地方公共団体のための脆弱性対応ガイド

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    渡辺 貴仁
    Watanabe Takahito
    (独)情報処理推進機構
    (株)ラックで、制御系・組込み系からシステム開発まで15年間ソフトウェア開発に従事。13年前からコンピュータセキュリティ技術者として活動。7年前からIPAで脆弱性対策を中心とした普及・啓発業務に従事。
2012/10/23
地方公共団体のための脆弱性対応ガイド

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「地方公共団体のための脆弱性対応ガイド」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


脆弱性/地方公共団体のための脆弱性対応ガイド」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「脆弱性」関連情報をランダムに表示しています。

脆弱性」関連の製品

Webの安全性を評価する脆弱性診断サービス「SecurityBlanket」とは 【M&K】 クラウド型WAF「攻撃遮断くん」 【サイバーセキュリティクラウド】 クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell 【NEC】
セキュリティ診断 WAF WAF
Webの安全性を評価する脆弱性診断サービス「SecurityBlanket」とは 情報漏えいを狙った脆弱性への攻撃や、DDoS攻撃によるサービス停止を防止するクラウド型WAF。導入サイト数は3000を超え、クラウド国内トップクラスの導入実績。 InfoCage SiteShellはWebサーバにインストールするソフトウェア型とWAF専用サーバのネットワーク型のどちらの形態でも導入可能。クラウド環境(IaaS)にも対応。

脆弱性」関連の特集


無線LANは普及したが、セキュリティ対策はどうだろうか?多くの企業で時代遅れな“常識”を信じていない…



エンドユーザのセキュリティに対する意識の現状と意識を高めるための方策をご紹介。業務部門に「守れる」ル…



日本のソフトウェア違法コピーによる経済的損失は昨年度約1500億円。十分な管理がなされていないと気付…


脆弱性」関連のセミナー

有名企業のメールセキュリティ事故事例詳細解説 【日本電気】  

開催日 3月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、企業・団体が受けたメールを利用した攻撃被害がニュースを賑わらせておりますが、報道発表されるのは氷山の一角であり、実際は多くの企業・団体が攻撃被害を受けてい…

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 2月19日(月),5月11日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

アプリケーション脆弱性診断ツールAppScan Sourceハンズオン 【テクマトリックス】  

開催日 3月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Webの脆弱性を突いたサイバー攻撃による個人情報流出などの事故が後を絶たず、アプリケーションのセキュリティ対策は" 待ったなし" の状況と言えます。 この対策の…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005184


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ