売値800億円のアプリを開発した天才の素顔

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/12/07
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#167「Instagram」を独学で開発、10億ドルで即売却! 〜ケヴィン・シストロム

 2012年4月、FacebookがInstagramを10億ドルで買収するというニュースが流れ、IT業界がどよめいた。今のところ、FacebookのサービスとInstagramのサービスが統合されてはおらず、それぞれ独立して提供されている。今回のキーマンは、そのInstagramの開発者であり創業者であるケヴィン・シストロム氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

 ケヴィン・シストロムは1983年、アメリカにて誕生した。驚くべきことに、2歳の頃からプログラミングを始めたのだという。しかしプログラミングはあくまで独学だったそうだ。高校卒業後はスタンフォード大学へ進学する。大学では当初、コンピュータサイエンスを専攻し、さらにプログラムを学ぶか……と思われたのだが、途中から経営科学・経営工学専攻に転じた。最終的に2006年、経営科学・経営工学の理学修士号を取得して同大学を修了したシストロムなのだった。

 シストロムはコンピュータプログラミングに潜在的な興味を持っていたが、写真にも大きな興味を持っていた。そのため、大学を卒業したあと、単身イタリアのフィレンツェへ渡る。写真を勉強するためである。しかし、十分に技術が発展しているこのデジタル写真全盛時に、シストロムが深く惹かれたのは、インスタントカメラやトイカメラを使ったときに撮影できる、レトロ感あふれる、暖かみのある写真だった。

ケヴィン・シストロム氏
1983年
アメリカにて誕生。2歳の頃からプログラミングを始める。
2006年
スタンフォード大学を卒業。
2010年
Twitter社、Google社などを経て独立。Instagramを開発。
2011年
Instagram、開発1年で500万ユーザを突破。
2012年
InstagramをFacebookに売却。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 「Instagram」を独学で開発、10億ドルで即売却! 〜ケヴィン・シストロム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 「Instagram」を独学で開発、10億ドルで即売却! 〜ケヴィン・シストロム」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30005208



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ