この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/11/12

ザ・キーマンインタビュー Windows Server 2012の有効な使い方とは

Windows Server 2012はクラウドOSであり、しかも、仮想化技術による高度な機能も多数搭載している。そう聞くと、やはり大企業や、クラウドへ先進的に取り組んでいる企業でなければ導入価値はないと考えるかもしれない。実際のところ、すべての企業に導入価値はあるのか否か。幅広い規模・業種の顧客企業を抱える大塚商会 MSソリューショングループの下條洋永氏と大西勝正氏にお話を伺った。

株式会社大塚商会 企業サイトへ

大西 勝正 氏(左)、下條 洋永 氏(右)

マーケティング本部
MSソリューショングループ 課長
下條 洋永 氏

マーケティング本部
MSソリューショングループ 主任
大西 勝正 氏

仮想化のメリットをより身近にし、クラウドレディな環境を構築しておける

Question

貴社ではマイクロソフト認定ゴールドパートナー、認定コンサルティングパートナーとして、マイクロソフト製品の販売・導入支援などを手がけていますが、その立場から見て、Windows Server 2012に対してどのような印象をお持ちでしょうか?

Answer

株式会社大塚商会:下條 洋永 氏

【下條】仮想化対応という点に関しては、しっかりと基盤に盛り込まれたかたちになっており、様々な意味で進んでいるOSだと言えます。クラウドOSともうたわれていますが、大きな流れとしては、その方向に向かっていくことは間違いないでしょう。これを受けて、弊社としても中小企業のお客様なども含む幅広い企業に対して、システムというものをハードウェアと切り離したかたちで組んでおきましょう、VHD(仮想ディスク)ベースでの運用を行っていきましょうという提案を進めやすい環境が整ったと考えています。

 例えば、極端な話をすれば、単機能としてサーバ1台が必要なお客様に対して、直接システムを載せるのではなく仮想環境として実装させましょうという提案を行うことは難しいですし、無理やりな印象が否めないかもしれません。少なくともこれまでは、実際問題としてあまり意味のないことだったと思います。しかし、Windows Server 2012の登場で、そうした状況に変化が生まれるのではないかということです。運用管理の効率化などを目的に、システムをデータセンタなどのクラウド環境上へ臨機応変に移動させる。あるいは、バックアップ目的で、データだけではなくシステム自体をレプリケーション(複製)する。そうした仮想化によるメリットを、より身近にしてくれるサーバOSだと言えるのではないでしょうか。

 【大西】仮想化技術、つまりHyper-Vについては大幅に進化したと感じます。Windows Serverが本格的にクラウドOSとして使われるようになるのは、もう少し先になるだろうと思いますが、今回は仮想化からクラウド化へと推進していくための1つのステップとして、完全な仮想OSが実現されています。クラウドレディな環境を構築できるOSとして、来たるべきクラウド全盛時代へとつなげるための重要な役割を果たすことは間違いないでしょう。ですから、先ほど下條からも話が出ましたが、Windows Server 2012が登場したことで、サーバ1台、2台といった、あえて仮想化を行わなくてもいい環境においても、「この機会に仮想化を進めておこう」という機運が自然に高まるのではないかと思います。そうすることで、運用管理やバックアップという点でメリットが得られるだけではなく、ハードウェアのサポート切れ、物理的な寿命といったことに阻害されることなく、安定してシステムを利用していくことが可能になるわけですから。

Question

仮想化技術以外の機能に関してはいかがでしょうか?

Answer

【大西】Windows Server 2008 R2から一新されたというよりは、延長線上に位置しつつ、機能向上が図られたという印象でしょうか。同じことを行うにしてもパフォーマンスがよくなっているとか、操作が簡単になって使いやすくなったとか、そんな分かりやすいバージョンアップだというイメージでとらえています。


このページの先頭へ

これまでは製品追加が必須だった高度な機能もサーバOSで気軽に“試せる”

Question

Windows Server 2012では、仮想化技術、つまりHyper-Vの強化以外にも、ストレージの仮想化や重複削除、ネットワークの仮想化、レプリケーションによる事業継続対策など、これまでサードパーティ製品でカバーしていたような機能まで搭載しています。貴社は、マイクロソフト製品以外も含めて、様々な企業向けソリューション/ソフトウェアなどを提供するITベンダでもありますが、こうした機能拡張に関しては、どのようにとらえていますか?

Answer

株式会社大塚商会:大西 勝正 氏

【大西】たしかに、従来はハードウェアによって実現していた部分なども含めて、OSの標準機能としてカバーされているところはあるかと思います。ただ、やはり、パフォーマンスなど、サードパーティ製品で既に提供されている機能のほうが優れている場合が多いということも事実ではないでしょうか。ですから、これまでは本格的な製品を導入しなければ実現できなかったことが、OSだけでもひとまずまかなえるようになったと認識すべきだと考えています。つまり、競合ではなく住み分けできるものですし、逆に、お客様の選択肢が増えるという意味合いもあるかと思います。

 また、ストレージやネットワークの仮想化、レプリケーションといったことに馴染みのない企業などでは、まずはWindows Server 2012の機能だけで実現し、効果を検証してみるという使い方ができるという点で非常に有用だと考えます。その上で、機能としての必要性を感じていただき、更に、より高い効果を求めたい、パフォーマンスを高めたいという意向があれば、専用ハードウェアなどの導入を提案するということにもつながってくるかと期待しています。

Question

貴社では幅広い規模・業種の顧客を抱えているかと存じますが、クラウド/仮想化の普及などを受けて、現在、サーバOSに対してどういった意識・ニーズを持っていると感じますか?

Answer

【下條】実際には「こういう新しい機能が必要だ」というニーズよりは、むしろ、既に有用な標準機能が揃っているにもかかわらず、まだまだ使われていないものがあると感じることのほうが多いですね。例えば、前バージョンのWindows Server 2008 R2でも、ネットワーク上で接続または通信を試みるクライアント コンピューターを監視・評価する「ネットワーク アクセス保護(NAP)」、Windows 7/8を搭載したモバイルPCをインターネットに接続するだけで、社内ネットワーク接続時と同様の環境を実現できる「DirectAccess」などが使えるようになりました。ただ、Excelなどでも同様ですが、何か画期的な機能が追加されたとしても、ユーザの方が日常的な業務の中で急に使い出してくれるわけではありません。新バージョンに搭載された機能を使えば、業務のしかたが新しくなる、作業が楽になるということが、そもそも認識されていないというケースも多いのです。

 今回のWindows Server 2012でもかなり数多くの機能が追加されましたが、やはり同様のことが言えるでしょう。ですから弊社としても、気づきを与える、有効な使い方を提案するといったことに、今まで以上に取り組んでいかなければならないと感じています。例えば、明確な1つの目的を持ってWindows Server 2012を導入されるお客様に対しても、その機能だけでとどめるのではなく、Windows Server 2012の標準機能だけで実はこういう用途にも使えますよといった提案を積極的に行うというかたちですね。


このページの先頭へ

すべてを使いこなさなくとも、複数の用途で活用できれば価値は十分に感じられる

Question

貴社では、DirectAccess導入支援サービス、ネットワーク アクセス保護(NAP)構築サービス、ファイルサーバリフォーム支援サービスなどを既に提供していますが、こうした数多くのWindows Server 2012関連サービスを通じて、有効活用を提案していくということですよね?

Answer

株式会社大塚商会:下條 洋永 氏、大西 勝正 氏

【下條】バージョンアップ時に限らず、こうしたサービス、あるいはセミナー開催などを通じて、Windows Serverの有効活用でお客様にメリットを実感していただくということは常に取り組んでおかねばならないと考えています。Windows Server 2012の参考価格は、Datacenterエディションの場合で92万5000円となっていますが、100万円以下のサーバOSでこれだけの機能を揃えているのは、ある意味で驚くべきことだと言えます。しかし、それも「きちんと使えば」という前提があってこそです。もちろん、すべての機能を使い尽くすことは難しいでしょうし、その必要もありませんが、特定の用途だけではなく、導入企業に有効な用途を複数提案することができれば、お客様にも100万円以上の価値を十分に感じていただけるでしょう。

 【大西】具体的には、Windows Server 2012への移行を提案する際には、先ほどもお話したようにこれを機に仮想化を進めましょう、そのためのアセスメントを実施してみませんかというアプローチを行ったり、あるいは、まずActive Directoryの有効活用を一度見直してみましょう、一緒に考えましょうという複合的な提案を中心に実施していければと考えています。


●ありがとうございました。


取材協力

株式会社大塚商会 企業サイトへ

「システムインテグレーション事業」と「サービス&サポート事業」を柱に、ビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションを、顧客企業の立場に立った最善の解決策として提供。特定のメーカーに縛られることなく、コンピュータ・サーバ・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器や各種ソフトウェアを組み合わせ、「ワンストップソリューション」として提案している。


このページの先頭へ



◆関連記事を探す

Windows/Windows Server 2012の有効な使い方とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Windows」関連情報をランダムに表示しています。

Windows」関連の製品

大企業・中堅企業向け エンタープライズ ワークフロー MAJOR FLOW Z 【パナソニック ネットソリューションズ】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】 Trend Micro Mobile Security 【ソフトバンク コマース&サービス】
ワークフロー ワークフロー MDM
申請処理を始め、あらゆる業務プロセス処理の基盤に活用することができるワークフローソフトウェア。多彩な外部システムとの連携も可能。 サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。 ウイルス、スパイウェア、不正アクセスなどの脅威防止に加え、認証&暗号化技術で紛失・盗難時の情報漏洩えいを防ぐ、スマートフォン総合セキュリティ製品。

Windows」関連の特集


進化途上のスマートフォン。Windows Phone 7端末の登場や、個人所有の端末活用に注目が集ま…



2015年7月14日に迎えるWindowsServer2003のサポート切れ。WindowsServ…



 バックアップの目的は物理環境でも仮想環境でも同一です。それなのに、物理環境と仮想環境とでバックアッ…


Windows」関連のセミナー

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月5日(水)   開催地 石川県   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月24日(月)   開催地 香川県   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月18日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005240


IT・IT製品TOP > Windows Server 2012 > サーバー > Windows > WindowsのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ