【第1回】企業に存在するあらゆる“ムダ”の実態

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/02/25

ヒト・モノ・カネ…企業に蔓延るムダの省き方!

自己紹介
株式会社ダンクソフト 代表取締役 星野 晃一郎
主な経歴
1956年 3月 9日 日本橋生まれ1986年 9月 株式会社デュアルシステム(現 ダンクソフト) 代表取締役就任1986年10月 (社)東京ニュービジネス協議会入会、理事 定例会委員長1987年 2…

【第1回】企業に存在するあらゆる“ムダ”の実態

 普段、みなさんがお使いのパソコン、新しく買ったばかりの時はサクサク動くのに3ヵ月もすると徐々に遅くなって、半年もすると重く感じたりはしませんか?でも実際には、パソコンの性能が時間に比例して遅くなることはありません。実は、“人間の能力がパソコンの処理速度に引っ張られて上がっている”ということだと思います。
 そういう観点からすると人間の潜在能力には限りがありません。我々ダンクソフトがお勧めしているペーパーレス・ストレッチ「オフィス環境のスリム化」では、不必要な紙をとことん棄てていただいた後にモニターを1台追加。1台のパソコンに2台のモニターを置いて、参照する書類を追加したモニターに映して、残りのモニターで編集することで、手元の紙がなくなるという提案をしています。これでまた処理能力がかなりアップすると思います。お勧めです!

オフィス環境のスリム化の例
オフィス環境のスリム化の例

 さて、今回から数回に渡って、企業に存在する“ムダ“をとことん整理しましょうというお話をしたいと思います。ムダによって引き起こる損害を改めて知っていただきたいのと、ちょっとした工夫でそのムダを整理することができる、ということをお伝え出来ればと思っています。よろしくお願いします!

1

ホワイトカラーに見られる“ムダ”の実態

 神戸大学の三品教授は、戦後、日本の労働生産性は50年間、落ち続けているとおっしゃっています。日本の製造業はトヨタ自動車のカンバンシステムなど世界をリードして模範とされていますが、実は、現場を離れたホワイトカラーのムダがとても多いのです。人も多いし、その分、時間のかかる処理も多すぎます。 
  特に21世紀に入って、パソコンが1人1台の時代になり、情報が分散して効率が落ち続けている印象があります。代表例は表計算ソフトで作る見積書。1人1バージョン。下手すると個人で複数のバージョンがあります。当然、共有できません。ノウハウは個人のものですし、仕掛顧客は彼の退職ともに持ち去られてしまうでしょう。経営的には最悪な状態のまま、運用されています。また、請求書では打ち直し、部門の売り上げでも打ち直し、原価管理やプロジェクト管理、仕入支払でも再入力。いったい、同じ情報を何回入力しているのでしょうか?
 さらにそれを統計、分析するためには相当な手続きが必要で、マクロの得意な情報処理スペシャリストが企業内に存在するのもムダなような気がします。少なくとも企業の見積もりの書式は1つで統一されるべきですし、企業情報は顧客からすべて一元化されるべきなのですが…。こういった壮大なムダを少しずつ無くしていくべきだと思いませんか?

2

アナタの会社は大丈夫!?“紙のムダ”を減らそう!

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ペーパーレス/【第1回】企業に存在するあらゆる“ムダ”の実態」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ペーパーレス」関連情報をランダムに表示しています。

ペーパーレス」関連の製品

Mobile Perfect SP イベント支援 サービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 ペーパーレス役員会議システム ConforMeeting/e 【NEC】 e-文書法対応でコスト削減と効率化、働き方改革を実現する方法 【PFU】
その他スマートデバイス関連 その他情報システム関連 帳票管理システム
気軽に簡単にスマートフォンを活用できるクラウド型イベント支援サービス。ほかにもさまざまなサービスを揃え、自社のニーズに合わせて必要なものを利用できる。 役員会議など秘匿性の高い会議資料をペーパーレス化し会議の効率化及び質の向上を実現。Windows、Android、iOSのマルチOSに対応し資料閲覧や手書きメモを画面上で行える。 業務書類の電子保存を認めるe-文書法。改正で導入メリットは増えたが、対応へのハードルが高いと感じる企業が多いようだ。e-文書法対応の実例と法対応の要点を識者に聞く。

ペーパーレス」関連の特集


IT担当者494人を対象に勤怠管理システムの導入状況を調査。情シスか?人事・総務部か?システム導入の…



 先日ついに迎えた梅雨を越えれば、1年で最も気持ちの良い季節がやってくる。今年の夏はどこに行こう、何…



全日本空輸では2012年4月から全客室乗務員のiPad携行を開始するなど、ICT活用による様々なワー…


ペーパーレス」関連のセミナー

BPMソフトってワークフロー、業務パッケージと何がちがうの? 【アシストマイクロ】  

開催日 4月10日(月),4月24日(月),5月8日(月),6月5日(月),6月19日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

「業務を管理するシステム」と聞いたとき、皆さんはどんなソフトウェア製品をイメージされますか?申請業務をペーパーレスにしたり進捗状況がわかるようになるワークフロー…

Webセミナー「業務のペーパレス化による導入効果」 【アシストマイクロ】  

開催日 4月10日(月),4月24日(月),5月8日(月),6月5日(月),6月19日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

業務のワークフロー化を検討するとき、まずはじめに思い浮かぶのは紙の申請書類などで運用している業務ではないでしょうか。このような業務をデジタルベースでの運用に切り…

Webセミナー「業務の見える化、自動化を行うBP Directorの紹介」 【アシストマイクロ】  

開催日 4月10日(月),4月24日(月),5月8日(月),6月5日(月),6月19日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

変化の激しいビジネス環境では、かぎられた人材や資源を最大限に生かして企業活動を行える、効率性の高い業務体制がますます重要になっています。業務効率を高めるためには…

このページの先頭へ

ペーパーレス/ 【第1回】企業に存在するあらゆる“ムダ”の実態」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ペーパーレス/ 【第1回】企業に存在するあらゆる“ムダ”の実態」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005798




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ