【第18回】Facebook、クレームや誹謗中傷への対応策

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/06/10

今さら聞けない!イチから学ぶFacebookの使い方

自己紹介
株式会社アドフロンテ 徳本 昌大
主な経歴
ソーシャルおじさんのパーソナルブランディングで広告業界だけでなく、様々な分野で活動中。ソーシャルメディアを中心にしたコミュニケーションデザインやiPhone、iPad、Androidのビジネス活用法な…

【第18回】Facebook、クレームや誹謗中傷への対応策

 Facebookページの投稿で一番問題になるのが社員の投稿や対応ミスによる炎上です。ソーシャルメディア大国のアメリカでは、United Airやドミノピザでの炎上トラブルを教訓にし、ソーシャルメディアのパワーを認識し、ユーザを応援者にした成功した企業が数多くあります。日本でもアメリカをケーススタディに、ソーシャルメディアの運用をスタートしたので、大きなトラブルがメディアで取り上げられることはあまりありません。しかし、企業がFacebookページを運用していれば、ユーザによる誹謗中傷やクレームコメントなどが書かれるリスクは当然あります。そして、そのクレームの対応策を間違えると、Facebookページが炎上する可能性が高まるのです。
 今日はFacebookページへのクレームや誹謗中傷コメントへの対応策を整理し、炎上させないための運用についてご紹介します。

1

業務へのクレームには真摯な対応を!「削除」には十分な注意を…

 業務に関係する“クレーム”が書かれた場合は、ユーザ、お客様からの大切なアドバイスと考え、関係セクションと協議し、真摯な対応(=適切なコメントをなるべく早く返す)ようにしてください。その際、クレームを投稿した方とのコメントのやりとりが、他のファンから見られていることを忘れずに、冷静かつ大人の対応を心がける必要があります。クレームをしてくれたユーザに、しっかりした経過報告や感謝の言葉などのコメントををすると、不思議なことにその方が“Facebookページ”の熱烈なファンになり、応援者になってくることもあります。
また、周りのユーザもこのやりとりから、企業の対応を評価し、企業への信頼感をアップできる可能性が高まるのです。Facebookページに書かれた業務に関するクレームは「チャンスの素」だと考え、よりよい対応をすることを運用メンバー全員で認識することが大事だと思います。このような企業姿勢が多くのファンに認識、評価されるのもFacebookの良さですね。
 また、クレーム投稿が業務に関するクレームの場合には、他のファンに見られたくないからと言う理由で簡単に削除することだけは止めてください。もし、業務へのクレームを削除した場合、ファンの方々から隠蔽体質の企業と思われる可能性があります。できるだけ、クレームコメントは削除しないで、しっかりと社内で検討した上でFacebookでコメントを返すよう努力ください。
 コメントのやり取りが長引きそうな場合は、Facebookだけで解決しようとせずに、メールやリアルなど他の手段で解決する方法も考えてみてください。ファンから可視化できるFacebookでクレーム対応が長引くのは得策ではないですから、Facebook以外の手段でクレーム処理ができるよう、日頃から社長室やPRチームと準備しておくこともオススメします。

2

誹謗中傷には“禁止キーワード”を設定しよう!

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SNS/【第18回】Facebook、クレームや誹謗中傷への対応策」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SNS」関連情報をランダムに表示しています。

SNS」関連の製品

Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 LINEの兄弟会社が開発したビジネス版LINE「Works Mobile」 【ワークスモバイルジャパン】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office on cybozu.com」 【サイボウズ】
CRM グループウェア グループウェア
BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 仕事のやりとりで、「すぐに返事がもらえない」「うまく伝わらない」といったモヤモヤを感じたことはないだろうか? 「Works Mobile」がその解決策になるかもしれない。 45000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。

SNS」関連の特集


4G規格「LTE Advanced」の次に来る新規格「5G」の全容がいよいよ見えてきました。この5G…



 総務省の平成23年通信利用動向調査では、「携帯電話」の世帯保有台数が94.5%、「パソコン」が77…



売上に直接つながる機会は少ないものの、満足度維持・向上のために怠ることのできない問い合わせやクレーム…


SNS」関連のセミナー

ビジネスコミュニケーションツールの最新事情 【HDE】 締切間近 

開催日 12月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

メールに変わるコミュニケーションツールとして、チャット、メッセンジャー、社内SNSなどを検討する企業が増加しています。本セミナーでは、LINEスタンプが使える法…

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】 締切間近 

開催日 12月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

OpenAMによるシングルサインオンの概要 【主催:かもめエンジニアリング/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 12月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【本セミナーに参加していただくメリット】・オープンソースのシングルサインオン「OpenAM」について、その仕組みの概要や、何ができるのかについて、理解していただ…

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SNS/ 【第18回】Facebook、クレームや誹謗中傷への対応策」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SNS/ 【第18回】Facebook、クレームや誹謗中傷への対応策」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006004


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > WEB構築 > CGM > CGMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ