日本が誇る天才!Rubyに込めた意味とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/11/22
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#165世界にとどろく国産プログラミング言語「Ruby」の父 〜まつもとゆきひろ氏

 数あるプログラミング言語の中でも、日本人が開発者というものはとても少ない。今回紹介するキーマンは、国産プログラミング言語でありながら、世界中で支持されている「Ruby」の開発者である日本人、まつもとゆきひろ氏(以下敬称略)である。

 まつもとゆきひろ(漢字表記は松本 行弘だが、一般的にはひらがな表記されている)は1965年、大阪にて誕生した。4歳の頃、両親の転勤で鳥取県米子市へ転居したが、そのとき住んだ自宅が、書店の目前だったのだそうだ。幼いまつもとは、そんな目と鼻の先の書店に入り浸った。要は立ち読みの常連として通い詰めたのだという。昨今ほど書店での立ち読みが拒まれることはなかった時代だったのだろう。かれはそこで書籍や雑誌を読むことで、膨大な基礎知識を得たようだ。

 まつもとにとって、1つのターニングポイントが訪れる。小学校6年生の頃、父親が買ってきたマイコンキット・パナファコム「L-kit16」だ。1977年に発売された、いわゆる「ワンボードマイコン」であるL-kit16は、16ビットCPUを搭載し、アセンブラ言語が使えた。それでコンピュータプログラミング基礎を学んだまつもとなのだった。

まつもとゆきひろ氏
1965年
大阪にて誕生。
1980年
ポケットコンピュータ「PC-1210」を父親から与えられる。
1984年
筑波大学へ進学。
1990年
オリジナルプログラミング言語の開発を開始。
1993年
Rubyの開発に成功。
1995年年
Rubyの初バージョンを公開。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 世界にとどろく国産プログラミング言語「Ruby」の父 〜まつもとゆきひろ氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 世界にとどろく国産プログラミング言語「Ruby」の父 〜まつもとゆきひろ氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30005206



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ