殺人犯を予測?米で採用間近のアルゴリズム

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日 2013/02/01
金曜Blackピット 〜世界の“面白ニュース”つまみ食い編〜

登場人物紹介

金曜Black★ピット!気になるその登場人物をちょっとだけご紹介します♪
ブラックピット

ブラックピット

NAME

ブラックピット(本名非公開)

AGE

36(独身)

所属

某企業SE(今年で6年目)

その他

昔レーサーに憧れ、夢見ていたが断念した経歴を持つ。(中学生の時にゲームセンターのレーシングゲームで全国1位を取り、なんとなく自分ならイケる気がしてしまった。)愛車は黒のスカイライン。憧れはGTR。車とF1観戦が趣味。笑いはもっぱらシュールなネタが好き。

上司X

上司X

NAME

上司X(本名なぜか非公開)

AGE

46

所属

某企業システム部長(かなりのITベテラン)

その他

中学生の時に秋葉原のBit-INN(ビットイン)で見たTK-80に魅せられITの世界に入る。以来ITひと筋。もともと車が趣味だったが、ブラックピットの影響で、つい最近F1にはまる。愛車はGTR(でも中古らしい。)人懐っこい×面倒見が良い性格。

202nd Lap: 殺人犯を予測?米で採用間近のアルゴリズム
 アルゴリズム、というと普通はコンピュータや数学における「手順」や「やり方」のことを指す。プログラムは、コンピュータにアルゴリズムを指定して結果を得る手段のことだ。アルゴリズムを研究することで、より高率な結果を得られる。プログラムも最適化するほどに高速に、的確になるのはアルゴリズムが洗練され、効率的に働いているからだ。

 そんな、アルゴリズムを研究することで、人間の行動を予測することも可能になるという。アメリカ・メリーランド州、そしてペンシルバニア州では、とある「アルゴリズム」に即したソフトウェアが導入されているという。そのソフトウェアの機能は、ズバリ「犯罪予測」だ。

 その「犯罪予測ソフトウェア」は、仮釈放された受刑者の中から「殺人を犯す可能性が高い人物を予測する」のだという。このソフトによって指定された仮釈放者を監視することで、犯罪(殺人による再犯)を未然に防ぐわけだ。そしてこのソフトには、ペンシルバニア大学の犯罪学者・リチャード・バーク氏が考え出したアルゴリズムが組み込まれている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

金曜Black★ピット/ 殺人犯を予測?米で採用間近のアルゴリズム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「金曜Black★ピット/ 殺人犯を予測?米で採用間近のアルゴリズム」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「金曜Black★ピット」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、ニュース内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30005369



このページの先頭へ
噂のIT都市伝説

キーマンズネットとは

ページトップへ