激増する情報の保護策?バックアップ最前線

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

激増する情報の保護策?バックアップ最前線

2013/06/03


 仮想環境が広がりを見せるなか、企業の貴重な情報資産となるデータは爆発的に増えている。これらのデータを安全に保護するためにも、バックアップは欠かせない重要な業務の1つだ。しかし、バックアップ業務を行う人材をそう簡単に増やせない今の状況では、可能な限り簡便に、かつ災害対策も考慮しながら安全にデータ保護が行える環境を整えたい。そこで今回は、バックアップにおける現在のトレンドを振り返りながら、バックアップツールやバックアップアプライアンスの最新機能について紹介し、自社のデータ保護を考えるうえで役に立つ情報をお伝えしたい。

バックアップ

※「バックアップ/激増する情報の保護策?バックアップ最前線」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップ/激増する情報の保護策?バックアップ最前線」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

 バックアップとは、データ保護を目的にしており、本番環境で稼働しているシステム内のデータをスケジュールに沿って複製(コピー)し、万一の障害に備えて世代ごとに管理しておくものだ。そうすることで、必要に応じてリカバリできるようになる。同じような仕組みとしてレプリケーションがあるが、レプリケーションは事業継続に重きが置かれており、本番系システムのデータを別の場所にリアルタイムに複製し、万一のときにはすぐに復旧できる環境を整えておく仕組みだ。どちらとも重要な仕組みだが、今回の特集ではバックアップツールや最近注目されているバックアップアプライアンスについてフォーカスしていく。

1-1

バックアップ運用の今

 はじめに、バックアップ環境がどのように変化しているのか、今のトレンドについて見ていきたい。

■テープメディアの衰退

 バックアップは、取得したバックアップデータを可搬性のあるメディアに保存し、本番環境が稼働している場所とは異なる拠点に保管しておくことが基本的な考え方だ。メディアには以前からテープが利用されてきたが、テープの保管や輸送などのオペレーションにコストがかかるだけでなく、リストア時にメディアを探す手間がかかってしまい、復旧にかかる時間が長くなってしまうケースも少なくない。そこで最近は、ディスクを用いてバックアップ環境を構築する企業が圧倒的に増えており、それに伴ってバックアップ専用のアプライアンスが数多く発売されている。
 ただし、官公庁など古くからテープの運用を行っているところにはいまだに堅調なニーズがある。また、電子カルテや設計データなど長期保管が必要な場合は、アーカイブの目的でテープが利用されている。

■広がりつつあるアプライアンス

 バックアップの専用アプライアンスには、大きく分けて2つの種類が存在している。1つは、重複排除機能を持ったストレージアプライアンスで、ジョブ設定などバックアップツールが行うべき機能は備わっていない。そしてもう1つが、バックアップ機能が豊富に備わったバックアップアプライアンスだ。前者はテープメディアの置き換えとして利用され、バックアップツールと連携するための豊富なAPIが用意されている。後者は、バックアップツールの機能も含めてワンボックスで提供されており、1つの筐体だけでバックアップ環境を整えることができる。
 これらのアプライアンス製品が増えた背景の1つに、テープメディアの衰退もさることながら、本番環境と遠隔地それぞれに同じアプライアンス製品を置いておくだけで、手軽に災害対策が可能になるというポイントが挙げられる。なお、アプライアンス製品の中には、仮想環境のストレージが壊れた際に、一時的なリストア先として利用できる機能を持ったものがあるなど、バックアップ以外の用途にも活用できるように作られている。

図1 アプライアンスによるバックアップ運用
図1 アプライアンスによるバックアップ運用
資料提供:バラクーダネットワークスジャパン
■クラウドストレージとのAPI連携が加速

 クラウド事業者が提供しているクラウドストレージは、現在の単価がGBあたり0.08〜0.09ドル程度と、劇的に安価になっている。そこで、このクラウドストレージをテープメディアの代わりに利用できるよう、バックアップツール側でAPI連携できるものが増えている。
 ただし、直接クラウドストレージにバックアップすることはなく、いったん別のディスクに複製したのちクラウドストレージにアップする「Disk to Disk to Cloud(D to D to C)」が基本だ。本番データを直接バックアップしてしまうと、膨大な時間がかかるばかりか、例えば1TBのデータをリカバリしようとした場合、ネットワーク帯域が潤沢にあったとしても数日もの時間を要してしまうことになる。直近のデータは手元のディスクへ、アーカイブなどのデータはクラウドへというハイブリッドクラウドが最適な方法だ。ただし、現在はアーリーアダプタ(初期採用者)による利用にとどまっており、今後広がってくると考えられる。
 なお、クラウドストレージとの連携が進むバックアップ環境だが、バックアップアプライアンスを提供するベンダの中には、自社環境のクラウドストレージを1TBまでは無料で利用できるというサービスを提供しているケースもある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップ/激増する情報の保護策?バックアップ最前線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 管理者もユーザも手がかからないファイルサーバ最適化術とは? 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】
バックアップツール サーバー管理 サーバー管理
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。

バックアップ」関連の特集


これまで、潤沢な予算を持つ一部の大企業のものというイメージがあったクラウド型DWH。最近では、簡単・…



「Windows Server 2003サポート終了にともなう対策状況」を1472人に聞きました。X…



企業内で扱われる文書には様々な種類のものが含まれる。電子化やライフサイクル管理の必要性は以前から叫ば…


バックアップ」関連のセミナー

AWSが選ばれてきた理由と導入不安の対処法 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 7月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「本当にコストは安くなる? 可用性は高い? セキュリティは大丈夫?」 「数あるクラウドサービスからどういう基準で選べばいい?」「導入時や移行時の注意点は? 技術…

AWSが選ばれてきた理由と導入不安の対処法 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 7月6日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

「本当にコストは安くなる? 可用性は高い? セキュリティは大丈夫?」 「数あるクラウドサービスからどういう基準で選べばいい?」「導入時や移行時の注意点は? 技術…

事例で学ぶ!いま注目のハイブリッドクラウドストレージセミナー 【日本マイクロソフト/アセンテック】  

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

現在、あらゆる企業が日々爆発的に増えるデータの保管に苦慮しており、ストレージの増大にコストが圧迫されています。この課題に対し、ハイブリッドクラウド ストレージソ…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ 激増する情報の保護策?バックアップ最前線」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ 激増する情報の保護策?バックアップ最前線」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005839


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ