年間40万円の投資で"月500時間"のムダを撲滅

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

年間約40万円の投資で“月500時間”のムダ作業を削減!

2013/05/20


 不要な広告などを送りつけてくる「スパムメール」は、企業にとって、実に迷惑な存在だ。大量のスパムメールを削除するのは、まさに時間の無駄。また、スパムメールとともに、大切なメールを削除することも珍しくない。さらに、スパム対策を怠るうちに、自社が「ブラックリスト」に登録されてしまうケースだってある。
 そこでクローズアップされるのが、スパムメールを遮断するサービスの存在だ。導入することで、迷惑なスパムメールを激減させることが可能。そして、自社の信頼性も守ることができるのだ。

※「スパムメール/年間40万円の投資で"月500時間"のムダを撲滅」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スパムメール/年間40万円の投資で"月500時間"のムダを撲滅」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

オー・エイ・エス株式会社
従業員数/252人
売上高/23億4100万円(2012年2月期)
事業内容/各種ソフトウェアの開発
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

スパム遮断ソリューション Terrace Spam Watcher
ダウジャパン株式会社
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

スパムメールを削除する作業負担が増大。「User Unknownメール」を大量返信して、「ブラックリスト」に掲載されるケースもあった。

スパムメールを大幅削減できる「Terrace Spam Watcher」アプライアンスを導入。

スパムメールをほぼ絶滅することに成功。「ブラックリスト」に掲載されることもなくなり、企業の信頼も保たれた。


1

スパム業者から送られた大量の迷惑メールが業務の妨げに!

■スパムメールの削減が10年前から大きな課題だった

 オー・エイ・エス株式会社は、1974年に設立された老舗のソフトウェア開発企業。Webシステムや流通業などを対象にしたシステムなどの開発、コールセンター向けパッケージ製品の開発・販売をはじめ、通信販売業向け通販ソリューションなど幅広いソリューションを提供している。
 同社がスパムメール対策を検討しはじめたのは、10年ほど前のこと。当時から、スパムメールの多さは悩みの種だった。さらに深刻な問題だったのが、「User Unknownメール」を大量送信してしまうことだった。
 図1は、スパムメールを大量送信する業者(以下スパム業者)の手口を分かりやすくまとめたもの。

図1 スパム業者の手口
図1 スパム業者の手口

 スパム業者は、機械的に作成したメールアドレス宛にメールを送信する。もし、そのユーザ名が実在していない場合、サーバは自動的に「User Unknownメール」(そのユーザが存在していないことを通知するメール)を返信する。一方、ユーザが実在している場合は「User Unknownメール」が戻らない。そこでスパム業者は、「User Unknownメール」が届かないケースのみ、そのユーザが実在していると見なし、引き続き広告メールなどを送り続けるのだ。
 業者がこうした手法をとっているため、スパム業者に狙われた企業は、大量の「User Unknownメール」を送信することになる。当時のオー・エイ・エスでは、1日に2万5000通もの「User Unknownメール」を送信していたそうだ。

図2 オー・エイ・エスが1日に受信していたメール
図2 オー・エイ・エスが1日に受信していたメール
資料提供:オー・エイ・エス株式会社

 大量の「User Unknownメール」を送信する企業は、スパム対策ソフトの開発企業や業界団体から見ると、「スパム業者の片棒を担いでいる」ように見られるのだそうだ。そのため、意図しないまま、自社がスパムメールの「ブラックリスト」に掲載されたこともあった。

担当者のナマ声:スパムメールによって重要なメールが届かなかったケースも

 「当社が受け取る正常メールの数は、1日に約4000通ほどです。これに対し、『Terrace Spam Watcher』の導入前は、1日に5000通以上のスパムメールが届いていました。当時は、毎日5分から10分ほどかけてメールソフトの受信ボックスからスパムメールを削除するのが日課でしたね。実に、無駄な作業だったと思います。また、スパムメールと一緒に、重要なメールを削除してしまう危険性もありました。
  スパムメールの『ブラックリスト』に掲載されることも、大きなリスクでした。これに載ってしまうと、他社宛に送ったメールがスパムメールと判定され、自動的に削除されてしまうのです。すると、相手との連絡がうまくいかなくなり、仕事に大きな影響を及ぼしてしまうのです。
 2003〜4年頃から、さまざまな対策を試してきました。しかし、なかなか満足の行くものは見つかりませんでしたね」
(オー・エイ・エス株式会社 カスタマサポート部 保守・運用グループ課長 木口純氏)

スパム対策の推進役を果たした木口氏
スパム対策の推進役を果たした木口氏
「当社がブラックリストに掲載されていた場合、すぐに企業や団体に削除の依頼をしていました。ブラックリストのチェックや削除依頼には、かなりの手間がかかりましたね。また、ブラックリストに載ることで、企業イメージにも傷が付く恐れがありました」(木口氏)

このページの先頭へ

2

ランニングコストの差が、製品選定の決め手になった!

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

スパムメール/年間40万円の投資で"月500時間"のムダを撲滅」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スパムメール」関連情報をランダムに表示しています。

スパムメール」関連の製品

あらゆる操作が可能な特権IDを外部/内部の脅威から守るには 【CA Technologies】 CPI マネージド専用サーバー 【KDDI ウェブコミュニケーションズ】 アンチスパム+メールサーバの トータルソリューション MailSuite 【クオリティア】
ID管理 ハウジング 電子メール
全ての操作が可能な特権ID。攻撃者に悪用される事態を防ぐため、適切な制御とモニタリングが不可欠だ。それも仮想化基盤やクラウドを含めた形でなくてはならない。 サーバー機能をパッケージ化したサービス。運用・管理の全てをKDDIウェブコミュニケーションズに一任できる。回線帯域は最大1Gbpsとなり、高負荷環境にも余裕で対応。 メールサーバーソリューションとスパム遮断ソリューションを統合したトータルメールソフトウェア。マルチスレッド方式を採用した独自開発の高性能メールエンジンを搭載。

スパムメール」関連の特集


 これまで本連載において、第1回目では、不正プログラムの増加とスピードの変化、第2回目ではパターンマ…



まさかのトラブル時に地方拠点に出向いていてはお金も時間もかかってしまう…そんな悩みを解決する3つの処…



 警察庁によると、2009年の振り込め詐欺の被害額は年間100億円にのぼるペースだという。2007年…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スパムメール/ 年間40万円の投資で"月500時間"のムダを撲滅」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スパムメール/ 年間40万円の投資で"月500時間"のムダを撲滅」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005899


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ