えるほど忙しくなる。新しいシステムが次々に増え、システム更改も休む暇なく続けられる大企業はもちろんだが、特に中堅〜中小規模の情報処理部門がない企業では「ひとり情シス」という言葉に代表されるように、管理技術者が少なく、増員も望めない場合が多く、限られたスタッフで日々のシステム運用管理に忙殺される現実が続いている。どうしても人が対応しなければならない管理業務も多々あるが、特に監視系の業務では自動化により人の管理負荷を軽減できる部分もまた多い。システム増強をしても管理体制が破綻したのでは意味がない。そうなる前に、ITツールを上手に使って負荷軽減を図りたい。

※「運用/サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「運用/サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

運用管理ツールで複数システムとネットワークの監視を省力化する

 システム導入時にはたいていシステム管理機能が何らかの形で組み込まれている。その管理ツールを使って単一システムの運用管理を行なっている分にはよいのだが、やがてシステムが社内に増え、ネットワークも次々に増強されるようになると、運用管理者は複数の管理ツールのコンソールでシステムやネットワークの状態を監視し、異常があればそれぞれのケースに対応した管理ツールで対応を図ることになる。しかし複雑化したネットワークでは障害箇所の特定に時間がかかり、複数のシステムが相互連携している場合にもトラブル原因の特定が難しくなる。もちろん原因がネットワークなのかシステムなのかの切り分けも容易ではない。

 そこで、頼りになるのがサーバ管理ツールとネットワーク管理ツール、そしてそれらを一体化した統合運用管理ツールだ。これらはシステム個別の運用管理ツールではなく、複数のサーバやネットワーク機器の監視と管理、状態のレポートなどの機能を持ち、運用管理を一元化して1つのコンソールで監視・管理可能にするものだ。トラブルの発生箇所が特定しやすくなり、回復のための対応を速やかに、手軽に行うことができる。一部のツールでは障害の自動分析と自動対応まで行えるものがある。

 またCPUやメモリの使用状況やネットワークへの負荷状況など多くの監視項目でデータを集約して一覧できるので、トラブルの予兆を未然に発見して適切な対応をとり、システム停止やレスポンス悪化などの発生を予防することも可能だ。さらに、状態の常時監視により異常が検知可能なので、ウイルスや不正アクセスなどのふるまいを早期に発見して対応を図れるため、セキュリティ面でも利用価値がある。

 管理用サーバを立てて運用管理ソフトを導入するのが一般的だが、現在では運用管理機能を提供するSaaSやリモート監視サービスも登場しており、導入への敷居は低くなってきている。機能が揃った統合運用管理ツール導入がお奨めできるものの、コストとの兼ね合いで、機能は限られても負荷が大きいところを軽減できるツールを選ぶとよい。場合によっては監視機能のみをリモートで提供してくれるサービスを利用する手もある。

図 リモートシステム監視サービスの例
図 リモートシステム監視サービスの例
提供:東芝ITサービス

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

運用/サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用」関連情報をランダムに表示しています。

運用」関連の製品

LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】
ルーター 文書管理 アンチウイルス
LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。 紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。

運用」関連の特集


 2014年12月に特定個人情報保護委員会より、「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン」が…



スマートフォンやタブレットなどモバイル端末の所有が増加していることや内部統制への対応で近年注目されて…



受付を無人化することでコスト削減の目的を果たす「無人受付システム」。時代とともに進化する同製品の最新…


運用」関連のセミナー

Salesforceからの帳票設計&出力体験SVF Cloud for Salesforce 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 8月18日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ご紹介製品:SVF Cloud for Salesforce世界10万社以上で導入されている「Salesforce」、SFA・CRMだけでなくForce.com…

NEC/VMware ハイパーコンバージドセミナー in 仙台 【主催:日本電気/共催:ヴイエムウェア】 注目 

開催日 8月29日(火)   開催地 宮城県   参加費 無料

今話題のハイパーコンバージドインフラストラクチャについて、徹底解説します。また、サーバ仮想化・クライアント仮想化からクラウド化を進める次のステップとして、ハイパ…

帳票運用のTCO削減を実現する『アウトプット基盤化』セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 8月9日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

販売開始20年目を迎え、時代に応じて様々な変化をしてきた「帳票開発・運用ツール SVF」 の全容をご説明と合わせて、19500社以上の導入実績を誇る弊社ならでは…

このページの先頭へ

運用/ サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「運用/ サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006093


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ