【第6回】日本語システムが引き起こす致命的な欠陥

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/04/01

ヒト・モノ・カネ…企業に蔓延るムダの省き方!

自己紹介
株式会社ダンクソフト 代表取締役 星野 晃一郎
主な経歴
1956年 3月 9日 日本橋生まれ1986年 9月 株式会社デュアルシステム(現 ダンクソフト) 代表取締役就任1986年10月 (社)東京ニュービジネス協議会入会、理事 定例会委員長1987年 2…

【第6回】日本語システムが引き起こす致命的な欠陥

 情報理論で最も大事な考え方の1つが「Integrity:1つの情報の整合性が取れていること」。個人を特定するための氏名、年齢、住所などの個人情報はこれを維持しなくてはなりません。それがなされないと年金問題のような取り違えが発生します。氏名以外でも、例えば商品名であるとかその金額など二重化した瞬間にシステムが崩壊します。それほど大事なIntegrityが基本情報で崩れているとしたら…。日本語の難しさがここにあります。

1

文字コードが引き起こす情報の不整合

 コンピュータの文字コード、半角はパソコンではASCII、メインフレームだとEBCDIC。日本語の場合、これに漢字を表現するためにJISコードの全角が加わります。おそらくワープロが起点になってこのJISコードが制定されています。当時のワープロは縦書きを意識していたので、数字は英字、さらにカタカナもこれに含まれています。当然ですが、半角にも数字、英字、カタカナがあります。1文字でも1つの情報とすれば半角と全角が混在する文字セットを我々は使っているわけです。

 表現の豊かさとはちょっと違う話ですし、フォントの種類とも違う基本情報の多重化。これをきちんと精査しないと検索、抽出ができずに折角、入力した情報を再利用できないケースが多発します。 
 表計算ソフトで見積もりや請求書を書く弊害について、以前記しましたが 例えば商品名や顧客名をそれぞれの担当者が勝手に書いてしまうと、後で抽出、収集できなくなります。ということは入力し直しの手間がかかったり、あるいは別のデータとして統計されているはずです。

 欧米の優れたソフトを導入しても、うまく動かない実態はこのあたりにあります。古くはLOTUS NOTES、最近ではSFAなどそれ自体の機能は優れていても、使い手がこういった日本語システムの弊害を理解して、例えば半角カナは使わない、全角英数は使わないといったルール化を全社で適合してITリテラシーを上げておかないと、おそらく機能の半分以下の効力しか発揮できないでしょう。
 また、ビジネスインテリジェンスといった分析に関しても文字セットのぶれを取り除いておかないと、正しい結果は得られません。折角、高いお金を投入してIT化しても使えない場合の多くはこういった基本的な、致命的な欠陥に起因することが多いと私は分析しています。
 こういう情報ばかりになると、人は自分独自の仕組みを作りたがり表計算に依存した各自システムが氾濫します。でもそれはある意味仕方のないことかもしれませんね。他人の情報と併せてしまうと正しい数字が得られないのですから。こうやってどんどん企業情報が分散して、ITが形骸化しています。

2

データベースで「Integrity:整合性」を維持しよう!

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

情報共有/【第6回】日本語システムが引き起こす致命的な欠陥」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報共有」関連情報をランダムに表示しています。

情報共有」関連の製品

「知ってるだけ」のDevOps――すぐに始めるための簡単な方法とは 【日本オラクル】 元セキュリティ技術者の弁護士がチャットに求めた厳しい条件 【KDDI】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】
DevOps グループウェア 文書管理
「知ってるだけ」のDevOps――すぐに始めるための簡単な方法とは セキュリティのプロが認めたIMツール、その厳しい導入条件とは? SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。

情報共有」関連の特集


不況によりWeb会議が注目され、その適用範囲も会議のみならず広がりつつあります!どんな使われ方がされ…



グループウェアの導入状況について調査を実施。「満足度」「重要だと思う機能」などから企業の導入実態が明…



ITを活用した学習を実現するもの…ただ知識を詰め込むだけではなくなっている「eラーニング」を基礎から…


情報共有」関連のセミナー

LINE WORKS 活用セミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 2月28日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

『LINEスタンプも使える LINE WORKS を使いたおす!』〜LINE WORKS は、メッセンジャー、無料音声通話、アドレス帳、ホーム(グループ掲示板)…

明日から使える!Office 365 【ディスカバリーズ】  

開催日 3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Office 365 を導入して社内の情報共有やナレッジの蓄積のために社内ポータルを検討するお客様は増える一方で、SharePoint でどのようなサイトを作っ…

【パートナー向け】〜 Office 365 【ディスカバリーズ】  

開催日 3月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、Office 365 の商談時間を短縮し、成約率を高めるための販売ノウハウをご紹介します。 特に Office 365 販売のネックとなりがちな…

このページの先頭へ

情報共有/ 【第6回】日本語システムが引き起こす致命的な欠陥」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報共有/ 【第6回】日本語システムが引き起こす致命的な欠陥」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005816




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ