この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

スパコン大活躍!宇宙天気予報とは?

2013/01/23


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「宇宙天気予報」。なんと大気圏外にも「天気」があるのです。地上の通信や衛星などに実は大きな影響をもたらしている宇宙天気の変動は、スーパーコンピュータで計算・予測して毎日予報されていました!

宇宙天気予報

※「宇宙天気予報/スパコン大活躍!宇宙天気予報とは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「宇宙天気予報/スパコン大活躍!宇宙天気予報とは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「宇宙天気予報」とは

 宇宙天気予報は、地上から100km以上上空の「天気予報」だ。日本では独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が毎日公表している。対象とするのは「太陽風」。太陽の状態を常時観測し、観測所や探査衛星から得られる膨大なデータをスーパーコンピュータで処理し、地球や人工衛星への影響度合いをシミュレーションして予報を行っている。今年11月、従来のベクトル型スーパーコンピュータを刷新し、最新型のスカラー型スーパーコンピュータに置き換え、約16倍の理論演算性能向上を実現、予報精度の向上とともに1000年に1度の「極端現象(太陽表面の大爆発にともなう各種の影響)」のシミュレートを可能にした。

1-1

専門家が観測結果をもとに予測する「宇宙天気予報」とは?

 「太陽フレアは静かです。太陽風の速度がやや高くなっています。磁気圏は静かです。太陽放射線と放射線帯電子はともに静穏です」。これが毎日公表される「宇宙天気予報」の「概況」だ(図1)。

図1 「宇宙天気予報」のWebページの例
図1 「宇宙天気予報」のWebページの例
http://swc.nict.go.jp/forecast/
資料提供:NICT

 概況の表現はシンプルだが、その意味するところは専門的で奥深い。右の画面のように、観測している主な要素は「太陽フレア」や「黒点」にとどまらず、「太陽風」「磁気圏の乱れ(じょう乱)」「放射線」の大きく5つある。それらのデータを総合してコンピュータで視覚化・シミュレーションを行い、その結果をもとに専門家が議論して予報を作成している。この会議を行っている場所は、NICT内の宇宙天気予報センターだ(図2)。

図2 宇宙天気予報センターでの予報会議の様子
図2 宇宙天気予報センターでの予報会議の様子
資料提供:NICT

 予報センターの室内は畳4畳分以上あろうかという大型ディスプレイなどで3面がほぼ埋め尽くされている。その室内で観測映像と文字データ、グラフ画像などを参照しながら、専門家が意見を述べ合い、予報をまとめていく。全体で30分ほどの会議はほとんどが専門用語ばかりで難解だが、実際の太陽の映像や地球の電離圏の状態のグラフ変化を目の当たりにしながらの会議は、まったく専門外の筆者にも効率的に見えた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で2名様
 ASUS タブレット「ZenPad 10 Z301M-WH16」  
●A賞:抽選で1名様
 ダイソン 空気清浄機能付ヒーター 「HP 00 WS」 
●C賞:抽選で1名様
 Google Home 
●D賞:抽選で1名様
 酒グラスコレクション 冷酒セット(金箔)  
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

宇宙天気予報/スパコン大活躍!宇宙天気予報とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「宇宙天気予報」関連情報をランダムに表示しています。

宇宙天気予報」関連の特集


IT業界の現場を「池澤あやか」が突撃取材し、最新動向をレポート!その技術やソリューションのミライの可…



年に一度の「NICTオープンハウス」に参加!特に「宇宙天気予報」「衛星と地表間の高速光通信」の研究の…


「ビッグデータ」関連の製品

データ分析の遅延が顧客体験の障害に、求められるデータインフラの要件を考える 【インターシステムズジャパン】 オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 IoTアプリ開発に必須の機能を集約、デジタル変革を実現するデータ基盤とは? 【インターシステムズジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
データ分析の遅延が顧客体験の障害に、求められるデータインフラの要件を考える ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 IoTアプリ開発に必須の機能を集約、デジタル変革を実現するデータ基盤とは?

「ビッグデータ」関連の特集


Society 5.0の波に乗る前に、いまあるデータを使えていますか? 意外なところで日本企業のデー…



新たなビジネステクノロジーの1要素としてとらえるべきなのか、企業全体に及ぶ変革なのか。日本企業のIT…



昨年6月、東京理科大学とソフトバンク・テクノロジーがビッグデータを活用した共同研究契約を締結し、解約…


「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

宇宙天気予報/ スパコン大活躍!宇宙天気予報とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「宇宙天気予報/ スパコン大活躍!宇宙天気予報とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005302


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ