Facebook、PCか携帯電話、どちらでログインする人が多かった?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2013/06/26

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

正直、読み方が分からないまま今までやり過ごしている単語はある?

 読み方がわからないまま過ごしてきた単語が「ある」と答えた人は86%、「ない」と答えた人は14%という結果に。大多数を占めた「ある」派は、漢字はもちろん、欧文単語の略語でもよくわからないために何となく放置していることが少なくないよう。「ない」派では、わからなかったらとりあえず調べる!という非常に前向きな人が多いようだ。電子辞書だって普及しているし、PCやケータイ・スマホがあればいつでもネットで調べる手段がある昨今だから、その姿勢はもっともなこと。しかし高年齢層では、同じ単語を何度も調べている…というやや笑えない状況に陥っている人も。実際のところ、読めなくて恥はかいても致命的に困るような状況はそうそう多くないが、それを自分で許せるか許せないか?というところが焦点になるだろう。

【「ある」派のコメント】

IT業界で仕事をしていますが、「押下」という言葉が自分の中で許せない言葉で、押下と記載があっても読み上げる際には「押した時には」と読みます(笑)。最初の頃は、読み方すら知りませんでした……。(20代・男性)

上司の下の名前の読み方がわからない。今さら聞けない。(30代・男性)

「読み方が分からない」というより、「こう読むだろう」と思って覚えていた単語が間違っていることが多いです。(30代・女性)

「備忘録」をなぜか「備志録」と読み間違え、20年くらいの間「びしろく」だと思い続けてました。(40代・男性)

読み方が何度も変わった「ASUS」などはどうしようもないし、IEEEを「あいとりぷるいー」と呼ぶのも恐らくは当初からじゃないだろうとは思う。VoIPも最近は「ぼいっぷ」と発音する人が増えたけど、当初は「ぶいおーあいぴー」が多かった。(40代・男性)

IT業界にいながら、最近まで脆弱を「だじゃく」と読んでいました。あいたたたっ。(40代・男性)

読めないものは飛ばすので、覚えていない。(40代・男性)

ISOxxxxxの規格について、正しくは「あいえすおー」なのは知っていましたが、略語で呼ぶとき、自分は「あいそ」、上司は「いそ」と読んでいた。どっちが正しいのか? と思って調べてみたら、両方ともOKのようでした!!(40代・女性)

発音することがない単語は読みを確認しないことがある。いつか困るな。(50代・男性)

実は正式な読み方が不明なのに、周りや業界内での読み方をしている単語はあります。お役所にもよくありますね。(50代・男性)

vSphereって「ぶいすふぃあ」って読むのかなと思いながら、自信がないのでいつも「ぶいえむうぇあ」と言ってます。ある日勇気を出して利用者でもある後輩に聞いたら、「実は僕も自信ないんです」って言われました。(50代・男性)

農作物を「のうさくもつ」と読んでましたが、ニュースなどで「のうさくぶつ」と言うので嫁さん共々訝っていると、ある日ネットで「のうさくぶつ」が正しいと知って、40年くらい間違って使っていたことが判明しました。悲しい……。(60代・男性)


【「ない」派のコメント】

小学生の頃、城下町を「しろげちょう」と読んで大恥をかいて以来トラウマです。読めない漢字は即ググらなきゃ!(20代・女性)

読めない漢字があるなんて日本人として恥ずかしすぎる!(30代・女性)

わからない単語はすぐに調べるようにしていますが、誤解したままの単語は調べ直すことがないのでたちが悪いです。「重複」とかね。(40代・男性)

わからないことはすぐ調べる方なので知らずにやりすごすことはないのですが、「固執」や「矜持」のように正しい読み方と慣用読みがある言葉は、自分がどちらを覚えているのかわからなくなることがあります。(40代・男性)

PCにもケータイにも辞書が付いてるので調べます。手書き入力で読めない難しい字までわかりますし。(50代・男性)

わからないと気持ちが悪いので、必ず辞書を引きます。でも、覚えているとは限らず、二度三度調べることも…。(50代・女性)

その場で調べるように、子供にも部下にも言っているので、本人がそれを実践しなければなりません。(50代・男性)

“もやもや”を抱えたまま通り過ぎるのがイヤな性分なのですぐに調べます。すぐにできないときはメモします。それに、疑問に思ったその時に調べておいた方が記憶に残ると思います。最近はネットやスマホのおかげで、すごく助かっています。(50代・男性)



Facebook、どちらでログインすることが多い?

 国内でのユーザ数が130万人を超える(2013年5月時点)というFacebook。そんなFacebookにログインするとき「PC」から、という人が70%、「携帯電話・スマホ」からという人は30%という結果になった。「PC」派は、Facebook画面の見やすさ、文字入力のしやすさをメリットに挙げる人が多かった。また「携帯電話・スマホ」派は、場所を問わずに閲覧・投稿できる点や、撮影した写真のアップロードがしやすいことをメリットに挙げる人が多かった。今のところ落ち着いて閲覧・文字入力できるPCのほうに軍配が上がる状況のようだ。なお今回、このアンケートでは、Facebookのアカウントを持っていないために「無回答」という人が少なくなかった。回答が空欄の場合には集計から除外させていただいたのでその点ご了承いただきたい。

【「PC」派のコメント】

会社の休み時間に見ることが多いので、PCから見ています。(20代・男性)

ガラケーだし、ケチなのでパケット使いたくないし…時代に取り残されっぱなしです。(20代・女性)

携帯、スマホは入力にも閲覧にも物足りない。(30代・男性)

家のPCでログインします。会社では、Facebookをやっている暇がありません。(40代・男性)

家でゆっくり見ることが多いので、PC派ですね。(40代・男性)

小さいスマホは未だに扱いづらい。(50代・男性)

文字入力するときは、やはりPCのキーボードの方がストレスを感じません。それに、セキュリティ面からもPCの方が安心です。(50代・男性)

携帯持ってないのでPCですが、特に不便を感じたことはありません。皆さんがよくやってる実況中継はできませんが……。(60代・男性)

やはりPC版の方が見やすいし、操作もしやすいですネ。(60代・男性)


【「携帯電話・スマホ」派のコメント】

スマホに変えてからは圧倒的にスマホです。(30代・男性)

FacebookだけでなくSNS自体、電車の中や寝る前など合間の時間にちょこちょこ見ることが多いのでスマホが圧倒的に多いです。(30代・女性)

スマホでたまに覗きますが、あんなリア充ツールは使いこなせない。(30代・男性)

スマホでのログインがほとんど。近況や写真コメントを書き込むのには不都合はないが、細かな設定(自身の情報の公開設定など)はPCからでないと設定しにくいのが難点。(40代・男性)

グループ内に投稿したつもりが、全公開してしまったりする。(40代・男性)

そもそも仕事で強制的にアカウントを取らされ、今でも喫煙休憩時のヒマ潰しという位置付けでしかないので、わざわざPCを開いて見るようなものではありません。(40代・男性)

いつでも確認できるのは、やはりPCよりスマホでしょう。(50代・男性)

タイムリーに更新できるので携帯からかな。(50代・男性)

業務ではないので、PCではありません。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2013年 5月30日〜 2013年 6月 5日にかけて実施した「最適」に関するアンケート(有効回答数:392)より抜粋して構成した。


最新特集

これもフェイク、ロンドンで最も行きたいレストランは一体どこ? 【金曜Black★ピット】 2017/12/15

大手口コミサイトがだまされた。「ロンドンで最も行きたいレストラン1位」はどのように生まれたのか?

0.5秒で「二階から目薬」も実現可能? 目薬専用ロボット 【金曜Black★ピット】 2017/12/08

いつまでたっても目薬を差すことが苦手だという人に朗報か。座っているだけで確実に目薬を差してくれるロボットが誕生した。

夢の全自動洗濯物折り畳みマシン、発売延期はアレのせい? 【金曜Black★ピット】 2017/12/01

取り込んだ洗濯物の山を前に「誰か畳んでくれないかなあ」を解消する国産マシンが、大ヒット商品のせいで……。

米と露の国防省がやらかした、笑えない話 【金曜Black★ピット】 2017/11/24

ロシアが「米国がISを支援する決定的証拠をつかんだ」といえば、米国は「SNSを見ているぞ」という。どちらもお粗末なワケと…

そこでボケて? 次世代の詐欺メール撃退法とは 【金曜Black★ピット】 2017/11/17

「おめでとう! あなたに大金を受け取る権利が当たりました。つきましては……」

やっぱりあった? AIスピーカーの落とし穴 【金曜Black★ピット】 2017/11/10

「スマホの次のデバイス」なんて、もてはやされているAIスピーカー。日本でも続々登場しているが、とほほな事件が発生した。




BI/Facebook、PCか携帯電話、どちらでログインする人が多かった?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

FUJITSU 流通業ソリューションProjectViz 【富士通】 GRANDIT 【GRANDIT】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
販売管理システム ERP BI
プロジェクト全体を一元管理し、損益を見える化することで、プロジェクトリーダだけでなく経営層によるタイムリーな問題解決や経営判断を支援するソリューション。 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

BI」関連の特集


ビッグデータの“その先”を見据えた「データ仮想化」とは一体…!?後編ではシステム運用面ビジネス面での…



 今回は、経営の見える化とIT活用のポイントについて紹介します。商品・顧客・エリアの3つの切り口から…



コンタクトセンタやヘルプデスクは顧客の生の声を直接聞くことができる重要な接点。より業務効率化が進み、…


BI」関連のセミナー

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 1月18日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

ビッグデータ時代の予測分析ワークショップ 【日立ソリューションズ東日本】 締切間近 

開催日 12月20日(水)   開催地 神奈川県   参加費 無料

機械学習による予兆保守から、作業日誌のテキストマイニングによる熟練技術者の技術伝承まで、データ分析の活用術をご紹介します。実際の分析ツールもご体験いただきます。…

“Excelでどこまでできるか”「StiLL」体験セミナー 【アイエルアイ総合研究所】  

開催日 1月17日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

Excelプラットフォームプログラム開発ツール『StiLL』のプログラム作成体験セミナーです。システム化ソリューション実現を “Excelでどこまでできるか” …

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005979



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ