ペタビット光通信へ!マルチコア光ファイバ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

ペタビット光通信へ!マルチコア光ファイバ

2013/07/03


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは、昨年の秋に光ファイバ1本で世界最高速の1.05Pbps(約1000兆ビット/秒)伝送実験を達成したマルチコア光ファイバの基礎技術。日本が世界をリードしているこの技術、いったいどんなものなのでしょうか。

通信

※「通信/ペタビット光通信へ!マルチコア光ファイバ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「通信/ペタビット光通信へ!マルチコア光ファイバ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

マルチコア光ファイバとは?

 1本の光ファイバでどれだけ多くの情報が伝送できるのか? その技術開発に世界の研究者がしのぎを削る中、昨年9月にNTTの研究所などが1本の光ファイバで1秒あたり1.01Pbpsという超高速での長距離(52.4km)伝送に成功した。これが「1ペタビット超え長距離伝送」の世界初の事例になった。その驚きも覚めやらぬ同年10月には、アメリカにあるNECの研究所などが1.05Pbpsでのデータ伝送実験に成功したというニュースが聞こえてきた(こちらは3km)。これが現時点での1本の光ファイバによる世界最高速度になっている。1Pbpsと言えば、2時間のハイビジョン映画約5000本を1秒で伝送できる速さだ。
 矢継ぎ早の世界記録更新の原動力になったのは、日本が世界の最先端を走る光ファイバのマルチコア化技術だ。NTTの事例では1本のファイバに12コア、NECのほうは14コアを備えていたが、どちらも元を正せば日本のNICT(独立行政法人情報通信研究機構)が続けてきた「マルチコア光ファイバ」技術開発に端を発している。
 昨年NICTが発表した19コア光ファイバは、NICT、古河電気工業、オプトクエストの共同開発によるもので、図1に示すように、1本の光ファイバの中に19本の光の通路(コアと呼ぶ)を備えるものだった。NICTではこの光ファイバで合計305Tbpsのデータを10kmの距離で同時伝送することに成功した。このマルチコア光ファイバが現在のところコア数密度では最大で、かつ長距離伝送が実証された光ファイバの世界記録になっている。

図1 19コア光ファイバの断面形状
図1 19コア光ファイバの断面形状
資料提供:情報通信研究機構

 この前年にはやはりNICTが7コア光ファイバによる毎秒109Tbpsでの16.8km伝送実験に成功している。それが図1の右側上の写真だ(右側下は海外事例)。それから1年をかけてこの7コアの外側を取り囲むように更に12コアを追加して19コア光ファイバを実現した。それまでマルチコア化の実質的な限界が7コアと考えられてきたところに、それ以上のコア数の多重化が可能なことを示した点に大きな意義がある。この成功に導かれながら、弱点だったコア間の光の干渉(クロストーク)による損失などを抑えるようにコアを間引いたのが、12コア、14コア光ファイバだと考えてよい。

1-1

ペタビット・レベルのネットワークの必要性

 光ファイバネットワークの大容量化は今後ますます増大する一方の通信トラフィック量に対応するために、迅速に進めていかなければならない課題だ。現状でもブロードバンドの一般化やモバイルデバイスの普及などにより国内で前年比20%、世界で40%という勢いでトラフィック量は拡大している。今後ますます普及が予想されるユビキタスセンサーネットワークやリアルタイムデータベース検索、超臨場感(五感)通信のためのテラビットアプリケーションなどにより、更に増大傾向が加速するだろう。
 こうした傾向に対応して基幹中継網は1987年の最大容量だった1.6Gbpsから、20年をかけて1.6Tbps(3ケタ向上)にまで発展した。しかしこれではやがて不足することが目に見えている。ところがこれまでの技術では、さらなる容量向上は頭打ちになることが明らかなのだ。 NICTによれば2030年には情報量は3000倍(年率1.5倍)〜1万倍になることを想定しなければならず、現在の遠距離光ファイバネットワークは「容量危機」に直面しているという。そこで、産学官オールジャパン体制で開発が推進されているのが「毎秒ペタビットが伝送できる光ファイバ」だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Lenovo 2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」 
●A賞:抽選で1名様
 ZEROTECH 小型セルフィードローン「Dobby Deluxe D100B-H」 
●C賞:抽選で1名様
 harman/kardon ワイヤレスホームスピーカーシステム「AURA PLUS」 
●D賞:抽選で1名様
 THANKO iPhoneケース型「モバイルDLPプロジェクター」 
●E賞:抽選で2名様
 キングジム コンパクトにたためるパソコン「PORTABOOK XMC10」 

このページの先頭へ
関連キーワード

通信/ペタビット光通信へ!マルチコア光ファイバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「通信」関連情報をランダムに表示しています。

通信」関連の製品

Web Security Gateway(旧 Web Filter) 【バラクーダネットワークスジャパン】 アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】
フィルタリング 無線LAN WAF
コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。 アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。 顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザ認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用もすべてお任せ。

通信」関連の特集


立体的なナノ構造で光の屈折率を変えることで“透明マント”実現に近づく「3次元メタマテリアル」。その驚…



2016年第2四半期は、前年同期比5.8%増だったタブレット市場。ビジネス市場は28.3%減とマイナ…



 前回は、企業の情報システムが抱える「脆弱性」について詳しく述べた。今回は、企業がWebサイトを安全…


通信」関連のセミナー

ビジネスチャット チャットラック オンラインセミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 2月21日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

通信技術の進歩やモバイルデバイスの普及に伴い、コミュニケーションのあり方も大きく変わろうとしています。そんな中でひときわ注目を浴びているのが「ビジネスチャット」…

IoT特有のセキュリティ課題を徹底解説! 【ソフトバンク コマース&サービス】 締切間近 

開催日 2月28日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

インダストリー4.0をキーワードに欧州、米国の製造業界、医療業界のIoT化が進む中、日本を中心としたアジアでは今後より早いスピードでのIoT化が予想されています…

IoT特有のセキュリティ課題を徹底解説! 【ソフトバンク コマース&サービス】 注目 

開催日 2月24日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

インダストリー4.0をキーワードに欧州、米国の製造業界、医療業界のIoT化が進む中、日本を中心としたアジアでは今後より早いスピードでのIoT化が予想されています…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

通信/ ペタビット光通信へ!マルチコア光ファイバ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「通信/ ペタビット光通信へ!マルチコア光ファイバ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006081


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > LAN構築 > LAN構築のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ