社内のグループウェア、オンプレ・クラウドそれぞれ何%いた?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2013/06/12

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

薬のネット販売が開始されたら利用したい?

 政府は、一般用医薬品のインターネット販売を解禁する方針を固めたと、2013年6月4日に発表した。実際に薬がネットで販売開始されたら、利用「したい」と答えた人は68%、利用に「抵抗がある」と答えた人は32%という結果になった。「したい」派の多くは、会社勤めのため、平日になかなか薬局やドラッグストアを訪れる時間が取れないから、という理由が多い。また、薬の説明が詳しかったり、価格が安かったりというような、差別化が図られた特徴あるサービスが登場することを期待しているようだ。「抵抗がある」派は、薬剤師や店員と対話したうえで購入を決めたいと考えている。また、近所にドラッグストアがたくさんあるため、ネット通販を利用するまでもないという声もあるが、時間外はどうするのか? ともかく、今後の展開に注目しよう。

【「したい」派のコメント】

平日は薬局が開いている時間には帰れないことが多いので、土日に買い忘れると1週間後まで買う機会が無くなってしまうから、ネット通販できるならとても助かる。(20代・男性)

注文サイトで薬剤の説明があれば、薬に関する知識も正しく身につけられるかもしれませんね。(20代・男性)

普段処方してもらっている薬はネットで買いたいです。法律改正で医薬品も21時半までしか買えないので、平日は買いたくても買えないこともありそうなので。(30代・女性)

怖いですが、きちんと説明が記載されるのであれば大丈夫ではないでしょうか。逆に、その丁寧な説明が差別化を生むかもしれません。(30代・男性)

ちょっとした薬ならネットでも良いと思う。ただし、販売価格(ポイント還元含む)による。(40代・男性)

同じものなら値段が安いものを全国から選択できるし、買うなら多種を大人買いすると思うので、送料よりも選択肢が広がる方が魅力!(40代・男性)

きちんと効能等の注意点を分かりやすくかつ目立つように表示してくれていれば、店で頼りない薬剤師から薦められる薬より安心感があるように思える。(40代・男性)

競争効果で店頭価格よりかなり安価になると予想されるので歓迎したい。ただし種類による規制は強化するべきかも。(50代・男性)

風邪薬やサプリメントなど、ネット販売が安ければ利用したいです。(50代・男性)

インターネットで調べれば、副作用も含めて、店員より詳しいデータがわかるので、ネット販売に不安はありません。(50代・男性)

手軽なところが良いがどんな薬でもというのには抵抗がある。(60代・男性)


【「抵抗がある」派のコメント】

知識がないので怖いですが、高熱などで動けなくなってしまったら利用してしまうかも…。(20代・女性)

やはり、専門の人に相談して買いたい。(30代・男性)

美人薬剤師とお話したいじゃないですか。(30代・男性)

近くにドラッグストアがたくさんあるので不要です。最近コンビニよりも多くないですか?(40代・男性)

薬だけでなく、セキュリティの問題からネットを利用した購買は利用したことがない。(40代・男性)

対面が基本。ネットは、個人情報の漏洩が心配。(50代・男性)

処方箋が必要な薬は、対面で買いたいです。(50代・男性)



現在、社内のグループウェアはどちら?

 社内で利用しているグループウェアについて、「オンプレ」(オンプレミス)で利用していると答えた人は79%、「クラウド」で利用していると答えた人は21%という結果になった。今回の回答者では、クラウド利用が意外に少ないようだ。「オンプレ」派では、データを社外に置くクラウドタイプのグループウェアに抵抗を感じてる人がちらほら見られる一方で、もうそろそろクラウドに移行してもいいのでは? と考えている人も少なくないよう。特に管理者は、メンテや保守を苦痛に感じているようだが…。「クラウド」派は、管理者の負担が軽減される、スマホなどと連携して社外から利用しやすいなどそのメリットを挙げる一方で、結局使いこなせない、パフォーマンスが今ひとつといった声も。しかし日本企業においては、社のデータは社内に、という風潮はまだ続きそうだ。

【「オンプレ」派のコメント】

サーバの管理は面倒くさいが、好きにできて良い。(20代・女性)

クラウドはまだ少し不安というか拒絶感というか……。(20代・男性)

情シス部署が自分1人しかおらず、サーバメンテで残業や休日出勤が辛くなってきたのでできればクラウド移行したいです。(30代・男性)

何せ親会社が「無線LANなんて目に見えない物は危険だ!」なんて言っちゃうほど古い体制ですから……。(30代・女性)

クラウド移行予定だが、ハードウェアの管理が減る程度で、OSやパッチのアップデート、バックアップなどソフト面の運用が減ってない。むしろ、周りのメンバーはクラウド移行することで、スキル不足による不安が大きい。(30代・男性)

オンプレだろうとクラウドだろうと何かあったら「お前が何とかせえ」というのが上のスタンス。だったらオンプレの方が何かあればサーバ室に閉じこもればいいので。(40代・男性)

単純なグループウェア機能だけではなく、色々な簡易システムも乗ってるので容易に移行できません。(40代・男性)

近々クラウドになる予定。システム部門には、ユーザーに意識させない移行をお願いしたいです。(50代・男性)

保守期限まで使い続けます。(50代・男性)

自社開発の方が使い勝手が良いし、クラウド側に預ける費用よりも安く上がる。(60代・男性)


【「クラウド」のコメント】

クラウドならではのうまい使い道を考えていきたいです!(20代・女性)

最初は使いづらかったが、慣れれば問題ない。(30代・男性)

一部クラウドへ移行したが、完全移行ができなければ運用管理が楽にはならない。(40代・男性)

社外からのアクセス環境を整備したり、運用したりという事を考えれば、クラウドでしょ。(40代・男性)

従来データセンタ利用で実質アウトソースしていたので、プライベートクラウド化しても、ユーザは保存容量が増えたなぁくらいにしか感じなかったです。(50代・男性)

システム毎のパスワード管理がめんどくさい。社内なら1個なのに……。(50代・男性)

導入当初はパフォーマンスに難がありましたが、やっと安定してきました。(50代・男性)

全社的にクラウド型に移行しました。でも、偉い人ほど使いこなせていませんね。「電話をかけてくる前に相手のスケジュール表を確認しろよ!」と言いたい。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2013年 5月16日〜 2013年 5月22日にかけて実施した「最適」に関するアンケート(有効回答数:467)より抜粋して構成した。


最新特集

世界中で15万台のアレをハッキングした高校生の主張 【金曜Black★ピット】 2017/02/17

「目的は、全世界に対する警告だ」「音楽を聴きつつコーヒーを飲んでいた」「ほんの暇つぶしだ」。一体、何をしたんだ、キミは?

痴漢冤罪に徹底抗戦! 防止アプリってどんなもの? 【金曜Black★ピット】 2017/02/10

この人痴漢です! 身に覚えのない糾弾に切羽詰まらないためのスマホアプリが開発中?

日本製のぐにゃりと曲がる液晶が登場、何が変わる? 【金曜Black★ピット】 2017/02/03

画面が曲がったスマホって韓国メーカーに先を越されていなかった? 2018年に量産開始の日本製液晶による新たな“局面”とは…

火曜日の朝はご用心? ウイルスメール大量発生中 【金曜Black★ピット】 2017/01/27

「発注依頼書」に「御請求書」、毎週火曜日の朝に届くメールをうっかりクリックすると、銀行口座がカラになってしまうかも。

Excelの「底」をひたすら目指したYouTuber 一方、ロシアでは… 【金曜Black★ピット】 2017/01/20

広大な行と列の荒野に1本指で挑んだ男がいた。Excelの最果てを目指した男はヒーローになったが……。

あのポーズは厳禁! 自撮り写真から漏えいする個人情報とは? 【金曜Black★ピット】 2017/01/13

何げなくスマホで撮影した写真。その中に重大な個人情報漏えいにつながるポーズがある。しかも取り返しがつかないことも……。




BI/社内のグループウェア、オンプレ・クラウドそれぞれ何%いた?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 FutureStage 卸売業向け販売管理システム 【日立システムズ】 GRANDIT 【GRANDIT】
IT資産管理 販売管理システム ERP
情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 販売管理・購買管理・物流在庫管理がシームレスに連携した卸売業向け基幹業務統合ソリューション。日本独自の商習慣に対応し、国内外取引を一元管理できる。 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。

BI」関連の特集


ビッグデータという言葉に新奇な印象を持つ人はいないと言っていいだろう。しかし、その半面、多くの企業に…



情報システムの運用管理に十分な費用と労力をかけることができない中堅・中小企業にとって、クラウドは有効…



CRM第2弾は成否の鍵を握る分析機能「アナリティカルCRM&BI」を詳しく解説します。真の効果は蓄積…


BI」関連のセミナー

リテール業界の最新データ活用事例セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 2月22日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代の変化とともに、小売業を取り巻く環境も変化しており、まさに今、どのように情報活用を行っていくべきか課題意識をもたれている企業の方も多いのではないでしょうか。…

SFAとBIツールの戦略的活用秘話。プロセス重視のSFA活用術とは? 【ランドスケイプ/NECネクサソリューションズ】  

開催日 3月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

NECネクサソリューションズ社講演『10年間にわたりSFAとBIツールを活用し、営業利益を急伸させた企業の実話を聞けます。』『営業支援ツール/SFA。導入から活…

【大阪】ZeeM 会計 ご紹介セミナー 【クレオマーケティング】  

開催日 2月21日(火),3月21日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

【大阪】ZeeM 会計ご紹介セミナー お客様企業全体での業務の平準化と合理化を実現「ZeeM 会計」は、BIツールによる財務分析をはじめ、高度な管理会計業務を実…

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005978



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ