この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

DWHアプライアンス

2012/10/30


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、DWHアプライアンスのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2011年度のDWHアプライアンスの国内市場はライセンス料とサポート料の合計で118億円であった。
 DWHに対する需要は基幹系データベースに比べ景気に左右されやすく、2011年度は景気回復とともに投資が増える結果となった。リーマンショック以前からDWHを構築していた企業において、増加するビジネスデータの処理スピード向上のため新しいアプライアンス製品を用いたDWHの再構築案件が拡大するなどして、2011年度の市場規模が拡大している。
 市場占有率(金額ベース)を見ると、1位のベンダは41.5%。同社の全社的なDWH構築製品、また特定業務のビジネスアナリティックのための技術力やノウハウが評価され、導入実績が伸びている。次いで2位のベンダが32.2%。DWH構築案件のみではなく、既存顧客に対するデータベース統合案件が進んでおり、販売実績が大きく拡大している。
 大量のデータから知見を導き出し収益に結びつける目的でDWHソリューションの導入が進むとみられるが、実際のビジネス活動の迅速化を図るため、アプライアンス製品が市場拡大の中心になるとみられる。

DWHアプライアンスシェア

DWHアプライアンスシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

DWH/「DWHアプライアンス」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DWH」関連情報をランダムに表示しています。

DWH」関連の製品

AWSを使いこなすためのノウハウ:分析ツールを構築する場合に必要な要素は? 【Talend】 データ統合に時間やリソースが割かれていると悩む企業が注目したい施策とは 【Talend】 ビッグデータ分析プラットフォーム Data Platform for Analytics 【NEC】
IaaS/PaaS EAI DWH
AWSを使いこなすためのノウハウ:分析ツールを構築する場合に必要な要素は? データ統合に時間やリソースが割かれていると悩む企業が注目したい施策とは 「超高速」「簡単導入」「低コスト」のデータ分析DWHアプライアンス。圧倒的なパフォーマンスを持ちながらもチューニングの手間は最小限。多種多様な分析を瞬時で実行。

DWH」関連の特集


 これまで起承転結の【起】となる第1回目で「そもそもビッグデータって何なの?」ということで、「ビッグ…



富士キメラ総研の調べによると2012年にかけて約5〜14%の市場成長率が見込まれているBIツールのシ…



ERP製品を主軸に事業を展開するテクノスジャパンでは、データ分析を主に手がけるテクノスデータサイエン…


DWH」関連のセミナー

Google Cloud ではじめる『データ分析&活用』セミナー 【〜 「BigQuery」を利用したデータ分析基盤について 〜(東京)】 締切間近 

開催日 10月3日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

クラウドの技術は日進月歩で進化を続け、様々なイノベーションを生み出しています。顧客情報や購買データの収集や分析・予測を、超低コストかつ超高速で行うことができる …

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

DWH/ 「DWHアプライアンス」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DWH/ 「DWHアプライアンス」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005177


IT・IT製品TOP > データ分析 > DWH > DWHの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ