WinXPサポート終了…見直したいIT資産管理

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

WinXPサポート終了…見直したいIT資産管理

2013/06/24


 2014年4月にサポート切れを迎えるWindows XP。現在多くの企業でWindows 7への移行が進んでいる。また急速に増加したスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスの管理もIT部門の重要な役割となりつつある。また、BSAは“違法コピー撲滅”に向けて「職場の違法コピーの有力情報の通報者に“最大100万円の報奨金”を出すプログラム」を開始した(詳細は以下コラム「内部告発に100万円の報奨金!XP終了のタイミングで違法コピーを一掃」を参照)。こうした動きもある中で、注目して有効活用したいのがIT資産管理ツールだ。最近ではクラウドサービスとして提供されるものも登場してきている。
 そこで今回の特集は、始めにIT資産管理ツールの概要をおさらいした上で、Windows XPからWindows 7への環境移行に伴う課題とIT資産管理ツールがもつ有効な機能、およびIT資産管理ツールの最新動向を紹介する。また選び方解説では、製品選定時の注意点を解説するとともに、ユーザ企業が犯しがちな失敗についても触れているので併せてご参照いただきたい。

資産管理

※「資産管理/WinXPサポート終了…見直したいIT資産管理」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「資産管理/WinXPサポート終了…見直したいIT資産管理」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

「IT資産管理ツール」とは

 IT資産管理ツールは、エンドユーザの利用するクライアント端末と、その中にインストールされているソフトウェアに関する情報を収集し、一元的に管理するためのツールだ。最近ではPCに加え、企業ユースが急増しているスマートフォンやタブレット端末もその対象となってきている。また製品タイプには、管理対象のクライアント端末に専用エージェントをインストールするものと、エージェントを用いないものとがある。
 基本機能としては、ハードウェア/ソフトウェアに関する情報を自動収集する「インベントリ収集機能」、各IT資産を漏れなく管理するための「資産管理台帳機能」、ソフトウェアライセンスの過不足を正確に把握するための「ライセンス管理機能」、クライアント端末にセキュリティパッチなどを配布する「ソフトウェア配布機能」などが挙げられる。

図1 IT資産管理ツールのシステム概要例
図1 IT資産管理ツールのシステム概要例
モバイルデバイス管理を実現するクラウドサービスとの連携を含む
資料提供:クオリティソフト
!

内部告発に100万円の報奨金!XP終了のタイミングで違法コピーを一掃

 世界的なソフトウェアの著作権保護団体のBSAは、“違法コピー撲滅”に向けて本腰を入れ始めた。なんと、「職場の違法コピーの有力情報の通報者に“最大100万円の報奨金”を出すプログラム」を開始するというのだ。100万円の報奨金がフックとなったのか、「BSA報奨金プログラム」がスタートしてたった2週間で、全30業界の7割を超す22業界から組織内違法コピーの通報があったとの発表も出ており、組織内違法コピーが特定の業界固有の問題ではなく、多くの業界で起こっている問題であることがわかる。業界別に見ると、製造、流通・販売、IT業界が通報数ワースト3に入っている。
 BSAが本気になって動き出している違法コピーの撲滅。では、自社ではいつ対応していくのか。そこで一つの対策時期として注目したいのがWindows XPからWindows 7への移行のタイミング、つまり、“今”である。資産管理ツールの「インベントリ収集機能」を使って、きちんと現状を棚卸しすることで、企業のIT資産を洗い出すことが可能だ。実際、アプリケーションの棚卸しを始めると、使途不明なアプリケーションが出てくることも多く、ライセンス違反が見つかることもあるという。実際に数千万〜億単位のライセンス追加請求が行われた事例もあるとか。この機会に“組織に潜む違法コピー”を一掃することが急務とされている。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

資産管理/WinXPサポート終了…見直したいIT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理」関連の製品

資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 ZeeM 会計 【クレオマーケティング】
IT資産管理 IT資産管理 会計システム
2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。

資産管理」関連の特集


仮想化環境やクラウド環境など、ますます複雑化する企業システム。情報システム部門の人員削減も受け、簡単…



アドレス変換技術を応用し、ネットワークへの負荷を振り分けるロードバランサ。その仕組みを解明。資格試験…



Webや資料の閲覧だけでなく、プレゼンや対面営業、アンケートなど様々な業務に活用できる「メディアタブ…


資産管理」関連のセミナー

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月6日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 1月31日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

資産管理/ WinXPサポート終了…見直したいIT資産管理」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理/ WinXPサポート終了…見直したいIT資産管理」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005842


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ