【第6回】組織を盛り上げる“シカケ”の作り方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/03/18

気付けば売れるチームに!小さなシクミの作り方

自己紹介
株式会社プロジェクトプロデュース 代表取締役 亀田 啓一郎
主な経歴
1989年 株式会社リクルート 入社 通信ネットワーク事業部門に配属2000年4月 住宅情報誌部門に異動。プロジェクトリーダーとして、注文住宅領域におけるインターネットサービスの事業企画、サービス設計…

【第6回】組織を盛り上げる“シカケ”の作り方

 前回は、会議をしっかりと設計することで、組織の運営は効率化され、チームとしての一体感がでてくることに触れました。また、会議資料のフォーマットを揃えることは、会議運営を円滑にするシクミの1つであることもお伝えしました。 
  シクミとは、「やるべきことの意識づけ策」と私は考えています。例えば、会議のフォーマットが統一されているからこそ、討議に必要な情報に漏れがなくなり、会議の主旨や進め方を参加者が意識するようになります。一方で、私はシクミと共に、シカケが重要だと考えています。シカケとは、「やるべきことの動機づけ策」と意味付けています。 
  今回は、シクミとシカケを上手く組み合わせることで、組織を活性化していく事例をお伝えしたいと思います。

1

ルールや役割分担を決めて会議を活性化!

 会議にもシカケを加えることで、参加者の関与度が変わってきます。代表的なシカケとしては、「会議のルール(会議の場をグランドと位置づけ、“グランドルール”と呼ぶこともある)」を決めるという手法があります。これは、会議に臨むスタンスや留意点を、参加者自らが意見を出し合ってルール化するのです。
 例えば、下図のようなものが「会議のルール」として決められたりします。

 ポイントは、このルールを参加者全員で決めることにあります。自分たちで決めたルールなので、納得感をもって遵守しようとするのです。新しい会議が設定されたタイミングで、このような会議のルールを決めて貼り出しておくことをおすすめしています。また、会議への参加意欲を高める手法として、会議進行の役割を参加者にも担って頂くこともおすすめです。例えば、司会進行、書記、タイムキーパーの3役を持ち回りでやるのです。こうすることで、司会進行スキルも磨かれますし、司会の気持ちをみんなが理解することで参加者が協力的になってきます。また、書記をすると参加者の発言を真剣に聴くことになり、タイムキーパーは終了時間を意識し、議論の流れや状況に常に気を配る必要がでてきます。このような役割を参加者全員で担うことで、会議に主体的に参加せざるを得なくなってくるのです。このような環境を創り出す施策を“シカケ”と言っています。

2

バーチャルチームの対抗戦で営業を活性化!

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

情報共有/【第6回】組織を盛り上げる“シカケ”の作り方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報共有」関連情報をランダムに表示しています。

情報共有」関連の製品

クラウド型企業間購買支援サービス 「購買WEBEDI/STANDARD」 【NEC】 Revolabs USBスピーカーフォン「FLX UC 500」 【ヤマハ】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】
EDI Web会議 文書管理
資材・原材料などの企業間購買業務のクラウドサービス。多言語、多通貨に対応。カスタマイズにより「自社専用システム」のような環境を実現可能。 6人程度の中規模Web会議に最適。話者に負担の少ない高性能マイクと高音質スピーカーで快適な遠隔コミュニケーションが可能。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。

情報共有」関連の特集


ビジネス面でも、もうすっかり市民権を得たオンラインストレージ。社外の人とファイルを共有する際にとても…



「自前主義」からの脱却が必要だと言われる時代…業務委託先と円滑にデータ共有をできる仕組みが重要です。…



業界でもIT化への取り組みが早かった東亜電気工業。複数のDBが乱立し情報が分散、情報管理上の煩雑さが…


情報共有」関連のセミナー

Office 365/Skype for Business会議ソリューションセミナー 【主催:住友商事マシネックス】 注目 

開催日 1月27日(金),1月27日(金),2月3日(金),2月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、様々な企業で「ワークスタイル変革」や「テレワーク」等のキーワードに対する関心が高まっています。そんな中、Microsoft社が提供する「Office 36…

Tradosハンズオントレーニング (PMコースパート2) 【SDLジャパン】  

開催日 3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 3万8880円(税込み)

■SDL Trados Studio 2017 プロジェクトマネージャコース (パート2:プロジェクトの効率アップと翻訳資産の構築)SDL Trados Stu…

Tradosハンズオントレーニング (初級コースパート1) 【SDLジャパン】  

開催日 3月13日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 3万8880円(税込)

■SDL Trados Studio 2017 初級コース パート1 (翻訳)初めてSDL Trados Studioを使う方向けの入門コースです。 SDL T…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報共有/ 【第6回】組織を盛り上げる“シカケ”の作り方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報共有/ 【第6回】組織を盛り上げる“シカケ”の作り方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005808


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ