営業戦略を立案するために、現状を分析したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

営業戦略を立案するために、現状を分析したい

2013/06/06


 毎日の業務を通じて得ていた感覚が現実とずれていることは、決して珍しくない。例えば、「我が社で一番売れている商品は〜だ」「顧客のニーズは〜に違いない」と考えていたことが、実際の営業データを丹念に調べてみると、実はただの思い込みに過ぎないということもあるのだ。正しい営業戦略を打ち立てるため、現状をきちんと把握し、分析する方法を模索してみよう。

※「SFA/営業戦略を立案するために、現状を分析したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SFA/営業戦略を立案するために、現状を分析したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

営業支援ツール(SFA)を使って現状を分析する




 営業支援ツール(SFA)とは、営業担当者ごとの活動状況を報告させ、集計・分析する道具。顧客や案件ごとに、訪問件数・商談の進捗状況・課題・売上額などを一元管理できる。これを使えば、個人、部門などの目標達成度、活動状況などが一目で分かる。
 もし、売り上げを伸ばしている部門・サービスが見つかれば、その部分に経営リソースを手厚く投入することで売り上げアップが期待できる。逆に、売り上げが縮小している部門があるなら、その原因を突き止める必要があるだろう。仮に営業手法やサービスに問題があるなら、早い段階で修正が必要。また、市場自体がシュリンクしているのであれば、新世代商品の開発を急いだり、思い切って撤退するという判断もしたりすることもあり得る。
 ただし、営業担当者の中には「忙しい中、どうして面倒な報告作業をしなくてはならないのだ」と、FAの導入に反発を感じる人もいる。それによって営業部門のモチベーションが下がったり、日報入力の負担が重すぎて顧客訪問の回数が減ったりしては逆効果だ。そのため、営業担当者に対して「SFAを活用することが全社的なメリットにつながる」という意識を植え付けながら、できるだけ手間なく報告できる仕組みを取り入れることが大事だ。

SFAを使い現在の営業状況を把握できる
SFAを使い現在の営業状況を把握できる
提供:株式会社ネオジャパン

+拡大

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/営業戦略を立案するために、現状を分析したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 【日本マイクロソフト】 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 【日本マイクロソフト】 セキュリティと利便性を両立する、「デジタルワークスペース」とは 【ヴイエムウェア株式会社】
CRM CRM MDM
CRMやERPを1つのシステムで実現――クラウド型統合パッケージ 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは セキュリティと利便性を両立する、「デジタルワークスペース」とは

SFA」関連の特集


 タブレット端末を活用したモバイルクラウドの活用は、特に営業において効果を発揮します。今回は、タブレ…



業界でもIT化への取り組みが早かった東亜電気工業。複数のDBが乱立し情報が分散、情報管理上の煩雑さが…



企業では新卒・中途など人材を採用する機会がありますが、そのための採用計画は立てられていますか?採用計…


SFA」関連のセミナー

BtoBセミナー。BtoBの営業力強化を3つの視点で見直す 【ウィット/富士ゼロックス総合教育研究所/ランドスケイプ】 締切間近 

開催日 7月3日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

会場来場者限定特典 当日、会場来場の方でご希望者に下記書籍「BtoBウェブマーケティングの新しい教科書」を進呈します。ご希望の方はお申込みフォームへ、その旨を記…

「戦える営業チーム」を作るためのセールスフォース活用セミナー 【アーティスティックス】 締切間近 

開催日 6月28日(水)   開催地 静岡県   参加費 無料

■「戦える営業チーム」を作るためのセールスフォース活用セミナー━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━営業改革を実現する第一歩を踏み出すための、営業支…

オープンソースCRM入門 【主催:シンキングリード/東京計器インフォーメーションシステム 協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 6月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象者】・従業員数十名〜数百名程度の、中堅ユーザ企業。・CRMの導入やリプレースを検討している。・オープンソースのCRMに興味があるが、Salesforceや…

このページの先頭へ

SFA/ 営業戦略を立案するために、現状を分析したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ 営業戦略を立案するために、現状を分析したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005911


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ