借金返済の為IBM入社もコンパイラの女王へ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/11/30
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#166偶然入ったIT業界、女性初のチューリング賞受賞!〜フランシス・E・アレン

 ITの歴史の中で、女性エンジニアの存在は必ずしも多くはない。しかし、時折登場するそうした女性エンジニアの功績というものは、とても輝いて歴史に残っていることが多い。今回紹介するキーマンは、女性として初のチューリング賞を受賞したフランシス・E・アレン氏(以下敬称略)を紹介しよう。

 フランシス・E・アレンは、1932年にアメリカ・ニューヨーク州にて誕生した。生まれは農家だったが、運良く勉強する機会に恵まれたようだ。中高と普通に学び、ニューヨーク州立師範学校(現ニューヨーク州立大学アルバニー校)へと入学した。大学では数学を学び、1954年に学士号を取得したのと、ミシガン大学へ進学。1957年、同大学で数学の修士号を取得したあと、ニューヨーク州の教員として採用された。

 ところがここでアレンの人生を大きく左右する出来事が起こる。貧しい農家の出身だったアレンがこれまで学んでこられたのは、すべて奨学金のおかげだった。大学を卒業して教員となったアレンはその給与で奨学金を返済しようとしたのだが、思ったよりも薄給だった。奨学金を返していくとなると生活が成り立たない。そこでわずか数カ月でいったん教員を休業し、給与の高い一般企業への就職を試みたのだ。そして当時もイケイケだった大企業、IBMの求人が彼女の目にとまった。給与もそこそこだ。

フランシス・E・アレン氏
1932年
アメリカ・ニューヨーク州にて誕生。
1957年
ミシガン大学を卒業後、教員を経てIBMへ入社。
1960年
コンパイラに関する初の論文を発表
1989年
女性初のIBMフェローに。
1997年
WITI殿堂入り。
2002年
IBMを退社。
2006年
女性初のチューリング賞受賞。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 偶然入ったIT業界、女性初のチューリング賞受賞!〜フランシス・E・アレン」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 偶然入ったIT業界、女性初のチューリング賞受賞!〜フランシス・E・アレン」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30005207



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ