【第1回】顧客が“欲しくなる”販促ツールとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/06/24

1人で実現!戦略的“売れる”販促ツール作成法

自己紹介
有限会社グレイズ 代表取締役 小澤 歩
主な経歴
(財)ブランド・マネージャー認定協会マスタートレーナー広告会社のグラフィックデザイナー・アートディレクターを経て、 有限会社グレイズを設立し、企業の広告販促・ブランディングツールを手がける。単にきれい…

【第1回】顧客が“欲しくなる”販促ツールとは?

 最近はパソコンの進化で、外部のデザインや広告販促といった専門業者に依頼せずに自社でチラシやパンフレット、Webサイトなどの販促ツールを作る方が多くなってきました。きれいなデザインでプロのデザイナー顔負けの販促ツールを作る方もいらっしゃいます。しかし、販促ツールというからには、あなたの企業や商品・サービスが売れるという正解に結びつかなければ意味がありません。
 実際に売れるためにはきれいなデザインであればよいというわけではなく、販促ツールを作る時に押さえなければいけないポイントがいくつかあります。逆にいうと、それらのポイントを押さえることで、プロのデザイナーや広告販促の専門家でなくても売れる販促ツールは作れるのです。今週から、プロでなくても自分1人でも作れる、“売れる販促ツール作成法”をご紹介していきます。

1

「広告」と「販促」の違いを明確に!

 販促ツールというと、まず「チラシ」を思い浮かべる人も多いかもしれません。チラシ広告ともいわれたりしますね。同じ媒体なのに広告とも販促とも言われるのですが、これらには違いがあります。
 広告はあなたの認知度を高めたり、よいイメージを持ってもらうことが目的です。販促は『販売促進』の略で、見込客に対して購買意欲を喚起させることが目的です。買いたい、欲しいという気にさせるということですね。つまり「売れる」ようにするということです。広告と販促の目的はそれぞれ異なりますし、そのためにやるべきことも異なります。今回は販促ツールに関してお伝えしますが、広告か販促か、どちらにせよ自分が今なにをするべきなのか?という目的をハッキリさせることが大切です。

2

売れる販促ツールの鉄則…「何を誰に?」、「どのように?」

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

販促/【第1回】顧客が“欲しくなる”販促ツールとは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販促」関連情報をランダムに表示しています。

販促」関連の製品

EC・通販統合ソリューション NeoSarf / DM 【NEC】 Adobe Illustrator CC 【ソフトバンク コマース&サービス】 マニュアル・デモ動画作成ツール iTutor (アイチューター) 【ソフトバンク コマース&サービス】
EC その他PCソフト関連 その他情報共有システム関連
EC・通販の業務に必要な機能をワンストップで提供。
市場ニーズの多様化、デバイスの多様化の時代に対応可能な、マルチチャネル・デバイスフリーのソリューション。
精密かつ高度な描画ツールとタイポグラフィツールを使用して、ベクトルアートやイラストレーションを作成。 誰でも簡単にマニュアルやデモ動画、eラーニング教材が作成できるツール。一度操作するだけで、操作説明文付きの画像を取り込み、PowerPoint感覚で編集作業ができる。

販促」関連の特集


スマホが携帯電話を置き換えたように、タブレットがノートPCの代わりとなる日は?企業でのタブレット導入…



製品やサービスを効果的に訴求する手段として注目されるFacebookやTwitterといったソーシャ…



錦織圭選手の試合データの分析結果は?福原愛選手の打球の軌跡は?業務部門がメインユーザーであるセルフサ…


このページの先頭へ

販促/ 【第1回】顧客が“欲しくなる”販促ツールとは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「販促/ 【第1回】顧客が“欲しくなる”販促ツールとは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006013




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ