指で署名!テンプレート公開型生体認証基盤

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

指で署名!テンプレート公開型生体認証基盤

2013/05/08


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「テンプレート公開型生体認証基盤(Public Biometrics Infrastructure/PBI)」。ICカードなどを持ち歩く必要がなく、自分の指紋や静脈をはじめとした生体情報で税金申告やオンラインバンキング、システムログインなどに安心して利用できる時代がもうすぐそこに来ています。

PKI

※「PKI/指で署名!テンプレート公開型生体認証基盤」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「PKI/指で署名!テンプレート公開型生体認証基盤」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

テンプレート公開型生体認証基盤(PBI)とは?

 生体情報を「秘密鍵」として使えるPKI(Public Key Infrastructure/公開鍵暗号基盤)。PKIは「秘密鍵」と「公開鍵」のペアを利用する暗号化通信のインフラのことで、現在のところ成りすましによるシステムやサービスの不正利用やデータの改竄、盗聴を最も効果的に防止する仕組みとして広く普及している。このPKIに生体認証技術を組み合わせたセキュリティインフラのことを、ここでは「テンプレート公開型生体認証基盤(PBI)」と呼ぶ。

1-1

従来からのPKIの課題は?

 PKIは弱点が少ないセキュリティ技術ではあるが、“秘密鍵が絶対に外部に漏洩しないこと”が安全性の前提になっている。そのため、秘密鍵の保管には外に取り出せないように特別な設計を施したセキュアデバイスが必要になる。セキュアデバイスにはPC内のセキュリティチップなどがよく使われるが、端末ではなくユーザ個人の認証のために利用されているのはICカードだ。しかし、ICカードは紛失・盗難の可能性があるため、カードを利用しているのが本人であることを証明するためにもパスワードを併用する必要がある。
 この方法には次のような3つの問題がある。

管理者(組織)側の運用コストがかかる

 ICカードなどを作成(購入)して配布するコストに加え、更新、回収、廃棄などライフサイクル全体に管理コストが発生するため、ユーザ数が増えるに従ってコストが上昇していく。

ユーザに負担がかかる

 ICカードなどを持ち歩く必要があり、カードリーダが備わった端末でなければ利用できない。またパスワードを記憶する必要がある。

認証の確実性に問題がある

 万一カードとパスワードの両方が他人に渡ってしまえば、成りすましやデジタル署名の偽造、盗聴が行われてしまうなど、リスクを回避することができない。

 こうした問題を解消するために、ICカードなどの媒体に秘密鍵を保管するのではなく、指紋や指静脈などの生体情報そのものを秘密鍵にしてしまおうというのがPBIの発想だ。絶対に紛失することがなく、他人に不正利用されることもなく、しかもいつでもどこでも利用でき、外部媒体やパスワードの記憶などの必要もない究極の利便性を実現し、同時に運用コストも抑えることができるセキュリティ技術としてPBIは期待されている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2  
●A賞:抽選で1名様
 アイロボット ロボット掃除機 ルンバ875A 
●C賞:抽選で1名様
 ケルヒャー高圧洗浄機 K 2 クラシック プラス 
●D賞:抽選で1名様
 選べる宿泊ギフト(とっておきの宿)30500円コースで選べる魅力的な温泉宿 
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ
関連キーワード

PKI/指で署名!テンプレート公開型生体認証基盤」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PKI」関連情報をランダムに表示しています。

PKI」関連の製品

4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 【アドビ システムズ】 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 【アドビ システムズ】 Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】
PKI PKI 暗号化
4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。

PKI」関連の特集


社員証がないと、会社に入ることすら出来ない。そんな現実社会と連動するかの様に、ネットワークの世界でも…



ネットショッピングや重要書類のやりとりに不可欠の電子証明書。パケットをみながら電子証明書とSSLの仕…



 前回は、生体認証の仕組みなどの概要について紹介した。今回は、生体認証を実際に導入・運用する際に気を…


PKI」関連のセミナー

「テレワーク運用の実際」成功させるカギはセキュリティ 【主催:ソリトンシステムズ/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 10月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【働き方改革を進める中で、求められるテレワーク】働き方改革を進める中で、テレワークは必須の要件です。しかし、業務情報の漏洩リスクへの対策なくして、テレワークの導…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

PKI/ 指で署名!テンプレート公開型生体認証基盤」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PKI/ 指で署名!テンプレート公開型生体認証基盤」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005847


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ