NoSQLとRDBを両立する「NewSQL」って何だ?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

NoSQLとRDBを両立する「NewSQL」って何だ?

2013/02/20


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「NewSQL」。数ペタバイトまでデータが拡大しても、システム拡張はサーバ追加だけで済むという、従来のRDBでは考えられなかった特長を持っています!

NewSQL

※「NewSQL/NoSQLとRDBを両立する「NewSQL」って何だ?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「NewSQL/NoSQLとRDBを両立する「NewSQL」って何だ?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

NewSQLとは?

 「Google検索やSNSのように最新情報を常に反映しながら、一方できちんと業務処理もできるデータベース」…そんなデータベースは、これまでありそうでなかった。最新データを迅速に反映することと、業務データに食い違いや間違いを絶対起こさないこととは両立するのが困難な命題だ。ところがその困難を軽々と乗り越え、しかもペタバイト級のデータ量でも性能を劣化させないデータベースが登場した。それが「NewSQL」。いったいどんな仕組みなのだろうか?

1-1

NewSQLの特長とデータベースの歴史

 NewSQLの大きな特長は、従来からのデータベースの仕組み(リレーショナルデータベース/RDB)と、RDBよりも大量データの高速処理に優れた「NoSQL」という比較的新しいデータベースの仕組みとのよいとこどりをしているところだ。それぞれのデータベースから何をどう取り込んでいるのかは、少し歴史を振り返ってみるとわかりやすくなる。
 過去30年ほどのデータベースの歴史をまとめてみたのが図1だ。図に見るように、RDBは1980年代以前からずっとデータベースの主役であり続けている。しかしその考え方は近年の「情報爆発」によるデータ量の増大に即応できるものではなかった。Webの世界のように常に膨大なデータが生まれる現場では、もっと効率よく大量データが処理できるデータベースが望まれた。そこで登場したのが「NoSQL」だ。しかしRDBの機能や役目の肩代わりにはならず、特定目的のデータベースとして普及している。
 いわばオープンシステム時代の第1世代のデータベースがRDB、第2世代のデータベースがNoSQLと言うことができよう。NewSQLは、先行する2つの世代の欠点を埋め、長所をうまく採り入れた、第3世代のデータベースだ。

図1 RDBからNoSQLへ、そしてNewSQLへ
図1 RDBからNoSQLへ、そしてNewSQLへ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Lenovo 2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」 
●A賞:抽選で1名様
 ZEROTECH 小型セルフィードローン「Dobby Deluxe D100B-H」 
●C賞:抽選で1名様
 harman/kardon ワイヤレスホームスピーカーシステム「AURA PLUS」 
●D賞:抽選で1名様
 THANKO iPhoneケース型「モバイルDLPプロジェクター」 
●E賞:抽選で2名様
 キングジム コンパクトにたためるパソコン「PORTABOOK XMC10」 

このページの先頭へ

NewSQL/NoSQLとRDBを両立する「NewSQL」って何だ?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NewSQL」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

顧客データの分散状況を解決、パーソナルマーケティング基盤とは 【富士通】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】 UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト
顧客チャネルごとに分散したDBが阻む最適化 “使える”データ統合の実現法 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。

「データベースソフト」関連の特集


従来比で100倍もの処理性能を達成した「超高速データベースエンジン」。従来型のDBとなにが違うのか?…



電子基板の設計・開発やソフトウェア開発などを手掛ける日本サーキットでは、「サイボウズ デヂエ 8」の…



2007年度の出荷金額は、前年比11.3%増の35億円と高い成長を示し、今後も堅調な伸びが予想される…


「データベースソフト」関連のセミナー

ExcelやAccessを本格データベースにアップする名古屋セミナー 【ニューコム】  

開催日 4月18日(火)   開催地 愛知県   参加費 無料

多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求を対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

ExcelやAccessを本格データベースにアップするセミナー 東京会場 【ニューコム】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求を対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NewSQL/ NoSQLとRDBを両立する「NewSQL」って何だ?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NewSQL/ NoSQLとRDBを両立する「NewSQL」って何だ?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005304


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ