【第5回】アジア3億人が利用!WeChatビジネス活用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/02/04

海外展開はじめの一歩!中国市場はこう動かす!

自己紹介
株式会社アジアクリック 代表取締役 高橋 学
主な経歴
中国・アジアSNSのビジネス活用専門家。WeiboやWeChatなどアジアソーシャルメディアの運営、コンサルティングを行う株式会社アジアクリック代表取締役。東京商工会議所国際展開アドバイザー、一般社団…

【第5回】アジア3億人が利用!WeChatビジネス活用

 WeChatは、中国と東南アジア3億以上のアジアユーザとコミュニケーションできるソーシャルメディアです。これに加えて、自動応答、位置情報やクーポン機能、内蔵SNSなどと組み合わせることにより、現在、アジアで最強のSoLoMoツール(ソーシャルで、ローカルで、モバイルで)となっていることは前回まででご紹介させていただきました。
 では、WeChatビジネスの具体的な使い方をご紹介しましょう。

WeChatに登録されている企業アカウント例
WeChatに登録されている企業アカウント例
企業アカウントでは、来店促進やアクティブサポートに活用されている
1

“個別チャット”で受注や来店をサポートも…“顧客サポート”に応用!

 あらかじめ質問への反応をプログラムしておくことができますので、顧客対応に向いています。iPhoneのSiriのようなもので、ユニークで温かみのある返信がポイントで、ブランドに親近感を持ってもらうことも可能です。また、FAQとして良くコールセンタにかかってくる質問に対する答えを返すことができます。
 また、自動応答中も随時、ユーザの問合せを人間が返信可能です。値段を聞かれたり場所を聞かれたりした際もビジネスチャンスを逃がすことがありません。

自動応答の例
自動応答の例
自動応答をプログラムし、ブランディングやアクティブサポートに活用
個別チャットの例
個別チャットの例
Jeepは個別の相談には、WeChatチームが個々に対応する。写真はJeepの最低価格を聞いた際の反応

2

おトク情報は“QRコード”で?企業アカウントへの誘導法!

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

アプリ/【第5回】アジア3億人が利用!WeChatビジネス活用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アプリ」関連情報をランダムに表示しています。

アプリ」関連の製品

中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” 【ビッグローブ株式会社】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 駐車場をIoT化した「Smart Park」──空き状況がリアルタイムで分かる 【KDDI】
IaaS/PaaS CMS GPS
中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 駐車場をIoT化した「Smart Park」──空き状況がリアルタイムで分かる

アプリ」関連の特集


まさにネットワークの見張り番とも言える「IDS/IPS」の分類や侵入検出方法、IDS/IPS自体のセ…



日々あったことを報告する日報から得る顧客や商品のデータは、企業にとって貴重な財産!紙ではなくクラウド…



モバイルとアプリケーション連携でビジネスが進化する!IPセントレックスで変わる新しいビジネスコミュニ…


アプリ」関連のセミナー

Office 365の利用を快適にするトラフィック制御と運用自動化 【テクマトリックス】 注目 

開催日 3月16日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Microsoft社のOffice 365の通信経路制御の運用において、定期的なURL変更への対応が管理者の方の課題になっています。この課題を解決するソリューシ…

クラウドの『プライベート化』戦略 最前線 【ブロードバンドタワー】 注目 

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、自社の業務やビジネスに最適化した、真の意味で「プライベート化」されたインフラづくりをテーマに各界のトップエンジニアより最新テクノロジーの活用術を…

VRとモバイルが変えるビジネスの未来 【MXモバイリング】 注目 

開催日 3月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨年は「VR元年」といわれ多くの企業でVRへの取り組みが始まりました。今後VRが企業でどのように活用されていくのか先端事例を交え、モバイルとVRが融合した「モバ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アプリ/ 【第5回】アジア3億人が利用!WeChatビジネス活用」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アプリ/ 【第5回】アジア3億人が利用!WeChatビジネス活用」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005785


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ