この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

WAN高速化製品

2013/04/16


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、WAN高速化製品のシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2012年度のWAN高速化製品市場規模は55億円と見込まれる。
 BCP対策としてバックアップを重視する企業が増加していることに加え、WANサービスを提供する通信事業者が当該製品を組み合わせたWAN最適化ソリューションを提供し、マネージドサービスとして事業展開を行なっていることなどが、WAN高速化製品の需要増加の要因と見られる。しかし、世界市場と比較して日本の通信インフラは品質が高く、低コストで高速通信が実現できているため、現状は微増傾向が続いている。
 2012年度の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位のベンダが72.7%で前年から引き続きシェアが拡大している。アプリケーション高速化を訴求しており、サーバ統合といったクラウド需要の拡大とともに実績を拡大させている。2位は16.4%で、同じくアプリケーション高速化需要を獲得することで実績を拡大している。
 日本市場では、サーバ統合・移設やデータセンタ移設などのために、アプリケーション高速化の需要が今後も高まる見込みであり、当該製品の需要も拡大していくと見られる。クラウド・スマートデバイスの利用拡大も後押ししている。しかし、日本ではWAN回線の高速化・低コスト化が続いているため、大きな導入効果がなければ導入されない傾向があり、当該市場は今後も微増傾向で推移していくと見られる。

WAN高速化製品シェア

WAN高速化製品シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

WAN高速化/「WAN高速化製品」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAN高速化」関連情報をランダムに表示しています。

WAN高速化」関連の特集


IT担当者675人を対象にWAN高速化ツールの導入状況を調査。導入目的や選定時の重視ポイントなどから…



広域イーサや検疫ネットでも使われるVLAN。代表的な4つの方式を特長交えて徹底解説!便利なVLAN、…



アドレス変換技術を応用し、ネットワークへの負荷を振り分けるロードバランサ。その仕組みを解明。資格試験…


「WAN高速化」関連の特集


ピーク・スループットなら100倍以上の高速化も夢じゃない?話題の「WAN高速化機器」の基本的な仕組み…



WANを高速化したい時、最近はWANサービスも安くなってきたし、回線を増速すれば良い話、と思っていま…



現状の通信回線の帯域を変更なくWANを高速化できる「WAN高速化ツール」をアニメで解説!速度がでない…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

WAN高速化/ 「WAN高速化製品」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「WAN高速化/ 「WAN高速化製品」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006043


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ