【第1回】巷でよく聞く“朝活”って何なの!?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/04/01

はじめてみよう!“朝活”の驚くべき効果とは

自己紹介
CSC(Customer Support Co.)代表取締役社長 小川 晋平
主な経歴
「これからの集客をデザインする会社」CSC(Customer Support Co.)代表取締役社長。 業務系クラウドシステム会社のSEとして就職したが「夜型生活」「やらされている感」に不満を持ち、「…

【第1回】巷でよく聞く“朝活”って何なの!?

1

朝活とは?

 私は、今では大分一般的な用語となった感のある「朝活」をやっています。念のため、朝活とは何なのか…。
それは「朝活動」の略。始業前の朝の時間を、勉強や趣味などの活動に当てること。平成20年(2008年)ごろからの流行語になりました。
時期を同じくして、ソーシャルメディア(Facebook、Twitterなど)のユーザが増えたことと併せて、ソーシャルメディアを活用した、コミュニティ形成が加速度的に増えていきました。

2

「なんでわざわざ、朝やるの?」朝活のメリットとは?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

情報共有/【第1回】巷でよく聞く“朝活”って何なの!?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報共有」関連情報をランダムに表示しています。

情報共有」関連の製品

PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】 マニュアル制作ツール WikiWorks 【ナレッジオンデマンド】 介護事業所支援システム 「Care-wing(介護の翼)」 【ソフトバンク コマース&サービス】
プロジェクト管理 ナレッジマネジメント 特定業種向けシステム
●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、要員、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●8年で140社以上の導入実績。
マニュアルなどのドキュメントを効率的に作成できるツール。マニュアル制作に特化した多彩な機能群により効率的なマニュアル制作を可能にし、コストと手間を削減する。 スマートフォンとICタグを利用した介護事業所支援システム。ヘルパーが利用者のICタグにスマートフォンをかざすだけで勤務状況を正確に記録でき、ヘルパー賃金計算も自動。

情報共有」関連の特集


グローバルな事業展開にテレビ会議システムは必要不可欠だが、既存のシステムではニーズに応えきれず、コス…



情報漏洩の仕方や情報種別、発覚方法などをデータで紹介。また万一情報漏洩してしまった場合の初動対応や情…



スマートフォンの爆発的な普及と業務アプリのクラウド化によって多くの人の関心を引いているBYOD。そん…


情報共有」関連のセミナー

デスクネッツネオ 他社グループウェアとの比較体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催:ウイズシステム】 注目 

開催日 7月25日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

満足度No.1グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」のポイントを、他社提供のグループウェアと比較をしながらご紹介するセミナーです。1社…

ビジネスチャット チャットラック 体験セミナー 【主催:九州日立システムズ/共催:ネオジャパン】 注目 

開催日 7月25日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、ビジネスチャットシステム「ChatLuck(チャットラック)」をご紹介するセミナーです。セミナーの中…

働き方改革の人事課題とIT課題の解決セミナー 【日商エレクトロニクス】 締切間近 

開催日 7月27日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本イベントでは働き方改革の本質的な目的である「儲けるための経営戦略」を実現するためにITでどのようにテレワークを実現するかについてご紹介いたします。テレワークで…

このページの先頭へ

情報共有/ 【第1回】巷でよく聞く“朝活”って何なの!?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報共有/ 【第1回】巷でよく聞く“朝活”って何なの!?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005819




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ