【第2回】営業活動をマニュアル化する時の落とし穴

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/02/18

気付けば売れるチームに!小さなシクミの作り方

自己紹介
株式会社プロジェクトプロデュース 代表取締役 亀田 啓一郎
主な経歴
1989年 株式会社リクルート 入社 通信ネットワーク事業部門に配属2000年4月 住宅情報誌部門に異動。プロジェクトリーダーとして、注文住宅領域におけるインターネットサービスの事業企画、サービス設計…

【第2回】営業活動をマニュアル化する時の落とし穴

1

“マニュアル化”の矛盾

 「ウチの会社には、営業マニュアルも整備されてないんですよ…」という、配属されたばかりの営業メンバーの声をよく耳にします。一方で、せっかく企画スタッフが営業の声を集めて作ったマニュアルを現場で運用してもらおうとすると、「営業はマニュアル化できるようなものではないでしょ」「そもそもマニュアルに縛られるのは嫌だし、工夫を凝らしながら自由にできるのが、営業の面白さでしょ」という反発が返ってくるのもよくあることです。 
  「営業はマニュアル化できるようなものではないでしょ」というのは一理あり、営業や接客場面には、様々なバリエーションがあり、それを画一的な手法に落とし込むことは実に困難です。よって一般的には、営業や接客場面を大まかなプロセスに分解し、このような場面では“こんなやり方もあんなやり方もある”という事例を列挙するまとめ方になってしまいます。これは作成した当事者にとっては、バイブルのような存在ですが、マニュアル作成に関わっていない人にとっては、辞書を引くようなもので、取っ付きにくい書物になってしまい、引き出しの奥にしまわれてしまいます。

2

デキル営業マンの“勝ちパターンの構造”とは!?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

営業支援/【第2回】営業活動をマニュアル化する時の落とし穴」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「営業支援」関連情報をランダムに表示しています。

営業支援」関連の製品

ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】 情シス視点で見る 導入してもいいSFA、導入したくないSFAとは_JUST.SFA 【ジャストシステム】 1人当たりのコンタクト数が5倍に、インサイドセールス体制へのクラウド転換術 【セールスフォース・ドットコム】
SFA SFA SFA
SFAならば一瞬の作業、知るほど後悔する「Excel日報」のムダ 情シスから見て「こんなSFAは導入したくない」のは、どんなSFAなのか。SFA導入検討時に、必ずチェックすべきポイントを挙げ、情シスに負担が掛からないSFAの選び方を解説。 1人当たりのコンタクト数が5倍に、インサイドセールス体制へのクラウド転換術

営業支援」関連の特集


営業に必要なスキルのひとつ「プレゼンテーション能力」について、その能力を向上させるためのポイントを解…



営業マンは、普段の営業活動だけでなく営業活動に付随する契約書、領収書、請求書などの書類作成などもしな…



200社を超えるグループ全体でUCを実現するグローバル情報共有基盤展開を実施中の同社に成功のポイント…


営業支援」関連のセミナー

営業活動を効率化して成果を最大化させる仕組み構築セミナー 【マツリカ/エッジコンサルティング】  

開催日 5月11日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【セミナー概要】働き方改革が叫ばれている中、営業組織にとって「営業の生産性を上げること」は大きな課題です。営業の多様な業務の中には、少しの工夫で大幅に時間を節約…

このページの先頭へ

営業支援/ 【第2回】営業活動をマニュアル化する時の落とし穴」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「営業支援/ 【第2回】営業活動をマニュアル化する時の落とし穴」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005794




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ