事例から学ぶ!デスクトップ仮想化最新事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

事例から学ぶ!デスクトップ仮想化最新事情

2013/03/04


 デスクトップ環境に、どこからでも、どんな端末を使っても、同じようにアクセスできるデスクトップ仮想化は、多様化するワークスタイルへの対応という意味だけでなくBCP対策やセキュリティ強化といった点からも注目度の高いソリューションである。しかし、デスクトップ環境を仮想化することによる運用の変化やユーザの使い勝手など、懸念事項も多々あり、導入に踏み切れない企業も少なくない。そこで、今回はデスクトップ仮想化の基本的な知識を今一度詳しく解説しながら、導入判断に役立つ情報をお届けする。

デスクトップ仮想化

※「デスクトップ仮想化/事例から学ぶ!デスクトップ仮想化最新事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「デスクトップ仮想化/事例から学ぶ!デスクトップ仮想化最新事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

デスクトップ仮想化とは?

 デスクトップ仮想化とは、サーバ上に仮想化したクライアントOSを集約し、ユーザはさまざまなデバイスから、LAN やインターネットなどのネットワーク経由で仮想クライアントOSを利用できる仕組みのことだ。キーボードやマウスの操作に応じて、サーバ上で実行されている仮想クライアント OS の画面情報が手元のデバイスに転送され、ローカル環境と同じようにデスクトップを操作できる。Virtual Desktop Infrastructure (VDI) あるいはクライアント仮想化とも呼ばれている。また、シンクライアントも同義語として使われている。さらに、厳密にこの定義に合致していなくても「離れた場所からローカル環境と同じようにデスクトップを操作できる」ソリューションの大半もデスクトップ仮想化と呼ばれている。
 図1に代表的なデスクトップ仮想化(仮想PC型)のシステム構成例を示す。まず、ユーザはクライアントデバイス(会社のラップトップ、自宅の PC、シンクライアントデバイス、Mac、スマートフォン、タブレットなど)を使って仲介役のコネクションブローカーにアクセスする。すると、コネクションブローカーはユーザ認証を行い、適切な仮想クライアントOS(仮想マシン)に接続要求を送信する。そしてユーザに特定のデスクトップ環境に対するアクセスを許可する。その結果、ユーザは画面転送プロトコル(後述)を使って、仮想インフラ上に構築されているパーソナライズされた自分の仮想デスクトップにアクセスできる。

図1 デスクトップ仮想化のシステム構成例(仮想PC型の場合)
図1 デスクトップ仮想化のシステム構成例(仮想PC型の場合)
ユーザは手元の端末からクライアントソフトを起動してコネクションブローカーにログインするだけで、サーバ上でホストされているデスクトップ環境にアクセスできる。
■デスクトップ仮想化の実現方式

 現在、デスクトップ仮想化は図1で紹介した「仮想PC型」以外にも複数の実現方式が提供されている。例えば、シトリックス・システムズのXenDesktopでは、図2に示すような複数の実現方式を提供している。

図2 デスクトップ仮想化の実現方式
図2 デスクトップ仮想化の実現方式
資料提供:シトリックス・システムズ・ジャパン
サーバ共有デスクトップ型

 この方式は、従来から提供されてきた典型的なシンクライアントソリューションで、サーバ上で複数のデスクトップセッションをホストし、実行した画面イメージを任意のクライアントデバイスへ配信する。つまり、1つのサーバOS環境を複数ユーザで共有するスタイルだ。

仮想PC型

 この方式は、図1で説明したように、サーバの仮想マシン上でデスクトップOSをホストし、実行した画面イメージを任意のクライアントデバイスへ配信する。つまり、1ユーザごとに1つのデスクトップOSが割り当てられ、コンピュータリソースはサーバ側のものを使うスタイルだ。

リモートPC型

 この方式は、サーバやストレージを追加して仮想デスクトップ環境を構築することなく、どのデバイスからでもオフィスPC内のアプリケーションやデータへ高速・安全にリモートアクセスできるものだ。

ネットブート型

  この方式は、サーバ上にクライアントOSイメージを格納しておき、クライアントデバイスを起動するときにネットワークを通じてブートする。コンピュータリソースはクライアントデバイス側のものを使うスタイルだ。

クライアントハイパーバイザー型

 この方式は、クライアントデバイスにハイパーバイザを導入して仮想マシンを使えるようにする。つまり、1人で複数のクライアントOSを切り替えて使うスタイルだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

デスクトップ仮想化/事例から学ぶ!デスクトップ仮想化最新事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「デスクトップ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

デスクトップ仮想化」関連の製品

PAS-K シリーズ 【パイオリンク】 1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】 ITマネージドサービスで成功するプロバイダー選びの「10の条件」 【日本アイ・ビー・エム】
ADC/ロードバランサ VDI 運用系業務アウトソーシング
PAS-Kシリーズは、負荷分散機能とセキュリティのための高性能処理、及び、拡張性を高めるために設計されたアドバンストADC製品。 ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。 IT部門がマネージド・サービスを採用すべき理由と具体的な選び方

デスクトップ仮想化」関連の特集


時間や場所を問わない協業や連携を可能とし、リアルタイムのコミュニケーションを実現するコラボレーション…



2011年度92億円規模に達する仮想デスクトップ市場。サーバ仮想化に続き同仮想化を検討するユーザが増…



2007年対比8.2%増の12万2500台、金額も10.3%増の62.1億円と成長著しい「シンクライ…


「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

デスクトップ仮想化/ 事例から学ぶ!デスクトップ仮想化最新事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「デスクトップ仮想化/ 事例から学ぶ!デスクトップ仮想化最新事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005284


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ