この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

広域イーサネット

2013/03/05


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、広域イーサネットのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2012年度の広域イーサネット市場規模は、スタンダード型とエントリー型の合計で2682億5000万円と見込まれる。
 当該市場は、スタンダード型が専用線などレガシー系からのリプレイスや、クラウドやスマートデバイスをきっかけとした中規模企業の新規需要の獲得が続く一方で、エントリー型が既存スタンダード型ユーザのバックアップや支線系需要等を獲得しており、成長傾向が続いている。
 スタンダード型とエントリー型合計の2012年度の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位のベンダは27.8%となる見通しで、多彩なアクセスメニューやオプションサービスをラインアップしたことで新規ユーザも含めた需要を獲得している。2位のベンダは20.4%となる見通しである。同社は、導入実績やクラウド利用時の利便性・信頼性が評価されている。3位のベンダは14.4%で、2011年度上半期に東日本大震災の影響を大きく受けたものの、2012年度は好調に推移する見通しである。
 レガシー系の残数が減少していることから、今後の市場拡大にはクラウド利用など、業務システム変更をトリガーとしたWANの見直しや新設需要の獲得が必要になると考えられる。特に、大規模に比べWAN敷設率が低い中規模企業の新規ユーザ獲得が重要になると見られる。

広域イーサネットシェア

広域イーサネットシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

イーサネット/「広域イーサネット」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「イーサネット」関連情報をランダムに表示しています。

イーサネット」関連の製品

セキュリティスイッチ 「TiFRONTクラウド管理型モデル」 【パイオリンク】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 J-ALERT対応一体型受信機 「JARS-2000」 【センチュリー・システムズ】
ネットワークスイッチ CMS その他通信サービス関連
通常通信はそのまま、攻撃性のある不正なトラフィックのみを素早く検知する内部対策向きのクラウド管理型L2スイッチ。既存対策製品と合わせて多層防御を構築する。 コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 全国瞬時警報システム(Jアラート)に対応する衛星受信モデム/解析処理/アプリケーション一体型の受信装置。2016年度に消防庁が公表した要件を満たしている。

イーサネット」関連の特集


コスト削減が求められる中、万一のトラブルに備えたネットワークを構築するには?コストを下げつつ信頼性を…



基本機能、導入検討の際の盲点など、イチからきっちり解説します。サーバ統合時には欠かせないツールとなり…



中堅・中小企業向けルータを取り巻く事情として挙げられる「二極化」ほか、4つのトレンドをご紹介!そのメ…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

イーサネット/ 「広域イーサネット」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「イーサネット/ 「広域イーサネット」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005933


IT・IT製品TOP > 通信サービス > 広域イーサネット > 広域イーサネットの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ