偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?

2013/04/03


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「人工DNAで偽造防止するインキ」。かつてのどんなインキよりもセキュリティの高い印刷物が実現します!

人工DNAインキ

※「人工DNAインキ/偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「人工DNAインキ/偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

人工DNAで偽造防止するインキとは?

 大日本印刷とタグシクス・バイオがこの2月に開発を発表した、人工DNAを利用した新しい偽造防止効果の高い印刷用インキのこと。このインキを用いて印刷した印刷物は、第三者による偽造がほとんど不可能だ。有価証券をはじめ高セキュリティが求められる印刷物への適用が期待されている。

1-1

印刷物の偽造防止技術とは

 紙幣や有価証券、契約書その他の重要文書は偽造されると大問題。そこでさまざまな偽造防止技術が開発され、適用されてきた。おなじみなのは紙幣に入った「透かし」だ。紙幣の場合は紙を漉く過程で特殊な技術で漉き込まれているのだが、巧妙に印刷すると一見判別しにくい透かしを入れることができる。これだけではセキュリティが保てないので、更に高度な偽造防止効果を狙ってさまざまな工夫が重ねられてきた。
 その工夫は、特殊な技術や設備がなければ実現できない要素を複数つけ加えていくことだ。1つひとつの要素は模倣・複製が可能だとしても、複数の要素を組み合わせることで偽造の難易度(=コスト)を際限なく上げていく方法がとられている。
 例えば1万円札なら表面の赤い印章の下あたりに「10000」の文字が浮かび上がる。これは「潜像」と呼ばれる印刷技術だ。また同様に傾けた状態で両はじの余白部に半透明なピンクの模様も見られる。これは「パールインキ」と言う特殊なインキによる印刷だ。更に超細密な地紋や彩紋、マイクロ文字、紫外線を当てると発光する「特殊発光インキ」、角度により色が変化する「光学的変化インキ」、画像の色や模様が角度によって変わる「ホログラム」などの技術が1枚の紙幣に利用されている。
 こうした技術は何も紙幣だけでなく、各種の商標保護(Brand Protection/BP)用途、ギフト券などの証券類、パスポートなど個人認証用途の印刷物に利用されており、その全体像は図1に見るとおりだ。今回の人工DNAを使った偽造防止用インキは、これまでのどんな技術よりもセキュリティレベルが高い領域を目指したものであり、材料技術の面で最先端を行くものと言える。

図1 印刷関連技術のセキュリティレベル
図1 印刷関連技術のセキュリティレベル
資料提供:大日本印刷

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で2名様
 ASUS タブレット「ZenPad 10 Z301M-WH16」  
●A賞:抽選で1名様
 ダイソン 空気清浄機能付ヒーター 「HP 00 WS」 
●C賞:抽選で1名様
 Google Home 
●D賞:抽選で1名様
 酒グラスコレクション 冷酒セット(金箔)  
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ
関連キーワード

人工DNAインキ/偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人工DNAインキ」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

行動分析ソリューション「察知くん-G」 【ギガ+他】 サイバー攻撃対応BCPソリューション 【日立ソリューションズ】 GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク 【ルックアウト・ジャパン】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
企業内のログデータや管理情報を統合的に分析し、不正につながる従業員の行動(リスク行動)をAIが検知し、アラート・分析レポートを提供する。 サイバー攻撃に特化したBCPの計画・実施・運用・復旧計画までサポート。セキュリティ専任のコンサルタントが脅威分析から行動基準の策定まで支援する。 GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 中小企業で一概に「情報セキュリティ対策」といっても、どこまでやればいいのか。また、実施していること…



 個人情報漏洩インシデントの個別要素、経年変化を分析した結果から、対策効果が停滞気味であり、全体的に…



 これから4回にわたり、情報セキュリティ監査に関する実践方法や考え方をご紹介していく。第1回目の今回…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連のセミナー

次世代エンドポイントセキュリティから学ぶ情報漏えい対策セミナ 【NTTテクノクロス/ネットワークバリューコンポネンツ】 締切間近 

開催日 6月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

増加し続けている標的型攻撃は、社員の端末(エンドポイント)も狙っています。多くの企業で従来型のアンチウイルス製品を導入されていることでしょう。しかし、企業内の端…

Crowd Strike徹底体感セミナー 【マクニカネットワークス】  

開催日 7月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃やランサムウェアの被害が後を絶たず、最近の攻撃は情報窃取はもとより、“破壊”に及ぶケースもあり、大きな問題となっています。そんな中、多くのお客様は「…

隣のあの人はやっている。Windows 10マイグレーションセミナー 【ネットワールド】  

開催日 8月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Microsoft社の、Windows 7 延長サポートが、2020年1月14日に終了します。Windows 10 が2015年夏にリリースされて以降、徐々に …

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

人工DNAインキ/ 偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「人工DNAインキ/ 偽造防止の新発想「人工DNAインキ」とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005845


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ