ソースコードセキュリティ検査の概要と特長

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    亀山 友彦
    Kameyama Tomohiko
    (独)情報処理推進機構
    情報セキュリティ技術ラボラトリー所属。脆弱性に関するシステムの運用やシステム開発の業務などを行い、脆弱性対策の普及活動に従事。
2012/11/20
ソースコードセキュリティ検査の概要と特長

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「ソースコードセキュリティ検査の概要と特長」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


脆弱性対策/ソースコードセキュリティ検査の概要と特長」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「脆弱性対策」関連情報をランダムに表示しています。

脆弱性対策」関連の製品

クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell 【NEC】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】 シマンテック クラウド型WAF 【ソフトバンク コマース&サービス】
WAF IT資産管理 WAF
InfoCage SiteShellはWebサーバにインストールするソフトウェア型とWAF専用サーバのネットワーク型のどちらの形態でも導入可能。クラウド環境(IaaS)にも対応。 Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。 WebサイトやWebアプリケーションを改修することなく脆弱性の対策を実施可能なSaaS/ASP型WAF(Web Application Firewall)。

脆弱性対策」関連の特集


 前回は、今後市場が急速に拡大していくことが予想される情報家電のセキュリティにおける課題について説明…



 最終回の本号では、実際にSaaS型WAFサービスの導入手順を説明することで、具体的なイメージを持っ…



前回は、脆弱性対策が必要な現状と「AppGoat」の概要と特徴について紹介した。今回は実際にAppG…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005233


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ