「ネットワークフォレンジック」シェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ネットワークフォレンジック

2012/10/09


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、ネットワークフォレンジックのシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、ネットワークフォレンジック市場は、2011年度は前年対比横ばいの16億円であった。各企業の情報漏洩対策やセキュリティ対策への継続した投資により、市場規模は安定して推移している。
 2011年度の市場占有率(金額ベース)を見ると、米NiKSUN社の日本法人であるニクサンが31.3%を獲得し1位であった。同社の「NetDetector」は、IPv6への対応を強みにし、HTTPSも再現可能であり、特にWeb/メール/Telnetなどのアプリケーションデータの再現などに強みを持っている。2009年12月の日本法人の設立以来、ハイタッチ営業によるエンドユーザ開拓に注力しており、アメリカでは金融業/通信業/官公庁に強みがあるため、アメリカでのユーザ事例を基に国内でも同様の業界に需要の喚起を促している。
 次いで、オーク情報システムが22.5%で2位になった。同社の「NetEvidence」は、1台構成で、且つ、低価格であり、データを記録しながらNASにバックアップが行え、検索条件が自動実行・自動登録できることから運用面での利便性が優れている特徴がある。他に、HTTPSで行われたPOST通信の記録も検索できるなど性能面でも差別化を図っており、安定した実績を残している。
 2012年度は前年対比21.3%増の19億4000万円になるものと予想されている。

ネットワークフォレンジックシェア

ネットワークフォレンジックシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

フォレンジック/「ネットワークフォレンジック」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フォレンジック」関連情報をランダムに表示しています。

フォレンジック」関連の製品

ネットワークフォレンジックサーバ 『NetEvidence Ax Ver.3.1』 【オーク情報システム】 エンドポイントセキュリティに投資すべき理由、ウイルス対策ソフトとの違いとは 【日立システムズ】
フォレンジック アンチウイルス
全インターネット通信を記録・保存し、有事の際に漏えい源を追跡できるネットワークフォレンジックサーバ。メールの添付ファイルも掲示板の書込み内容も検索・確認できる。 攻撃者視点で考える、エンドポイントセキュリティへの投資効果

フォレンジック」関連の特集


306人を対象に「企業におけるログの管理状況(2013年)」を調査。ログの取得頻度は64.1%が「不…



不正アクセスなどのいわゆるコンピュータ犯罪を科学捜査すること、それがコンピュータフォレンジック。では…



増加する企業データに対応し、効率化を実現するバックアップツール。その導入状況から各種機能、注目の技術…


フォレンジック」関連のセミナー

◆CSIRT構築・運用実践セミナー〈札幌〉 【大日本印刷】 締切間近 

開催日 6月29日(金)   開催地 北海道   参加費 無料

サイバー攻撃が熾烈化していますが、攻撃を完全に防ぐことはできません。本セミナーでは、近年のセキュリティインシデントやサイバー攻撃の事例、セキュリティ強化の方法論…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

フォレンジック/ 「ネットワークフォレンジック」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「フォレンジック/ 「ネットワークフォレンジック」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005174


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ