標的型攻撃メール対策“情報集約”の重要性

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    青木 眞夫
    Aoki Masao
    (独)情報処理推進機構
    情報セキュリティ技術ラボラトリー所属。コンピュータウイルス・不正アクセス・サイバー攻撃の調査研究、情報セキュリティ関連相談への対応及び情報セキュリティ対策全般の普及啓発活動に従事。
2013/03/26
標的型攻撃メール対策“情報集約”の重要性

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「標的型攻撃メール対策“情報集約”の重要性」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


標的型攻撃/標的型攻撃メール対策“情報集約”の重要性」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「標的型攻撃」関連情報をランダムに表示しています。

標的型攻撃」関連の製品

次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 WebARGUS (ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】 次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance 【エムオーテックス】
アンチウイルス IPS アンチウイルス
AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。 人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。

標的型攻撃」関連の特集


 ドアのカギを開けっ放しにして外出する人はほとんどいないはずだ。誰だって家の中の大事なモノを取られた…



中堅中小企業だって油断大敵!知らぬ間に親会社や取引先への攻撃に“踏み台”となり加担している事例が勃発…



2016年7月から12月にご寄稿いただいたKey Conductors記事を対象に「記事閲覧数」「読…


標的型攻撃」関連のセミナー

【大阪梅田開催】IPA発表―情報セキュリティ10大脅威2017― 【NHN テコラス/グローバルセキュリティエキスパート】  

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

1月末、IPA(情報処理推進機構)が毎年恒例の「情報セキュリティ10大脅威 2017」を発表しました。企業が認識すべき「組織」順位に関しては、「IoT機器の脆弱…

Intel Security社公認 McAfee SIEMハンズオントレーニング 【マクニカネットワークス】  

開催日 6月20日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃やサイバー攻撃の高度化により、外部からの侵入をセキュリティ機器で防御する「予防的対策」だけでなく、侵入された場合にいち早く検知、調査、対処を行う「発見…

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 4月19日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005943


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ