ファジングツールごとの違いをおさえよう

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    勝海 直人
    Katsumi Naoto
    (独)情報処理推進機構 情報セキュリティ技術ラボラトリー
    情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づく脆弱性関連情報業務、「Web Application Firewall(WAF)読本」などの執筆等を経て、現在「脆弱性検出の普及活動」に従事。
2012/12/18
ファジングツールごとの違いをおさえよう

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「ファジングツールごとの違いをおさえよう」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


ファジング/ファジングツールごとの違いをおさえよう」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファジング」関連情報をランダムに表示しています。

ファジング」関連の特集


  2012年3月27日、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)ではブロードバンドルータを対象とし…



 本連載の最終回である本記事では、大手ソフトウェア企業のファジング活用事例とIPAにおける「脆弱性検…



 IPAセキュリティセンターでは、2011年1月27日に学習教材と演習環境をセットにした「脆弱性体験…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 【富士通株式会社】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 水道事業や教育、高速バスなど独自性の高い現場に刺さったITツールとは? 【富士通】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
セキュリティからビジネス価値を生み出す、新たな人材像とは 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 水道事業や教育、高速バスなど独自性の高い現場に刺さったITツールとは?

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 今日、スマートカードは、ICカードとも呼ばれ、IT社会のインフラの1つとして重要な役割を担っている…



 今回は、前回に引き続き、セキュリティ・ゲートウェイを活用するための、セキュリティ要件や運用要件につ…



 パソコンのようにユーザ自身がセキュリティ対策を選べる、言い換えればユーザにセキュリティ対策の責任が…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005251


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ