サーバなどのシステム管理負荷を削減したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバやネットワークなどシステム管理負荷を削減したい

2013/08/22


 システム運用管理の仕事は、サーバやPCが増えれば増えるほど忙しくなる。新しいシステムが次々に増え、システム更改も休む暇なく続けられる大企業はもちろんだが、特に中堅〜中小規模の情報処理部門がない企業では「ひとり情シス」という言葉に代表されるように、管理技術者が少なく、増員も望めない場合が多く、限られたスタッフで日々のシステム運用管理に忙殺される現実が続いている。どうしても人が対応しなければならない管理業務も多々あるが、特に監視系の業務では自動化により人の管理負荷を軽減できる部分もまた多い。システム増強をしても管理体制が破綻したのでは意味がない。そうなる前に、ITツールを上手に使って負荷軽減を図りたい。

※「運用/サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「運用/サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

運用管理ツールで複数システムとネットワークの監視を省力化する

 システム導入時にはたいていシステム管理機能が何らかの形で組み込まれている。その管理ツールを使って単一システムの運用管理を行なっている分にはよいのだが、やがてシステムが社内に増え、ネットワークも次々に増強されるようになると、運用管理者は複数の管理ツールのコンソールでシステムやネットワークの状態を監視し、異常があればそれぞれのケースに対応した管理ツールで対応を図ることになる。しかし複雑化したネットワークでは障害箇所の特定に時間がかかり、複数のシステムが相互連携している場合にもトラブル原因の特定が難しくなる。もちろん原因がネットワークなのかシステムなのかの切り分けも容易ではない。

 そこで、頼りになるのがサーバ管理ツールとネットワーク管理ツール、そしてそれらを一体化した統合運用管理ツールだ。これらはシステム個別の運用管理ツールではなく、複数のサーバやネットワーク機器の監視と管理、状態のレポートなどの機能を持ち、運用管理を一元化して1つのコンソールで監視・管理可能にするものだ。トラブルの発生箇所が特定しやすくなり、回復のための対応を速やかに、手軽に行うことができる。一部のツールでは障害の自動分析と自動対応まで行えるものがある。

 またCPUやメモリの使用状況やネットワークへの負荷状況など多くの監視項目でデータを集約して一覧できるので、トラブルの予兆を未然に発見して適切な対応をとり、システム停止やレスポンス悪化などの発生を予防することも可能だ。さらに、状態の常時監視により異常が検知可能なので、ウイルスや不正アクセスなどのふるまいを早期に発見して対応を図れるため、セキュリティ面でも利用価値がある。

 管理用サーバを立てて運用管理ソフトを導入するのが一般的だが、現在では運用管理機能を提供するSaaSやリモート監視サービスも登場しており、導入への敷居は低くなってきている。機能が揃った統合運用管理ツール導入がお奨めできるものの、コストとの兼ね合いで、機能は限られても負荷が大きいところを軽減できるツールを選ぶとよい。場合によっては監視機能のみをリモートで提供してくれるサービスを利用する手もある。

図 リモートシステム監視サービスの例
図 リモートシステム監視サービスの例
提供:東芝ITサービス

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

運用/サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用」関連情報をランダムに表示しています。

運用」関連の製品

経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】 2020年のWindows 7延長サポート終了、大規模移行の悪夢をどう乗り越える? 【クエスト・ソフトウェア】 肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】
会計システム ノートパソコン サーバー管理
豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。 2020年1月、「Windows 7」の延長サポートが終了する。少し先の話とはいえ、準備は早いに越したことはない。最適な方法を解説する。 過半数が「ディスク容量不足」に不安、ファイルサーバの課題にどう対応する?

運用」関連の特集


2009年からいち早くワークスタイル変革に自ら取り組むとともに、SIer事業の柱としてワークスタイル…



スマートデバイスなどコンシューマITの業務利用により、サービスデスクに求められる要件は大きく変化して…



「営業支援システム(SFA)は、営業支援の機能だけを比較して選定すると失敗しやすい」という。では、何…


運用」関連のセミナー

安全、快適、楽々運用 ソフトバンクのオールフラッシュ DaaS 【主催:ソフトバンク/ピュア・ストレージ・ジャパン】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

働き方改革や端末の多様化により、デスクトップ環境管理は複雑さを極めています。デスクトップ仮想化(VDI)の普及に加え、DaaS(Desktop as a Ser…

仮想化後によくある悩みとトラブルシューティング事例いろいろ 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

●サーバー仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフト…

100分で学べる!SVF製品まるわかりセミナー 【ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 11月28日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

19500社超に導入いただいた、国内シェアNo.1(※)帳票ツール「SVF」は、その圧倒的な実績と機能で帳票システムの基盤化を実現いたします。本セミナーでは帳票…

このページの先頭へ

運用/ サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「運用/ サーバなどのシステム管理負荷を削減したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006093


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ