企業ITの運用思想を変えるBYOXのXとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

企業ITの運用思想を変えるBYOXのXとは?

2013/02/06


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「BYOX」。「BYOD」なら聞いたことがあるけれど「X」って何?実は企業システムの運用思想を「X」が変えてしまうかもしれないのです!

BYOX

※「BYOX/企業ITの運用思想を変えるBYOXのXとは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BYOX/企業ITの運用思想を変えるBYOXのXとは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「BYOX」とは?

 「BYOX」は、モバイルコンピューティングの領域のトレンドである「個人所有の◯◯を業務利用する」ことを指す頭字語。「Bring Your Own "X"」を意味しており、「BYOD」をはじめ同一の性格を持つ各種のITサービスやその利用法、あるいはトレンドそのものを指す。

1-1

「BYO…」の意味は?

 今や流行語のようになった「BYOD(Bring Your Own Device)」とは、少しくだいて訳せば「自分の端末を持ってきて!」という意味。一般的な日本語訳は「私物端末の業務利用」いうことになるが、ニュアンスがどうも違う。日本人にはちょっと分かりにくいこの言い方、そもそもはパーティに参加者がお酒を持ち寄る方式を表す「BYOB(Bring Your Own Booze)」からきているのだそうだ。(Boozeはお酒のこと。ほかにBottleまたはBeer、Beverageとされることもある)。
 欧米ではこの言い回しが好まれているようで「BYO……」という形の頭字語が数十種は簡単に見つかる。しかも例えば「BYOL」のLが“Lunch”、“Laptop”、“Liquor”そして“License”などと多様な意味で使われているので、実際には「BYO……」で表す内容は100や200個ではきかないようだ。その中でも特にIT分野、中でも最近のモバイルコンピューティングの特徴である「コンシューマライゼーション」に関連するトレンドや現象について、特に“BYOX”と呼ぶようになった。

図1 BYOXとは
図1 BYOXとは

 海外では昨年早くも「BYOX」をアイキャッチに使ったモバイルソリューション関連の国際フォーラムが開催されており、既にモバイル領域でのITキーワードとして一定の市民権を得ているようでもある。とはいえしっかりした定義があるわけではないので、単なるバズワードとしてやがて消え去る可能性は否定できないが、いま企業ITに押し寄せている変化の波をうまく表現できる言葉でもあり、少なくとも当面は使いやすいキーワードとして受け入れられていきそうだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/9/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Dyson Supersonic ヘアードライヤー 
●A賞:抽選で1名様
 ASUS エイスース ZenFone 3 ブラック ZE552KL 4GB 64GB (SIMフリー) 
●C賞:抽選で1名様
 SenseAbility Bluetooth Speaker 空中浮遊型Bluetoothスピーカー7色マルチカラータイプ 
●D賞:抽選で3名様
 松阪牛やまと 最高級を手軽に自宅で「松阪牛ギフト券」 
●E賞:抽選で1名様
 サントリー伊右衛門 特茶 500ml×24本

このページの先頭へ

BYOX/企業ITの運用思想を変えるBYOXのXとは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BYOX」関連情報をランダムに表示しています。

BYOX」関連の特集


各社とも捉え方が違うBYODを改めて整理しながら、ワークスタイル変革にBYODが与えるインパクトを考…


「IT資産管理」関連の製品

リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? 【フィールドワン】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢 【ディーアールエス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 活用しないのはもったいない! IT資産管理ツールで企業価値を高める方法

「IT資産管理」関連の特集


仮想化やSaaS型アプリケーションなど企業のインフラが変化しつつある中でIT資産管理ツールはどう活用…



IT担当者308人に緊急調査!「導入状況」や「重視ポイント」、「課題や悩み」として多く寄せられた意見…



「クラウドの利用で資産管理が不要に」という声も? IT資産管理ツールの導入状況を調査した結果をお届け…


「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BYOX/ 企業ITの運用思想を変えるBYOXのXとは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BYOX/ 企業ITの運用思想を変えるBYOXのXとは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005303


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ