最近の標的型攻撃メールの傾向と事例分析

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    青木 眞夫
    Aoki Masao
    (独)情報処理推進機構 
    情報セキュリティ技術ラボラトリー所属。コンピュータウイルス・不正アクセス・サイバー攻撃の調査研究、情報セキュリティ関連相談への対応および情報セキュリティ対策全般の普及啓発活動に従事。
2013/03/05
最近の標的型攻撃メールの傾向と事例分析

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「最近の標的型攻撃メールの傾向と事例分析」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


標的型攻撃/最近の標的型攻撃メールの傾向と事例分析」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「標的型攻撃」関連情報をランダムに表示しています。

標的型攻撃」関連の製品

ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
メールセキュリティ IPS アンチウイルス
標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 マルウェア対策製品「FireEye NX」と不正PC監視/強制排除製品「NX NetMonitor」の連携により、標的型サイバー攻撃の検知と感染した端末の排除を自動化するソリューション。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

標的型攻撃」関連の特集


 これから全4回にわたり、Webサイト運営企業と開発会社のセキュアコーディング教育に対する取り組み状…



対サイバー兵器として1億7850万円もの資金が投じられ作り上げられた防衛省のシステムとはどんなものか…



多くのスマートデバイスが業務利用される昨今、これまでの働き方と異なる「ワークスタイル変革」に取り組む…


標的型攻撃」関連のセミナー

CTIセキュリティセミナー2016 【中電シーティーアイ】 注目 

開催日 12月5日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

次の3つのセキュリティ現場の視点からお話します。 ◆サイバー攻撃観測のプロの視点 ◆インシデントレスポンスのプロの視点 ◆重要インフラ事業者の視点

半年前の情報はもう古い!ランサムウェア最新対策セミナー 【主催:ソフトバンク コマース&サービス/協賛:マカフィー】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

猛威を振るい続けるランサムウェア。近年よく聞かれるようになりましたが、かなり古くから存在する攻撃手法の1つです。常に進化・変貌を重ねており、個人から大手企業まで…

DataCenter Networking Conference 2016 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

SDN/NFVなどデータセンターユーザーのニーズに応える最先端テクノロジーとソリューションを解説■キーノート■     ※敬称略●データセンターをとりまくネット…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005940


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ