ジョブズ2世、ツイッターの次は世界制覇?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/10/05
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#158ユーザのおかげで大サービスに! Twitterの父 〜ジャック・ドーシー氏

 今日も、休憩時間のPCから、または移動中のスマホやケータイから「ツイート」した人は少なくないだろう。日本におけるTwitterユーザーは軽く2000万人を超えるとされているから(正式な発表はされていない)、かなりのユーザがTwitterで日々ツイートしているのは間違いない。今回紹介するキーマンは、そんなTwitterの開発者であるジャック・ドーシー氏(以下敬称略)である。

 ジャック・ドーシーは、アメリカ・ミズーリ州にて1976年に誕生した。幼少の頃からコンピュータとプログラミングに興味を持っていたようで、14歳のとき、タクシー会社の配車システムをプログラミングした。各タクシーの位置や実車状況などをリアルタイムで把握し、タクシー会社の制御室と各タクシーへ発信する。オープンソースで公開されたそのプログラムは、いまでもアメリカの多くのタクシー会社で使われているのだという。

 その後ドーシーはミズーリ工科大学へ進学したあと、ニューヨーク大学へ転籍。大学在籍中に、すでに「Twitter」のアイディアを思いついていたものの、実現するには至らなかった。大学を卒業すると、プログラマーとして働き始めるが、しばらくしてカリフォルニア州へと拠点を移すこととなった。

ジャック・ドーシー氏
1976年
アメリカ・ミズーリ州にて誕生。
1980年
14歳のとき、タクシー配車システムを開発。
2000年
初めての起業。
2006年
Twitterを開発。
2009年
新サービス「Square」を開発。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ ユーザのおかげで大サービスに! Twitterの父 〜ジャック・ドーシー氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ ユーザのおかげで大サービスに! Twitterの父 〜ジャック・ドーシー氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30005198



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ