【第1回】多民族国家“マレーシア”の市況・国民性

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/05/20

マレーシアで成功するコミュニケーション

自己紹介
株式会社アジアクリック 代表取締役 高橋 学
主な経歴
中国・アジアSNSのビジネス活用専門家。WeiboやWeChatなどアジアソーシャルメディアの運営、コンサルティングを行う株式会社アジアクリック代表取締役。東京商工会議所国際展開アドバイザー、一般社団…

【第1回】多民族国家“マレーシア”の市況・国民性

シンガポールと違いあらゆる収入層が生活するマレーシア
シンガポールと違いあらゆる収入層が生活するマレーシア

 東南アジアの優等生と言われるマレーシアは多民族国家で先進国に最も近い国です。マレー人、華人、インド人の三大民族の間には大きな経済格差や文化の違いがあり、政治が安定しているように見えて、実は権力にまつわる問題も山積しています。先日5月の総選挙でも公正な選挙結果だったかどうかが今も議論が続いています。
  人口は約2900万人で、最大のクアラルンプール都市圏は800万人程。市場としては非常に日本ブランドの良さが浸透しており、かつ人口の約半数がFacebookなどソーシャルメディアを活用しており国民のほぼ全員が英語を日常的に話すので、国民の情報リテラシーは日本より高いほどで、東南アジアおよびムスリム世界への第一歩として3ヵ国中最も安定した選択と言えます。かつて、イオンもマレーシアを足がかりにインドネシアやベトナムに進出しました。伊勢丹・高島屋・紀伊国屋など日本の百貨店はマレーシア人にも馴染みが深いですね。今回からはそんなマレーシアの、国民性や文化をご紹介しながら、マレーシアで成功するコミュニケーションをご紹介して行きたいと思います。

1

マレーシア主要3三民族の特徴と性格

 マレーシアは多民族・多文化・多宗教・多言語社会で、マレー・中国・インド主要3民族が一緒の国で暮らしています。マレー民族が約70%と最も多く、続いて中華系が25%、インド系が5%ほどです。それぞれが民族の祝日を祝い、例えば年越しはマレー系でムスリム歴に従いHari Raya Aidilfitriが、中華系は陰暦に従い旧正月を、そしてインド系はヒンドゥー暦に従いThaipusamを祝います。さらに、出身地ごとにも一族のお祝いが分かれています。

以下が主要三民族の特徴です。

マレー人

「土地の子(ブミプトラ)」であるマレー系マレーシア人は、熱帯の国の民族らしく大らかで朗らか、あまり細かいことは気にしません。性格は概ね純粋で気持ちが落ち着いています。国体により政府機関の約95%はマレー人で、他にはサラリーマンや自分の会社を経営するなど様々です。法律上、マレー人全員がムスリムです。

華人

東洋の優等生とは華人のことを指します。商売に秀で、中華民族の伝統を大陸時代より守っており、一族内のつながりが非常に強いです。一般的な華人の性格としては、客には親切ですがビジネスなど利害関係が絡むことには非常に慎重で、リスクを常に考えています。しかし古代からの礼節を重んじており、日本人にはストレス少なく付き合いやすい民族と言えます。中国大陸の中国人とは別と考えてよいでしょう。

インド人

言語能力が高く、英語・マレー語はもちろん、中国語は広東語など方言を話せるインド人も少なくありません。働き者で頭の回転が早く、金銭感覚が鋭く、ほとんどの両替所はインド人が経営しています。性格は関西人のように明るくおしゃべり。ちなみに頭を横に振る動作はYESの意味です。

マレーシアには他にもSandakan, Iban, Kadazanをはじめ多数の民族がおり、民族文化のハーモニーが美しい国です。

2

各民族の思い、課題

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マーケティング/【第1回】多民族国家“マレーシア”の市況・国民性」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マーケティング」関連情報をランダムに表示しています。

マーケティング」関連の製品

全体最適を実現する顧客管理――利益増加とコスト削減に結び付く管理術 【日本マイクロソフト+他】 オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】
CRM ビッグデータ ワークフロー
全体最適を実現する顧客管理――利益増加とコスト削減に結び付く管理術 ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。

マーケティング」関連の特集


2013年度、199億円と見込まれる同市場。今後中小企業のネットワーク需要の喚起・獲得が重要になると…



パソコンを代替する形でiPadを選択する企業も増えている。日本企業に合うのはBYODなのか、それとも…



開発案件減少により厳しさが増す統合開発環境市場。今後はSaaS開発案件が市場牽引役になると期待される…


マーケティング」関連のセミナー

アジャイルとDevOpsを組織に適用する方法 【共催:アトラシアン/グロースエクスパートナーズ】 注目 

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

※2017.12.04 定員に達したため、お申し込みを締め切らせていただきました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーサービスや製品に対する要求の変化…

「自動車産業に関する富裕層調査レポート」発刊記念セミナー 【ランドスケイプ/ルート・アンド・パートナーズ】  

開催日 1月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「自動車産業に関する富裕層調査レポート」発刊記念セミナー富裕層は自動車に何を求めているのか?カーライフの未来を占う「自動車産業に関する富裕層調査レポート」発刊記…

【毎日開催】One to Oneセミナー(新商品企画・開発業務) 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】  

開催日 7月12日(火)〜12月31日(日),7月12日(火)〜12月31日(日),7月12日(火)〜12月31日(日)   開催地 東京都   参加費 無料

新商品の企画〜開発〜リリースまでの、他部門と複雑に関わりあう業務プロセスをintra-martで見える化・効率化。貴社自身の手で、貴社独自の業務のやり方にあわせ…

このページの先頭へ

マーケティング/ 【第1回】多民族国家“マレーシア”の市況・国民性」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マーケティング/ 【第1回】多民族国家“マレーシア”の市況・国民性」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005993




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ