コンビニでの少額決済、電子マネー VS 現金、どちらが多かった?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2013/03/13

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

飲食店に行く際、重視するのはどちら?

 飲食店に行くときに重視するのは「幅広く情報を出しているマスメディアの情報」だと答えた人は22%、「とても信頼できる仲間内の情報」と答えた人は78%という結果に。「マスメディアの情報」派のコメントからは、仲間を信用しないわけではないけれど、嗜好が合わない人のアドバイスでガッカリするのは避けたいという気持ちが見て取れる。また、マスメディアの情報はとにかく手軽に入手できるメリットが大きいようだ。「仲間内の情報」派は、広告がらみで意見が左右する疑い(あくまで「疑い」だが)のあるマスメディア情報を鵜呑みにできないという強い意志があるよう。また、教える側の仲間が持つ蘊蓄にも期待を寄せているようだ。本来は失敗を繰り返しながらお気に入りの店を開拓していくのも楽しいと思うが…。

【「幅広く情報を出しているマスメディアの情報」派のコメント】

仲間内の情報だと行ける範囲に限りがあるので。(30代・男性)

客観的な情報を重視しています。(40代・男性)

信頼できる仲間から聞いた情報でも結局インターネットの口コミサイトを閲覧してから訪問する事が多くなっています。(40代・男性)

1回は、だまされて良しとする。何事も経験。次は、行かないだけ。(50代・男性)

幅を広げるという点より、チャレンジも必要。(50代・男性)

結局自分の好み次第。いい店かそうじゃないかは行って確かめるので、メディアを活用します。(30代・女性)

仲が良くて、日頃は信頼している友人であっても、ちょっとした味覚や趣味の差で騙された気分になることもあるので、基本は評価者数の多い情報を重視します。(40代・男性)

Webからの情報のほうが、手っ取り早く収集できるので。(40代・男性)

仲間内の情報に偏りがあるので、マスメディアの情報と勘案しています。(50代・男性)

信頼できる仲間といっても味覚が合わない人は本当に合わなくて…。(30代・女性)


【「とても信頼できる仲間内の情報」派のコメント】

知らない人は信用できません。(40代・男性)

マスメディアの情報ってどこかお金が絡んでいるような気がして。舌の肥えた仲間の方が信頼できますね。(50代・男性)

普段から外食をあまりしない上に偏食が酷いので、一般的な情報ではカバーしきれないことが多い。というか情報整理が面倒なので、主に知り合いの情報に頼っています。(30代・男性)

ステマの件もあり、マスメディアの情報は鵜呑みにできないところがあります。(50代・男性)

幅広く情報を出しているメディアは、そのお店からお金をもらっていることが多いので、悪いことは絶対に書かない。行ってがっかりすることも多い。でも仲間内だと、変な店を紹介したと思われたくないし、自分が本当に良いと思った店しか紹介しないから、信頼度は高い。(30代・女性)

仲間の行きつけの店だったりすると、やはりおいしいです。ハズレがありません。また、店員と顔なじみだったりして多少融通がきくこともあります。(30代・女性)

情報は正しい部分が多いが、間違っていることも多い。そんなお店にあたったらがっかりする…。(30代・男性)

個別の好みの差があるので参考にはしますが鵜呑みにはしません。あまり味にうるさくないのでよほどひどいところに行かない限り不満はありません。(40代・男性)

お店の雰囲気や味の好みの近い仲間うちの情報だと、ハズレを引く可能性も低いし、開拓も楽しくなるから。(20代・男性)

この人が美味いという店は確実に美味いという人が居るので、困ったときはその人に聞いてます。外れたことはなしです。(30代・男性)



コンビニでの決済、どちらですることが多い?

 コンビニでのメインの決済手段として「電子マネー」と答えた人は36%、「現金」と答えた人は64%という結果になった。「電子マネー」派は、やはり小銭が不要であることが最大のメリットと感じている。更に、ポイントなどの特典や、サービスによってはチャージ不要でそのままクレジット請求される利便性が評価されているようだ。「現金」派は、コンビニにおける少額の買い物こそ、サイフに貯まった小銭の使いどころであると確信している。電子マネーによってお金を使っていないような感覚になることも避ける理由の1つであり、電子マネーを使うことで購入情報を収集されることを懸念する声も。先の大震災の停電時に電子マネーが使えなかった経験を持つ人もちらほら。また電子マネーは、サービスが多数存在することがアダとなり、メインで使うものを絞りにくいという側面もあるようだ。

【「電子マネー」派のコメント】

小銭の必要がなくポイントがたまるので。(40代・男性)

コンビニ専用の電子マネーだと、系列店にのみ行くようになり、「戦略に乗せられているなぁ」と感じます。(50代・男性)

小銭のやり取りがないので小銭入れが軽くなります。逆に使用できないところで1円足りないとがっかりします…。(40代・男性)

小銭を出すのが面倒だから電子マネーを使っていますが、両替をしたい場合は現金でお札を出すこともあります。(50代・男性)

お金に触れなくてすむので衛生面でよい。(40代・女性)

最近家計簿をつけているのですが、電子マネーだとクレジットから引き落とされるので、大体いくら使ったかあとで計算しやすいです。(20代・男性)

電子マネーが使えるお店を探してから入ることもよくあります。(30代・男性)

支払いに時間がかからないので、後ろに並んでいる人に迷惑がかからない。また、ポイントも貯まるし、特典もある。(50代・男性)


【「現金」派のコメント】

財布から現金が失われていく感覚が使いすぎをセーブしていると思います。(40代・男性)

どこかで小銭じゃらじゃらになるので、コンビニでスッキリ使いますね。(50代・男性)

以前は携帯で電子マネーを使用していたが、一度故障してからは、ほぼ現金です。電子マネーの引越は面倒です…。(40代・男性)

大規模停電の時、真っ暗なコンビニでは現金しか使えませんでした。電子マネーに頼らず非常時のため、ある程度の現金を持ち歩く必要性を痛感しました。(40代・男性)

購入金額きっちり小銭を使って支払うときに、妙な満足感が味わえる。(50代・男性)

それぞれの電子マネーにチャージしなければいけないのが面倒だし、微妙に残る残高を足せば一食分くらいになったりすることを考えると非常にモヤっとする。(40代・男性)

使い過ぎの危険性があるので電子マネーは極力使わないようにしている。(40代・男性)

電子マネーの利用履歴は行動履歴です。転用される可能性を否定できないので、電子マネーしか選択できない場合以外は現金です。(40代・男性)

小銭を全部使い切ったときの爽快感がたまらない。(20代・男性)

たまった小銭を減らすための、強力なスポットです。すべて電子マネーになったら、困るな〜。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2013年 2月14日〜 2013年 2月20日にかけて実施した「最適」に関するアンケート(有効回答数:631)より抜粋して構成した。


最新特集

227万人がDLした超有名アプリがマルウェアだった、親会社は…… 【金曜Black★ピット】 2017/09/22

公開以来50億回もダウンロードされている人気ユーティリティソフトが汚染されていた。とんでもない事態だ。

「おまえの足、気絶するほど臭いぞ」を優しく伝える方法 【金曜Black★ピット】 2017/09/15

最近、スメハラを人事評価の1つに取り入れる企業もあるそうだ。上司の足が臭いことをどうやって伝えたらいいだろうか。

返事をしないとスマホをロック、お父さんは心配性? 【金曜Black★ピット】 2017/09/08

子どもがスマートフォンを所有する年頃になると、いろいろと悩ましい問題が浮上してくる。そこでお父さんは考えた。

スマホの使い過ぎで、指が曲がらなくなるって本当? 【金曜Black★ピット】 2017/09/01

最近、皮膚科を訪れる人が増加しているという。それと自覚していなくても、なんだか指先が不調だという人もいるそうだ。

えっ、ソレを使うのに顔認証システムが必要なの? 【金曜Black★ピット】 2017/08/25

ATMには「静脈認証」が使われているし、PCやスマホでも「指紋認証」が使われている。でも、ソレはやり過ぎじゃない?

パスワードのルール、提案者が「間違っていた」と衝撃告白 【金曜Black★ピット】 2017/08/18

「大文字、小文字、記号を組み合わせて、定期的に更新」。ルールを作った張本人が「ほとんど間違っていた」と後悔している。




BI/コンビニでの少額決済、電子マネー VS 現金、どちらが多かった?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

Excelをドラッグ&ドロップで分析開始!BIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 クラウドERPシステム「NetSuite」 【ネットスイート】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツールとは 【ジャストシステム】
BI ERP BI
専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 ERP/財務会計、CRM、Eコマースを含む主要な業務アプリケーションの機能を、統合された1つのクラウドサービスとして提供。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

BI」関連の特集


IBMのようなベンダでは、大企業と連携し、きわめて先進的な事例に取り組んでいるという印象があるだろう…



ソースコードなど開発関連の膨大な電子化情報を分析する新たなマイニング手法「MRS」とは?バグ予測やコ…



2013年頃に小ブームがあったDevOps。クラウド、モバイル、IoTと近年ますます加速するビジネス…


BI」関連のセミナー

BIツール TableauDesktopハンズオンセミナー 【ソフィア総合研究所】 締切間近 

開催日 9月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――社内のデータを有効活用したい方、データ分析に掛かっている工数を削減したい方必見! ――…

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 10月6日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品の機能を包括的にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対応する…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 10月5日(木),10月12日(木),10月19日(木),10月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005332



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ