【第4回】この写真、部長に見せたくない! 投稿術

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業ITコラム 経営・業務を飛躍させるヒントをお届け

今さら聞けない!イチから学ぶFacebookの使い方

自己紹介
株式会社アドフロンテ デジタルソリューション部 部長 徳本 昌大
主な経歴
ソーシャルおじさんのパーソナルブランディングで広告業界だけでなく、様々な分野で活動中。ソーシャルメディアを中心にしたコミュニケーションデザインやiPhone、iPad、Androidのビジネス活用法など課題解決型で企業に提案している。複数の広告会社勤務を経て、2012年4月より株式会社アドフロンテのデジタルソリューション部 部長として企業のソーシャルメディア、PR、ADのコミュニケーションデザイン戦略立案、運用を担う。読書の朝活、ブログ、Ustでの情報発信、シンガポールへの企業進出支援などアクティブに活動中。
著書「図解 ソーシャルメディア早わかり」
雑誌MacFan、iPhoneマガジンでアプリ記事も連載

【第4回】この写真、部長に見せたくない! 投稿術

 前回はFacebookでの「友達の申請方法、企業ページのフォロー」について書かせていただきました。お友達や知人の方との交流はスタートしていますでしょうか? Facebookのタイムラインに友人や取引先の投稿には共感を表す「いいね!」ボタンをクリックしてください。投稿者は誰が「いいね!」をクリックしたかが判りますから、このボタンをクリックすることで、投稿者との関係強化が図れます。ぜひ友人や仲良くしたい取引先の投稿で良いと思った場合には、「いいね!」をクリックして、共感を表現してみましょう。 
  しかし、これだけでは、Facebookをビジネスに活用しているとは言えません。Facebookでは思い切って情報発信をしないと、相手に自分の考えや存在を認めてもらえないからです。Facebookを積極的に活用して、他者に役立つビジネスなどの情報を発信すると、その情報を探している人に見つけてもらえるようになります。他者に情報をパスする“Giveの精神”を続けて行くと、ソーシャルグラフを通じて、情報が伝わるようになるのです。その情報が役に立つか、役に立たないかを判断するのはあなたではなく、情報を受け取る人たちですから、自分で判断せずに良いと思う情報はどんどん投稿ください。
  自分の業界で当たり前の情報も、課題を持っている違う業界の人には宝物かもしれません。相手に役立つ情報というのは考え始めると難しいかもしれませんが、「他者のため」と言う気持ちで、ぜひポジティブに発信してみてください。また、友人や取引先に役立ちそうな情報を見つけたら、他者のためにシェアすることも大事だと私は思っています。

1

早速コメントや写真、動画をアップしてみよう!

 それでは、実際の投稿の仕方についてご説明します。「ウォール」と呼ばれるタイムラインで、まずは自分の興味のあることを投稿してみましょう。交流している方への朝の挨拶、ランチ情報、思いついたアイディアや今していることなど、なんでも結構ですので、まずは投稿してみましょう。Facebookの投稿に慣れることはとても大事なことだからです。投稿を続けていれば、あなたの投稿に興味を持ってくださる方が、必ず現れます。

「ウォール」への書き込み
「ウォール」への書き込み

 相手が「いいね!」を押してくれたり、コメントを返してくれれば、Facebookは不思議なもので、俄然楽しいツールに変化します。その際、写真をコメントと一緒に投稿すると友人や取引先の方の目に留まりやすくなります。 
  写真投稿はとても簡単です。「写真・動画を追加」をクリックして、PCから写真をアップロードし、コメントを入力するだけよいのです。ただ、写真をアップロードするだけで、Webで見るのにちょうどいいサイズに自動でリサイズしてくれます。これは地味ですが、かなり便利な機能だと思います。ぜひ積極的に写真投稿を試してみてください。

「写真」や「動画」のアップ
「写真」や「動画」のアップ
2

「この写真、部長に見られたくない…」“公開範囲”の設定方法は?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SNS/【第4回】この写真、部長に見せたくない! 投稿術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SNS」関連情報をランダムに表示しています。

SNS」関連の製品

サイボウズスタートアップス 安否確認サービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 Webシングルサインオン 「Evidian Web Access Manager」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】
安否確認システム シングルサインオン グループウェア
一方的な配信だけなく、双方向にコミュニケーションが取れる掲示板機能を搭載。報告・確認から、その後の対策指示までが可能な安否確認サービス。 さまざまなWebアプリケーションや、Office 365、Salesforce、G-suite等のクラウドサービスに対し、シングルサインオンによるアクセス/認証連携を提供。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。

SNS」関連の特集


ASP/SaaS形態の伸びが一段落し、パッケージ型が盛り返している同市場。顧客動向の把握などが重要に…



Windows8タブレットとVDIでワークスタイルがどう変わるのか?1カ月間のトライアル導入結果を情…



「職歴30年、あの部長がナゼ…」大手地銀のカード偽造など多発する内部不正事件。アナタの会社は大丈夫?…


SNS」関連のセミナー

ビジネス版Facebook「Workplace by Facebook」活用セミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 9月19日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

※ビジネス版Dropboxセミナーと共同開催です!社内SNS/メッセンジャーで社内情報共有<ビジネス版Facebook :Workplace by Facebo…

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】  

開催日 9月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SNS/ 【第4回】この写真、部長に見せたくない! 投稿術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SNS/ 【第4回】この写真、部長に見せたくない! 投稿術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005796


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > WEB構築 > CGM > CGMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ