標的型攻撃メール対策“情報集約”の重要性

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    青木 眞夫
    Aoki Masao
    (独)情報処理推進機構
    情報セキュリティ技術ラボラトリー所属。コンピュータウイルス・不正アクセス・サイバー攻撃の調査研究、情報セキュリティ関連相談への対応及び情報セキュリティ対策全般の普及啓発活動に従事。
2013/03/26
標的型攻撃メール対策“情報集約”の重要性

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「標的型攻撃メール対策“情報集約”の重要性」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


標的型攻撃/標的型攻撃メール対策“情報集約”の重要性」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「標的型攻撃」関連情報をランダムに表示しています。

標的型攻撃」関連の製品

AWSにおけるセキュリティ対策の常識――システム移行時に検討すべき3つの要素 【トレンドマイクロ】 「未知の脅威」への次の一手。侵入を前提とした対策、EDR 【トレンドマイクロ】 DNSのセキュリティで確認すべき「5つの重要項目」 【アカマイ・テクノロジーズ】
検疫 メールセキュリティ 認証
AWSにおけるセキュリティ対策の常識――システム移行時に検討すべき3つの要素 「未知の脅威」への次の一手。侵入を前提とした対策、EDR DNSのセキュリティで確認すべき「5つの重要項目」

標的型攻撃」関連の特集


なりすましに乗っ取り、不適切投稿…。個人だけじゃない!SNSが起こす恐怖の事件例を紹介!SNS上での…



332人にUTM(統合脅威管理)の導入状況を調査。この1年で標的型攻撃への対策を重視する声が大幅増加…



 前回に引き続き、標的型攻撃対策製品の持つ技術手法について説明する。


標的型攻撃」関連のセミナー

ネットワークセキュリティ概説 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月25日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要: ネットワークセキュリティの基本概念について体系的に理解することのできる講座です。本講座では、 インターネットとセキュリティの概念を整理し技術的な要素の…

侵害事例から学ぶ“侵害調査サービス”の重要性 【ファイア・アイ/マクニカネットワークス】  

開催日 6月21日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

『43%』:事実、4割以上のセキュリティ侵害が社内のセキュリティ体制では気付けずにいる。『489日』:事実、標的型攻撃の侵害は検知が難しく、検知できても初期侵害…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 7月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005943


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ