この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

転ばぬ先の杖!HDD故障予測技術とは?

2013/03/06


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「HDD故障予測」技術。ビッグデータの活用で、故障予測精度がグンと上がりそうです!

HDD

※「HDD/転ばぬ先の杖!HDD故障予測技術とは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「HDD/転ばぬ先の杖!HDD故障予測技術とは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「HDD故障予測」とは

 「ノートPCが突然壊れた!」…PC利用経験が長い人は、この苦すぎる経験を何度か味わっているかもしれない。PCの故障原因の多くはHDD(ハードディスク)の障害だ。困ったことにHDDはたいてい“突然死”してしまう。内部ではじわじわ劣化が進行していたかもしれないが、発症までは違和感がほとんどなく、一旦発症したらもう既に手遅れ、バックアップもできない状態になることが多い。そしてユーザは「故障が分かっていればバックアップをとったのに…」と嘆く。IT管理者は「故障が分かっていれば代替機を用意しておくのに…」と悔やむ。「故障の事前予測ができたらいいのに」。それが長年のPCユーザの願いだった。特に衝撃や振動が加わりやすく、故障への不安が大きいノートPCのユーザならなおさらだ。
 そこに登場したのが昨年12月に東芝が発表した「ノートPC内蔵HDDの故障予測」技術だ。これは膨大なHDD稼働ログと修理センターの故障状況データを合わせて、実際の故障と故障の予兆を示す稼働状態との相関を明らかにした。ビッグデータ分析による新しい故障予測最適化の手法が見えてきた。

1-1

普通の「健康診断ツール」ではダメなのか?

 「HDD故障予測ならソフトウェアをいつも使っているよ」という方もいるだろう。実際、HDDの稼働ログはいつでもとれるようになっており、HDDの利用状況のログを収集して表示する様々な「HDD故障予測ツール」あるいは「HDD健康診断ツール」が登場している。
 しかし今までのそうしたツールには2つの面で課題がある。
 1つは管理者による情報の一元管理が難しく、エンドユーザが自分で気をつけて計測された値や集計結果を調べ、対応しなければならないことだ。ITリテラシの高い部署ならそれでもよいが、業務部門にこれを徹底させるのは困難だ。
 もう1つはツールが表示する結果から危険度を適切に判断して過不足のない対応を図る方法が分からないことだ。ツールによっては「安全」「危険」「注意」などのようにリスクを表示してくれるものもある。専門家のノウハウによる“しきい値設定のさじ加減”が予測を左右することになるが、判断基準がツールベンダによって違い、正確性に疑問が残る。
 これら課題を解決するには、管理者が多数のエンドユーザのPC故障確率を把握して適切な対応がとれるよう、一元管理可能な仕組みがいる。そして信頼するに足る予測の根拠があることが望ましい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2016/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP-YB10」 
●A賞:抽選で1名様
 HUAWEI Windows 10 Pro搭載 2in1デバイス「HUAWEI MateBook M3」 
●C賞:抽選で1名様
 iRobot 床拭きロボット「ブラーバ ジェット240」 
●D賞:抽選で1名様
 プリンセス 大皿みたいな白いホットプレート「Table Grill Pure」 
●E賞:抽選で2名様
 ASUS 毎日の健康をスマートに記録「VivoWatch」 

このページの先頭へ
関連キーワード

HDD/転ばぬ先の杖!HDD故障予測技術とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「HDD」関連情報をランダムに表示しています。

HDD」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 FortiMail 【図研ネットウエイブ】 System x3550 M5 【レノボ・ジャパン】
認証 その他ネットワークセキュリティ関連 Windows
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 ビジネスに必要なメール機能をオールインワンで提供。1つの管理画面から各機能を統合的に管理できるため、導入コストを抑えつつ運用の手間も大幅に削減する。 あらゆるワークロードを加速するパフォーマンス、信頼性、及び、セキュリティを備えた、強力でコンパクトな2ソケットの1Uラック・サーバ。

HDD」関連の特集


2013年第1四半期、1202億円となった国内サーバ市場。x86サーバとメインフレームがプラス成長と…



 過去2回までで、昨今の電子ファイルの仕分けや棚卸しに対する意識の高まりや、実際に企業が策定している…



データベースの処理能力で悩む時代はもう終わり…処理が10倍近くも早くなる!?従来のディスク型データベ…


HDD」関連のセミナー

データ消去ソフト USBディスクシュレッダー 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 11月30日(水),12月7日(水),12月21日(水),1月11日(水),1月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「USBディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたし…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

HDD/ 転ばぬ先の杖!HDD故障予測技術とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「HDD/ 転ばぬ先の杖!HDD故障予測技術とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005305


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ