ECサイトでの買い物、スマホとPCどちらを使うことが多い?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2013/02/27

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

過去1年間に、10冊以上本を読んだ?

 過去1年間に、10冊以上の本を「読んだ」と答えた人は53%、「読んでいない」と答えた人は47%という結果に。ほぼ同数と言っていい割合だ。「読んだ」派のほとんどは通勤時間に本を読んでいる。また購入コストを下げるため、図書館で借りたり古書を購入したりしている人も多い。電子書籍にシフトしつつある人も増えているようだ。「読んでいない」派では、時間がない、時間がもったいないというコメントが散見された。移動中は読書ではなくスマホやケータイでWebを見ていることが多いよう。一昔前までは地下鉄内は圏外だったが、通信可能な区域がどんどん増えている昨今では当然の流れか。両派において、移動時間以外で本を読む時間を作れる人が少ないのは、忙しい社会人としては致し方ないところなのだろうか?

【「読んだ」派のコメント】

でも最近読書量が減っています。読書時間の通勤電車の中でもスマホでニュースを読むことが多くなりました。電子書籍にはまだ抵抗があります。(50代・男性)

毎週2〜3冊読んでいます。通勤時間の有効活用です。経費節減のため、図書館を利用しています。(40代・男性)

少し堅めのものが多かったので、最近は若者に支持されている軽めのものにも挑戦を始めました。(50代・男性)

通勤が長くかかる職場となったので、ここ4年くらいは通勤時間を利用し、だいたい週で10冊程度読んでます。(40代・男性)

もっぱら小説は古本を、ビジネス書は新刊を買っています。最近ではスマホで安価に電子書籍が手に入るのでそちらの比率が上がってきています。(50代・男性)

年間の書籍代を計算すると50万円でした。以前は1日に小説を4冊読めていましたが、最近はその時間の捻出が難しく、就寝前に電子書籍を読みます。ただ熱中しすぎて睡眠時間が削られることも……。(20代・女性)

会話したり文章を見たりすれば、本を読んでいる人かそうでないか、大体わかるもの。学歴よりよほど大事。(30代・男性)

ただでさえ“積ん読”状態なのに、読みたい本が続々出てきます。(40代・男性)

年間100〜200冊の活字中毒症。最近は老眼が進んでいるため自炊して大型モニタで拡大して読書することが多くなりました。(50代・男性)

読まない時期は全く読まないが、スイッチが入ると短期間で10〜20冊読破する。そんな読書パターン。先日、android端末にKoboとKindleをインストールしたので、今後は書店に足を運ぶ事は減りつつも、読書量は増える(かも?)。(40代・男性)


【「読んでいない」派のコメント】

老眼気味なので細かい字の本を読むのが億劫になり、とんと本を読まなくなってしまった。(40代・男性)

読もうと思って、カバンに入れっぱなしで、半年とか簡単に過ぎちゃいます。(40代・男性)

メルマガとネットサーフィンで精一杯。(50代・男性)

興味をそそる本がないのが悩み。(50代・男性)

必要な本はネットで買うので、ついでに買うことが減りました。本屋に行かなくなると、どんな本があるのかも知りません。(30代・男性)

最新では、老眼が進んで、本を読むとすぐに目が疲れてしまいます。(50代・男性)

知りたいことはネットで記事を拾い読みするので雑誌は読まない。ちゃんとした書籍はハードカバー派だけど、いろんなメディアにネットから跳んで行けるので探すこともしなくなった。(50代・男性)

学生時代は1日に2、3冊読んでいたときもあったのですが、今は読む暇がなくて。録画番組を観るので手一杯なんです。(50代・男性)

本を読む時間がもったいない。その時間をもっと別のことに振り分けたい。(50代・男性)



ECサイトでの買い物、スマホとPCどちらを使うことが多い?

 ECサイトでの買い物に「スマホ」を使うと答えた人は8%、「PC」を使うと答えた人は92%と、圧倒的な差がつく結果となった。「スマホ」派は、隙間時間での買い物にスマホを活用しているようだ。ちょっとした買い物ならスマホで十分という声も多い。「PC」派でも、スマホを使ってECサイトにアクセスしないわけではないが、スマホとPCでは画面の情報量に差があると感じているよう。要は、ほかの品物と比較しながら購入を検討する場合に、情報収集することがスマホでは難しいということ。じっくりと考えて購入するのにスマホは向いていないという判断のようだ。また、スマホでの文字入力の煩雑さを嫌がったり、スマホのセキュリティを今ひとつ信用しきれなかったりする人も「PC」派に多いようだ。

【「スマホ」派のコメント】

やっぱりスマホを使っている時間が長いからかな。(40代・男性)

ちょっとした買い物であれば、スマホで十分です。(50代・男性)

複数製品を広く比較したいときはPC、買うものが決まっているのならスマホ。(40代・男性)

隙間の時間で買い物をするので、断然スマホ。(30代・男性)

PCに比べて入力しにくいので、かえって無駄なものまで買わずに済む。(40代・男性)


【「PC」派のコメント】

スマホで閲覧はしますが、じっくりと考えられるのでPCで購入します。(40代・男性)

ECサイトでの買い物にスマホを使ったことがない。画面が小さいと、商品の比較とかいろいろ操作しづらいと思う。(30代・男性)

入力情報の打ち間違えや確認考えると、スマホでなんて無理です。(40代・男性)

スマホだと画面が小さくて商品が良く見えません。(30代・男性)

スマホはセキュリティ的に心配でお金に関わる様な情報は入力がためらわれます。(30代・男性)

スマホで買い物をするとじっくり考えずに買ってしまいそうなのでPCです。(40代・男性)

最近は、服や鞄など実物を見ないと怖くて買えなかったものまでネットで買うようになっちゃいました。その分、写真や細かい仕様などをじっくりきちんと確認したいので画面の小さなスマホでは買い物できません。(40代・男性)

スマホは出先の空き時間に「探す」手段として使い、実際の購入は自宅でPCに向かって、というパターンです。(40代・男性)

浪費しすぎないようスマホで暇つぶしに買い物……というのは避けるようにしています。(20代・男性)

スマホは画面が小さいので、ニュースはみるがショッピングはしていない。ショッピングはPCの大画面で見るのがいいと思う。(50代・男性)

買う物が明確に決まってる時はスマホを使う事もありますが、類似商品やレビュー、価格の比較をスマホで行うのは難しいです。(40代・男性)




最新特集

「おまえの足、気絶するほど臭いぞ」を優しく伝える方法 【金曜Black★ピット】 2017/09/15

最近、スメハラを人事評価の1つに取り入れる企業もあるそうだ。上司の足が臭いことをどうやって伝えたらいいだろうか。

返事をしないとスマホをロック、お父さんは心配性? 【金曜Black★ピット】 2017/09/08

子どもがスマートフォンを所有する年頃になると、いろいろと悩ましい問題が浮上してくる。そこでお父さんは考えた。

スマホの使い過ぎで、指が曲がらなくなるって本当? 【金曜Black★ピット】 2017/09/01

最近、皮膚科を訪れる人が増加しているという。それと自覚していなくても、なんだか指先が不調だという人もいるそうだ。

えっ、ソレを使うのに顔認証システムが必要なの? 【金曜Black★ピット】 2017/08/25

ATMには「静脈認証」が使われているし、PCやスマホでも「指紋認証」が使われている。でも、ソレはやり過ぎじゃない?

パスワードのルール、提案者が「間違っていた」と衝撃告白 【金曜Black★ピット】 2017/08/18

「大文字、小文字、記号を組み合わせて、定期的に更新」。ルールを作った張本人が「ほとんど間違っていた」と後悔している。

国民の5人に1人がお世話になる“異色”な求人サイト 【金曜Black★ピット】 2017/08/10

数千万人もいれば、そりゃあ玉石混淆。ダメなヤツもいれば、優秀なヤツもいるだろう。ある集団に目を付けた求人サイトが話題だ。




BI/ECサイトでの買い物、スマホとPCどちらを使うことが多い?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】
BI データベースソフト グループウェア
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。

BI」関連の特集


立教大学の経営学部 国際経営学科では、課題解決や新規ビジネスモデル提案を行うプロジェクト型科目におい…



「営業支援システム(SFA)は、営業支援の機能だけを比較して選定すると失敗しやすい」という。では、何…



J-SOX対応の流れで内部不正防止目的として導入が進んだ統合ログ管理ツール。現在ではシステム部以外の…


BI」関連のセミナー

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 10月6日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品の機能を包括的にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対応する…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 10月13日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

マイクロストラテジー・シンポジウム東京 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 10月4日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

概要MicroStrategy Symposium Tokyoを10月4日(水)に開催いたします。 今回は、当社CEO(最高経営責任者)マイケル・セイラーが来日…

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005331



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ