この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

データセンタの利用状況

2013/01/29


 キーマンズネットでは、2012年11月6日〜2012年11月13日にかけて「データセンタの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:493)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の54.1%、一般部門が45.9%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは「利用目的」「満足度」「重視ポイント」など、データセンタの利用状況を把握するための質問。その結果、3割以上の企業にデータセンタは利用されており、その内8割超の企業が満足していることが分かった。また、導入予定企業においては、7割以上が「運用コスト」を重視していることが明らかになった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「データセンタ/データセンタの利用状況」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データセンタ/データセンタの利用状況」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

3割がデータセンタ利用済み、1001名以上や流通・サービス業では利用率が5割超

 最初にデータセンタの「利用状況」を尋ねた。その結果、全体で33.9%が「利用済み」で、「(新規で)利用を検討している」は9.2%、「必要性を感じるが利用は検討しない」は25.4%、「必要性を感じない」は31.5%という回答となった(図1)。この結果を従業員規模別に見ると、従業員が多いほどデータセンタの利用率が高く、1001名以上の企業では5割以上が利用していることが分かる。また、業種別に見ると、流通・サービス業全般の利用率が5割を超えるという結果となった。理由としては、流通・サービス業は拠点数が多いことから、各地にサーバを置くより集約型のデータセンタを利用することで効率化を図っていることが考えられる。

図1 データセンタの利用状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 データセンタの利用状況
このページの先頭へ

2

利用目的・利用予定では「事業継続(BCP)」・「災害対策」が共に過半数超え

 次に、データセンタの利用済み・利用予定者を対象に「利用目的」を聞いたところ(図2)、利用済みにおいては、1位は「事業継続(BCP)」で51.1%、2位は「災害対策」で50.4%、3位は「運用負荷軽減」で43.6%、4位は「セキュリティ対策」で42.1%、5位は「24時間監視」で36.8%と続く結果となった。一方、データセンタの利用予定においては、1位は「事業継続(BCP)」で58.9%、2位は「災害対策」で55.4%、3位は「運用負荷軽減」で44.6%、4位は「セキュリティ対策」で32.1%、5位は「データバックアップ」で30.4%と続いた。1位から4位までは順位に変化はなかったが、「利用済み」で9位だった「データバックアップ」が、「利用予定」では5位へと順位を上げる結果となった。
 利用理由をフリーコメントで尋ねたところ、「自社での運用が手狭になったため」「ビジネス拡大のため」といった意見が寄せられた。事業拡大を見据えて、自社内で運用するのが難しいと判断することが、利用目的の1つとなるようだ。

図2 データセンタの利用目的

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 データセンタの利用目的
このページの先頭へ

3

利用予定者は、「保守・障害時のサポート」「回線の容量」をより重視する傾向に

 続いて、データセンタを「利用済み」あるいは「利用予定」と回答した方を対象に、データセンタの「重視ポイント」を尋ねた(図3)。「利用済み」では1位は「運用コスト」で64.5%、2位は「導入コスト」で49.3%、3位は「安全性」で43.5%、4位は「セキュリティ」で36.2%、5位は「立地」で21.7%という結果となった。「利用予定」では、1〜4位までは順位が変わらなかったが、「利用済み」で7位だった「保守・障害時のサポート」が5位へ順位を上げ、同じく10位だった「回線の容量」が6位へ、13位だった「バックアップ用サイトの有無」が10位へと順位を上げる結果となった。この結果から、今後はデータセンタを導入した後の「保守・障害時のサポート」がより重要視されてくることが予測される。また、データセンタを差別化しているポイントが「回線の容量」や「バックアップ用サイトの有無」であることが想定される。これは、ビックデータ等でデータ量が増加したことや、記憶にも新しいクラウドデータセンタでのデータ消失事件により、データバックアップ体制の見直しや保守サポートの必要性が再認識されたことが、影響していると考えられる。

図3 データセンタの重視ポイント

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 データセンタの重視ポイント

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

データセンタ/データセンタの利用状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンタ」関連情報をランダムに表示しています。

データセンタ」関連の製品

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 “攻め”のデータ保護、リソースの無駄を見つけて仮想環境の真価を引き出すには 【Veeam Software japan】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
バックアップツール 統合運用管理 システムインテグレーション
データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか 仮想化によるサーバ集約率が高い環境で、バックアップ処理の負荷が性能を損ねてしまうのはもったいない。トラブルを未然に防ぐ「攻めのデータ保護」はできないだろうか。 「コードによるITインフラの管理」ができると、何がどう変わるのか

データセンタ」関連の特集


今後、法人ユーザのクラウド利用拡大などにともない、SDN製品の導入が進んでいくと考えられる同市場。1…



737万台の出荷台数となった、2014年第2四半期の国内携帯電話。7四半期連続で首位を維持するアップ…



こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。このコラムでは、NRIネットコム株式会社の「Amazo…


データセンタ」関連のセミナー

Japan Enterprise Infrastructure Vision 2017 【IDC Japan】 注目 

開催日 8月3日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

〜柔軟で迅速なITインフラを実現するSoftware-Definedとハイブリッドクラウド〜「ビジネス環境の変化に対応するためのITインフラ改革」をテーマに、デ…

【ハンズオン】富士通PaaS「基幹業務基盤サービス」 【富士通】  

開催日 9月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、あらかじめ用意したアプリケーションを用いて、K5 PaaSの1つである「基幹業務基盤サービス」の中から、適切な実行環境の選択方法、環境の配備、更…

Google Cloud Platform セミナー 【クラウドエース/TOKAIコミュニケーションズ】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

 2016年11月8日、Google Cloud Platformの東京リージョンの開設が発表されました!東京リージョンの開設により、GCPはさらに進化を遂げま…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データセンタ/ データセンタの利用状況」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データセンタ/ データセンタの利用状況」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005289


IT・IT製品TOP > データセンター > その他データセンター関連 > その他データセンター関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ