ここまで分かる!最新”クラウドBI”事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

ここまで分かる!最新”クラウドBI”事情

2013/02/04


 企業内に設置された各種サーバや、インターネットなどのサイバースペースに蓄えられた情報を収集し、企業の意思決定に役立つ情報を作り出すビジネスインテリジェンス(BI:Business Intelligence)ツール。多くの企業でBIツールを用いたデータ分析が盛んに行われており、最近ではクラウド上への展開も進められるなど簡便に活用できるサービスも登場してきている。そこで今回は、BIツールの最新事情を概観しながら、クラウド上に展開する“クラウドBI”の動向について見ていきたい。

BI

※「BI/ここまで分かる!最新”クラウドBI”事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BI/ここまで分かる!最新”クラウドBI”事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

BIツールの基礎知識

■BIとは何か?

 財務諸表を作成するための会計システムや販売状況を把握するための販売管理システム、顧客との接点を円滑にするためのCRMシステム、Webサーバ上に展開されているホームページ、店舗に設置されたPOSシステム・・・企業では様々な業務システムが活用されており、日々情報が蓄積され続けている。これら業務システムに蓄えられた情報を分析し、必要に応じて“見える化”するための手法がビジネスインテリジェンス(BI)であり、それを具現化するための手段がBIツールだ。BIツールを活用することで、意思決定が必要な経営者や管理者に対して判断基準となりうる情報を提供することが可能になる。

図1 BIによる“見える化”
図1 BIによる“見える化”
資料提供:NTTソフトウェア

 もちろん、BIツールを用いた分析は経営層だけにメリットをもたらすものではない。例えば店舗の現場であればPOSデータを分析することで購買行動を予測し最適な発注につなげることができるし、商品開発の現場では顧客の傾向を分析することで今後の商品開発の方向性を仮説づけることも可能だ。Webサイトのログを分析することで訪問者を増やすキャンペーンを立案する際の判断基準の1つとなるなど、様々な業務に活かすためのデータ分析にBIツールが役立つことになる。

■BIツールの範囲とその基本機能

 BIという手法を用いて分析を行うためには、様々なツールが必要となる。データの収集時に利用される「ETLツール」や、集まったデータを格納する「DWH(データウェアハウス)」、ドリルダウンやスライシングなど多次元分析を行う「OLAPツール」、回帰分析などのアルゴリズムを用いて相関関係などを導き出す「データマイニング」、見やすい形に加工して表示する「レポーティングツール」などがデータ分析には必要だ。ベンダによってその提供範囲は異なっており、全体をBIソリューションとして提供しているベンダもあれば、分析機能を中心に提供しているベンダもある。一口にBIツールといっても含まれる範囲が異なるので注意したい。

図2 BIソリューションの全体像
図2 BIソリューションの全体像

 なお、一般的な手順としては、各業務システム内に格納されたデータをETLツールによって抽出し、必要な形に変換(データクレンジング)をしたのちにデータをDWHに格納、このデータをもとにOLAPツールなどで分析を行い、データを最適な形でレポーティングすることになる。

■分析機能

 BIツールのもっとも基本的な機能に分析機能がある。ドリルダウンやドリルアップ、特定の値でデータの絞り込みを行うスライシング、情報の入れ替えを行うことで分析角度を変えるダイシングなどの基本的な機能はもちろん、ディシジョンツリーや回帰分析などのアルゴリズムを用いて相関関係などを導き出すデータマイニングなどの機能が備わっている。

■レポーティング・ダッシュボード機能

 分析結果をわかりやすく表示する機能で、最近ではスマートデバイスへの対応が進んでいる。特にモバイル環境では「分析するためのBI」から「見せるためのBI」としての役割が求められており、数字を選択することでグラフィカルに表示が入れ替わるなど、客先や会議中であってもリアルタイムに必要な情報が手に入るようになっている。例えば、部門別の月次損益情報を可視化できる経営管理ダッシュボード画面では、売上や販売費、研究費などを選択することでリアルタイムに折れ線グラフを変化させることが可能であり、保全工事業務に関するダッシュボード画面では、地域ごとにタブを切り替えるだけで実際の粗利率や原価集計を確認することができる。ダッシュボードの表現力は選択の重要なポイントになってくる部分だ。

図3-1 ダッシュボード画面例
図3-1 ダッシュボード画面例
資料提供:SAPジャパン

+拡大

図3-2 ダッシュボード画面例
図3-2 ダッシュボード画面例
資料提供:SAPジャパン

+拡大


■その他注目の機能:コミュニケーション機能

 意思決定の迅速化に大きく貢献しているBIツールだが、情報を共有しながら議論をツール上で行うことが可能な「コミュニケーション機能」を持った製品も登場している。意思決定に至る過程をタイムラインのように書き込むことで、なぜその結論に至ったのかがしっかりと記録できるようになる。BIツールにもソーシャル機能が搭載され始めているのだ。

図4 コミュニケーション機能
図4 コミュニケーション機能
資料提供:NTTソフトウェア

+拡大

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

BI/ここまで分かる!最新”クラウドBI”事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】
BI BI ビッグデータ
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。

BI」関連の特集


オープンデータ/ビッグデータの活用においては、自治体の動きにも注目が集まっている。他自治体や企業との…



富士通では、ビッグデータを活用したマーケティング領域の事業で、電通と協業していくと発表した。共同コン…



 今回は前回(第2回)に引続き、第1回で紹介した総務省が2012年4月27日に開催した「情報通信審議…


BI」関連のセミナー

【名古屋】業績不振の原因究明!Qlik Senseデータ分析セミナー 【グランバレイ】  

開催日 1月22日(月),1月29日(月),2月5日(月),2月19日(月),3月5日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

経済産業省が昨年12月に実施した製造業の調査では、2/3の企業が製造現場で何らかデータを収集をしております。この収集データを基にした販売や製造管理の「見える化」…

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 1月23日(火),2月8日(木),2月20日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

2時間で覚えるBIツール!QlikView無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 1月16日(火),1月30日(火),2月13日(火),3月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

QlikViewは多彩なユーザーインターフェースと連想技術により、現場のビジネスユーザーが社内外のデータをご自身で分析を行うためのセルフサービスBIツールです。…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BI/ ここまで分かる!最新”クラウドBI”事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BI/ ここまで分かる!最新”クラウドBI”事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30005280


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ