この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

SMBの勤怠・就業管理

2012/12/04


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ノークリサーチの情報を元に、SMBの勤怠・就業管理のシェア情報をご紹介しよう。

 ノークリサーチの調べによれば、2012年8月時点のSMB(年商500億円未満の国内中堅/中小企業)の勤怠・就業管理システム市場でユーザ企業に重要視された評価項目は、“他システムとの連携手段が整っているか”、“機能が足りているか”、“初めての利用者もすぐに操作を習得できるか”であった。
 これは、勤怠・就業管理システムは給与管理システムや人事管理システムに対して勤怠状況を提供する役割を担うため、また、様々な勤務体系に対応できる機能の豊富さやパートタイムも含めた初心者でもすぐに利用できることも重要であるためと見られる。
 市場占有率(導入社数ベース)を見ると、2011年の調査ではOBCが提供する「就業奉行(21/iシリーズ)」、アマノの「TimePro」シリーズ、OSKの「SMILE」シリーズの順であったが、2012年はOBCが14.6%で1位、OSKとアマノが10.7%で同率2位となっている。これら3製品の合計シェアは2011年の23.8%から2012年には36.0%と増えている。
 導入済みのシステムの利用端末環境は、“スマートフォン”は4.8%、“タブレット型端末”は3.3%と、全体に占める割合はまだわずかに留まっているが、ワークスタイルの多様化に対応するためのスマートデバイス活用は検討する価値があると見られる。
 また同市場において、“法制度や自社の評価制度への対応”や“他システムとの連携”といったニーズは、年商規模によらず、今後も重視されていくと見られる。

SMBの勤怠・就業管理シェア

SMBの勤怠・就業管理シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

勤怠/「SMBの勤怠・就業管理」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠」関連の製品

MajorFlowクラウド 【パナソニック ネットソリューションズ】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】
グループウェア 勤怠管理システム 特定業種向けシステム
会計ソフトやグループウェアと連携して、経費精算や出退勤打刻の機能を提供。経理や人事の作業負担軽減を実現しつつ、現場社員や経営層にも役立つ機能も搭載。 ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。

勤怠」関連の特集


業務効率化や内部統制対応に不可欠なワークフローツール。その仕組みと導入メリットを、基礎の基礎から徹底…



 こんにちは。カウンセラーの咲江です。 キーマンズネット・コラム記事3回に渡って2015年12月より…



働き方の選択肢が増えた一方で、管理側からすると多様な雇用形態の従業員管理で負荷が増し、計算などが複雑…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠/ 「SMBの勤怠・就業管理」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠/ 「SMBの勤怠・就業管理」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005243


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ