機会損失を防ぐため顧客対応を迅速に行いたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

機会損失を防ぐため、顧客のお問い合わせに即対応したい

2013/04/11


 せっかく電話したのに「担当者が外出中で対応できません」との答え。メールで質問してみたら「回答までに最大2日程度お時間を頂戴します」との返信。これではもうその会社の商品を買う気持ちが失せてしまう。それはわかっていても中堅・中小規模の会社では顧客対応できるメンバーが限られ、常時顧客対応をしていくのは難しい。しかし実はそこに差別化のチャンスがある。顧客管理をしっかり行い、対応手順を整理し、システム化できるところは自動化すれば、少ないメンバーでも顧客満足度を上げて購買のリピート率を高めることができる。そんなことを実現できるITツールとは?

※「CRM/機会損失を防ぐため顧客対応を迅速に行いたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「CRM/機会損失を防ぐため顧客対応を迅速に行いたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

電話やファックス、メールによる問合せやクレームに効率的・効果的に対応しよう

 不特定多数を相手にするビジネスでは、電話やファックス、メールでの質問やクレームにいかに適切に対応できるかが1つの勝負どころだ。特にコモディティ化した商品では価格以外には顧客サポートを含む対応の良し悪しがブランド競争力の決め手になる。
 そこで課題になるのが顧客からの問合せやクレームを受け付ける窓口の効率だ。多数の問合せに効率よく、しかも顧客ごとに的を射た対応を行うためには、CTI(Computer Telephony Integration)とCRM(Customer Relationship Management)システムが役に立つ。
 CTIはコンタクトセンタ(コールセンタとも言う)で利用されているシステムで、窓口担当(オペレータ)がPCを操作しながらかかってくる顧客からの電話に対応できるようにするものだ。PC上では顧客管理システムないしCRMシステムが稼働していて、顧客の電話番号、氏名、購入商品のユーザ登録番号などと紐付いた個人情報と購買情報、過去の問合せ履歴、対応履歴などが画面ポップアップや一覧表などでわかりやすく表示できる。オペレータはそれら情報を見ながら電話に対応できるので、顧客に即した受け答えが可能になり、未解決の問合せがある場合はその経緯を把握したうえで回答できる。適切な対応で相手をいらいらさせずに迅速な解決が図れる。またその場で解決できなくても社内の専門部門に取り次いで適切な対応が図れるようになる。
 また音声応答(IVR:Interactive Voice Response)機能を備えるツールが多く、「◯◯については1ボタンを押してください」などという自動音声でボタン操作をガイドし、問合せ内容に応じて専門オペレータにつなぐなどして対応効率を高めることもできる。
 CTIツールにはたいていCRM機能が標準またはオプションで備わっているが、より詳細な顧客情報管理のためには別途導入したCRMシステムを連携させることも多い。ファックスやメールによる問合せや対応も、CTIに組み合わせて統合的に管理できるシステムが「コンタクトセンタソリューション」として提供されている。図1に見るような形で社内の電話のIP化(IP-PBX導入)とともにコンタクトセンタを立ち上げるとコスト効果のよい導入ができそうだ。

CTIツールの構成イメージ
CTIツールの構成イメージ
提供:沖電気工業株式会社

 なお、多少機能は限られるがCTIとCRM機能をインターネット経由でサービスとして提供するSaaSや、コンタクトセンタ業務を請け負うアウトソーシング業者もある。問合せ件数がそれほどでもない場合でもコスト効果のよい導入が図れるようになっている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

CRM/機会損失を防ぐため顧客対応を迅速に行いたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

CRM」関連の製品

Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 中堅・中小企業向けERP SAP Business One 【SAPジャパン】
グループウェア CRM ERP
グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 会計管理から、顧客管理、購買管理、サービス、生産管理、プロジェクト管理まで、主要な業務プロセスの合理化・効率化を低価格かつ簡単な操作で実現できるクラウド型ERP。

CRM」関連の特集


コンタクトセンタやヘルプデスクは顧客の生の声を直接聞くことができる重要な接点。より業務効率化が進み、…



IP基盤にデータを統合するユニファイドコミュニケーションにも落とし穴が‥。今回は、導入・活用の注意ポ…



サイトの更新作業を省力化し、PDCAサイクルを効果的に行うツールとしても注目されるWebCMS!その…


CRM」関連のセミナー

リテール業界の最新データ活用事例セミナー 【ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 2月22日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代の変化とともに、小売業を取り巻く環境も変化しており、まさに今、どのように情報活用を行っていくべきか課題意識をもたれている企業の方も多いのではないでしょうか。…

【毎日開催】One to Oneセミナー(salesforce連携) 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】  

開催日 7月12日(火)〜12月31日(日),7月12日(火)〜12月31日(日),7月12日(火)〜12月31日(日)   開催地 東京都   参加費 無料

ワークフロー市場で8年連続国内No1(※)のintra-martとsalesforceが連携!案件化〜受注までの管理をsalesforce、受注後の複雑な業務プ…

CRM Insight分析体験セミナー 【NTTデータ数理システム】 締切間近 

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

CRM Insightは、ブラウザ上で動作する手軽なCRM分析システムです。POSデータや会員データをサーバー上においておけば、クライアント側ではブラウザを起動…

このページの先頭へ

CRM/ 機会損失を防ぐため顧客対応を迅速に行いたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CRM/ 機会損失を防ぐため顧客対応を迅速に行いたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005904


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ