偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?

2013/04/03


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「人工DNAで偽造防止するインキ」。かつてのどんなインキよりもセキュリティの高い印刷物が実現します!

人工DNAインキ

※「人工DNAインキ/偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「人工DNAインキ/偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

人工DNAで偽造防止するインキとは?

 大日本印刷とタグシクス・バイオがこの2月に開発を発表した、人工DNAを利用した新しい偽造防止効果の高い印刷用インキのこと。このインキを用いて印刷した印刷物は、第三者による偽造がほとんど不可能だ。有価証券をはじめ高セキュリティが求められる印刷物への適用が期待されている。

1-1

印刷物の偽造防止技術とは

 紙幣や有価証券、契約書その他の重要文書は偽造されると大問題。そこでさまざまな偽造防止技術が開発され、適用されてきた。おなじみなのは紙幣に入った「透かし」だ。紙幣の場合は紙を漉く過程で特殊な技術で漉き込まれているのだが、巧妙に印刷すると一見判別しにくい透かしを入れることができる。これだけではセキュリティが保てないので、更に高度な偽造防止効果を狙ってさまざまな工夫が重ねられてきた。
 その工夫は、特殊な技術や設備がなければ実現できない要素を複数つけ加えていくことだ。1つひとつの要素は模倣・複製が可能だとしても、複数の要素を組み合わせることで偽造の難易度(=コスト)を際限なく上げていく方法がとられている。
 例えば1万円札なら表面の赤い印章の下あたりに「10000」の文字が浮かび上がる。これは「潜像」と呼ばれる印刷技術だ。また同様に傾けた状態で両はじの余白部に半透明なピンクの模様も見られる。これは「パールインキ」と言う特殊なインキによる印刷だ。更に超細密な地紋や彩紋、マイクロ文字、紫外線を当てると発光する「特殊発光インキ」、角度により色が変化する「光学的変化インキ」、画像の色や模様が角度によって変わる「ホログラム」などの技術が1枚の紙幣に利用されている。
 こうした技術は何も紙幣だけでなく、各種の商標保護(Brand Protection/BP)用途、ギフト券などの証券類、パスポートなど個人認証用途の印刷物に利用されており、その全体像は図1に見るとおりだ。今回の人工DNAを使った偽造防止用インキは、これまでのどんな技術よりもセキュリティレベルが高い領域を目指したものであり、材料技術の面で最先端を行くものと言える。

図1 印刷関連技術のセキュリティレベル
図1 印刷関連技術のセキュリティレベル
資料提供:大日本印刷

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 RAYCOP RX 
●A賞:抽選で1名様
 Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK 
●C賞:抽選で1名様
 パナソニック 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 
●D賞:抽選で1名様
 Dell ノートPC Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 
●E賞:抽選で1名様
 サンワダイレクト ごろ寝マウス 指輪マウス トラックボール 

このページの先頭へ
関連キーワード

人工DNAインキ/偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人工DNAインキ」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連
デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 情報処理推進機構(IPA)では情報セキュリティ対策の普及・啓発活動を実施しており、その一環として様…



 今日、多くの企業がモバイル端末の活用を進めています。例えば、今や企業向けストレージサービスの代表格…



 前回は、採集した「マルウェア対策」の2つの対策間の関係をつないだものを1つにまとめていくと、“なん…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連のセミナー

実現性の高い「働き方改革」「インターネット分離」の進め方 【ソリトンシステムズ】  

開催日 4月27日(木),5月17日(水),6月1日(木),6月14日(水),6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

攻撃手法が日々進化し激増するマルウェアや、内部不正による情報漏えい事故が後を絶たない中、先進企業におけるセキュリティへの取り組み動向や最新事例を紹介すべく、注目…

情報セキュリティファンデーション試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 5月18日(木),7月20日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 5万3136円(税込)

本研修は、ITプロフェッショナル(もしくは同等の知識をお持ちの方)向けに、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格ISO/IEC 270…

東京・大阪・名古屋3都市開催 サイバーレジリエンスセミナー 【マカフィー】 締切間近 

開催日 6月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日本国内においても、学術分野にて『サイバーレジリエンス構成学研究室』が発足されるなど、サイバーレジリエンスに対する興味の高まり、考え方を取り入れた対策の必要性が…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

人工DNAインキ/ 偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「人工DNAインキ/ 偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005845


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ