消費税率改定で見直す社内システムが知りたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

消費税率の改定で、見直すべき社内システムが知りたい

2013/08/08


 消費税法が改正され、消費税率は2014年4月1日に現在の5%から8%へと上がる。さらに2015年10月1日には10%へともう一段階引き上げられることになりそうだ(2013年秋に経済状況を勘案して決定される)。施行日前後の取引に関して「経過措置」があり、請負工事や役務の提供などいくつかの取引に関して施行日以降もしばらく旧税率が適用される。また2015年の引き上げ時には、特定の品目の税率を軽減することが議論されている。加えて税率アップを商品価格に転嫁するときの方法についてもガイドラインがこれから公表される予定だ。まだ不透明な部分もあるが、現在の企業情報システムの会計に関連する部分への影響はかなり大きいと考えられ、場合によっては大きなシステム改修・追加開発のケースも出てきそうだ。今後も税制は流動的になる可能性もあり、情報システムは法改正に適時に追随できるようにしておきたい。

※「ERP/消費税率改定で見直す社内システムが知りたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/消費税率改定で見直す社内システムが知りたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

消費税率が関連する業務システムを棚卸しして対応可否を考える

 消費税率の変更が影響する業務システムで主なものを挙げれば次のようになろう。
 ・ERP           ・財務管理システム  ・会計管理システム  ・販売管理システム
 ・購買管理システム  ・経費管理システム  ・給与管理システム  ・在庫管理システム

 このほかにもサプライチェーンの様々なプロセスで稼働しているシステムや、経営分析システム、帳票作成システム、Web上の製品情報やECシステムなど、一見して関連がなさそうなシステムであっても、消費税率の変更の影響が生じないとは限らない。まずは社内のシステムの中で影響が出そうなシステムを棚卸ししてみる必要がある。そのうえで、次の機能について調べてみよう。

 (1)消費税率が翌年、翌々年の2段階で変動することに耐えられるか
 (2)経過措置が各段階でとられる場合、3種類の税率(5%、8%、10%)を取引日付や品目によって使い分ける必要に迫られるが対応可能か
(3)軽減税率が導入された場合、複数税率を取り扱う必要があるが、対応可能か

 主なERPベンダは消費税アップは簡単な設定変更で対応可能だとしており、会計関連の各種業務パッケージの場合もマスタ変更だけで対応可能になる場合が多いと思われる。また仮に簡単に対応できない場合でも、専用のアドオンの提供などによる解決が図られると期待してよさそうだ。ただし問題は複数税率が決まったときに対応可能かどうかだ。古いパッケージや自社開発システムの場合には、大きな改修が必要となるかもしれない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ERP/消費税率改定で見直す社内システムが知りたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

連結原価やプロセス製造にも対応、ERPを超える原価管理の実践法 【電通国際情報サービス】 ERPで海外拠点の情報を可視化、THKリズムに学ぶ国際展開の勘所 【インフォアジャパン】 ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】
ERP ERP BI
丸1日かかっていた原価計算が2時間に 原価管理パッケージの実力 ERPで海外拠点の情報を可視化、THKリズムに学ぶ国際展開の勘所 予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。

ERP」関連の特集


2010年度、ライセンス料とサポート料を合わせた金額が772億円であった「大規模企業向けERP」。同…



労基法改正や働き方の多様化に対して適性な管理が求められている今だからこそ、勤怠管理システムの目的と必…



90名企業のシステム担当と物流管理を1人で兼任する中、持ち上がってきたのは全社システムの更新作業でし…


ERP」関連のセミナー

キャッシュフロー改善の『在庫最適化』とは(TVサテライト名古屋) 【NECネクサソリューションズ】  

開催日 12月14日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

「過剰在庫を削減し資金繰りを楽にしたい」「欠品を減らし売上と利益を増加させたい」業績改善に効果的である一方、実現にはジレンマを伴う厄介な課題でもある「在庫適正化…

純国産ERP「GRANDIT」最新版Ver2.3ハンズオンセミナー 【主催:双日システムズ/協力:GRANDIT】  

開催日 12月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

2016年6月30日に最新版である「Version2.3」がリリースされた純国産ERPパッケージ「GRANDIT」。 この「Version2.3」を実機を使って…

Biz∫SCAW製番管理システム製品説明会 【東京】 【エヌ・ティ・ティ・データ関西】  

開催日 1月13日(金),12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

 業務効率化を進める上で業種業態を問わず、業務の統合マネジメントは重要なテーマとなっています。受注生産・個別受注生産形態をベースとしている「Biz∫SCAW製番…

このページの先頭へ

ERP/ 消費税率改定で見直す社内システムが知りたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ 消費税率改定で見直す社内システムが知りたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006092


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ