多くの企業にビッグデータの価値“発見”を

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/11/07

ザ・キーマンインタビュー より多くの企業でビッグデータの価値“発見”を

まだ具体的にはビッグデータ活用への取り組みを進めていないという企業でも、何かのきっかけがあれば、そして、利用する価値が見出せれば、積極的に推進したいという意向があるのではないだろうか。NECでは幅広い製品群を展開するとともに、まずはビッグデータの価値を顧客企業が発見できるように支援する取り組みも進めている。同社 プラットフォームマーケティング戦略本部の茂木崇氏と中嶋晴香氏にお話を伺った。

日本電気株式会社 企業サイトへ

茂木 崇 氏(左)、中嶋 晴香 氏(右)

プラットフォームマーケティング戦略本部
主任 茂木 崇 氏

プラットフォームマーケティング戦略本部
中嶋 晴香 氏

“今こそ、改めてデータ活用を再認識すべき”という観点で幅広く展開

Question

貴社のビッグデータのビジネスの現状をお教えいただけますでしょうか?

Answer

NEC:茂木 崇 氏

まずは、ビッグデータとひと言で言ってもとらえ方が様々なので、定義からお話させて下さい。弊社では、「今までの手法やシステムでは処理・分析が難しいほど、データ量が多く、また様々なタイプを持つデータのこと」をビッグデータと定義しています。そして単に「データが大量すぎて、従来はできなかった処理」だけではなく、「時間がかかりすぎていた処理」や「複雑なデータ解析など、これまで存在しなかった処理」を、NEC独自の新技術により解決し、お客様にとっての新しい価値を創出する。それを包括的にNECのビッグデータソリューションと呼んでいます。扱うデータのサイズだけではなく、いかにスピーディに処理ができるか、あるいは、いかに大量・複雑なデータから価値を創出するかといった観点に重きを置いているわけです。

 そのために、弊社では自社製品からパートナー製品まで、実績のある製品を幅広く提供しています。ビッグデータ基盤として、データ活用のライフサイクルに必要な「データ収集」「データ処理・蓄積」「データ分析」のすべての層をカバーしつつ、ご要望に合わせて、実績のある製品と最先端の技術を組み合わせて、お客様のビッグデータ活用をトータルにサポートしております。

 現在の状況としては、扱っているデータが必ずしも大量でなかったとしても、データ活用に潜在的な課題を抱えているお客様は少なくありません。ですから、あまりデータの規模、あるいは業種などに固執することなく、あくまでも“今こそ、改めてデータ活用を再認識すべき”という観点で幅広くアプローチや提案をさせていただいています。

Question

そうしたデータ活用の再認識、更にはビッグデータ活用への取り組みを進めることで、顧客にはどのような効果がもたらされると言えるでしょうか?

Answer

やはり競争力を高められるということでしょう。厳しい事業環境の中で、経営者は変化を察知し、未来を予測して、迅速かつ精度の高い経営判断を行う必要に迫られています。それに対して非常に有効なのがビッグデータ活用です。現場レベルでも指示を待つばかりでは遅れをとってしまうこともあるため、データ活用を駆使した仮説・検証に取り組み、更にそれを繰り返して、PDCAを回しながらリスクの回避を実現しておくことが重要ではないでしょうか。

 そのためには、まず「情報提供の迅速化」、つまり例えば部門間でのデータ融通をタイムリーに行える体制の構築が必要です。また、よく購買分析の例では「おむつとビールは同時に買われることが多い」と言う話が挙げられますが、「新たな関係性の発見」も重要となります。その結果、現状把握にとどまらず、「将来の予見・予測」、すなわち顧客行動や市場変化などをいち早く察知し、それらへの対策を講じることが可能になるというわけです。

 もちろん、これらはあくまでも手段としての効果ですから、それによって、何を狙うのか、ビジネスとしてのゴールをどこに置くのかは、各々の企業で違ってきます。大枠としては「既存ビジネスの効率化によるコスト削減」「既存ビジネスの改善・価値向上による売り上げ向上」「新たなビジネスの創出による事業拡大」「データ提供・販売などによる新事業展開」などに分かれます。案件に応じてそれらをより具体的にとらえて、データ活用の内容を提案していくことが弊社の役目だと思っています。弊社はビッグデータ専門のディスカバリープログラムというコンサルティングサービスも用意し、ビジネス課題を認識した上で、適切なデータ活用手法、あるいは業務の回し方なども含めてご提案させていただいております。


このページの先頭へ

自社研究所で開発してきた多彩かつ高度な解析技術を最大限に活用

Question

ビッグデータ利活用に関連するソリューション/サービスを提供していくにあたり、コンサルティングも含めて提供していくという点が貴社の特長ということですが、製品に関しては、どのような強みがあるのでしょうか?

Answer

NEC:中嶋 晴香 氏

弊社では独自技術、しかも世界トップレベルの技術に数多く取り組んでいますから、製品力においても、それらの技術を活かした「量への対応」「多様性への対応」「高度な分析への対応」ということが大きな強みとなります。「量」に関しては、予測困難なデータ増加へ対応し、柔軟な拡張性と高い信頼性を備えた独自のデータベース技術を「InfoFrame Relational Store」として既に製品展開しています。

 また、「多様性」については、ビッグデータが話題になる以前から、自社研究所などでテキスト解析や画像解析といった分野に取り組んでおり、実際にテキスト含意認識、指紋認証、顔認証などの技術に関しては、米国のNIST(National Institute of Standards and Technology=国立標準技術研究所) 主催のコンテストでもNo.1を獲得しています。これらの世界トップクラスのメディア解析エンジンを活用することで、画像や音声などの非構造化データを扱う際にも、より幅広い応用が可能になります。

 「高度な分析」においては、ビジネスアナリティクス(BA)分野を事業の柱とするSAS Instituteとの協業を発表しており、SASのBA製品の販売にとどまらず、各業種特有の大量データ分析視点や分析手法を標準化したテンプレートの開発なども既に取り組んでいます。また、弊社研究所が開発した独自の分析技術により、これまで実現できなかったデータマイニングや予知・予測も実現できるようになりつつあります。組織面でも、高度な分析や分析モデルの構築・実行支援を行う分析エキスパートと呼ぶ要員体制も弊社内に確立しており、その規模を順次拡大しています。

Question

メディア解析技術においては、どのような活用例がありますでしょうか?

Answer

例えば、弊社のグループ会社から企業向けに提供しているソーシャルメディア分析サービスがあるのですが、こちらはテキスト解析を応用したサービスの1つです。NEC中央研究所の日本語解析技術を用いて、Twitter、Facebook、ブログなど、様々なソーシャルメディア上のクチコミをタイムリーに分析し、評判の推移をグラフ化するというもので、既に100社以上のお客様に利用していただいています。更に同サービスで積み上げてきた実績やノウハウをもとに、NECではソーシャルメディア単体での分析にとどまらず、お客様の商品データや市場データなど、ほかのデータと組み合わせた分析などの提案もできるという点が強みと言えます。

 もう1つ、テキスト解析の活用例を挙げさせていただくと、自社で先行して高精度なテキスト含意認識技術、つまり、テキストマイニングで営業マンの業務効率化を図るという取り組みを行っています。日報データを蓄積している企業は少なくないかと思いますが、その解析を行うことで、営業案件を成功させる情報を導き出そうというものです。具体的には、日報データと過去案件情報を比較し、状況に合わせた類似案件情報を提供する「活動レコメンド」、あるいは、進めている案件に適した製品の組み合わせ情報などを示唆する「攻略情報レコメンド」の生成などを試みています。例えば、過去にどういう課題に対して、どのような内容の提案を行い、受注につながったのかといったことを解析していくわけですが、当然ながら、人によって文章の記述のしかたがばらばらだったり、粒度が違います。しかし、テキスト含意認識を用いれば、そこから同じ意味のものを特定でき、レコメンドの精度向上につなげられるというわけです。


このページの先頭へ

ビッグデータ活用の価値を感じてもらえるよう、コンサルティングサービスの入り口を無償に

Question

画像処理技術などもビッグデータ活用での応用が可能ですよね?

Answer

NEC:茂木 崇 氏、中嶋 晴香 氏

先ほどお話したとおり、画像処理技術については、NISTのコンテストでNo.1を獲得した顔認識・顔認証技術を保有しており、それを応用することで、カメラ映像から様々な情報を取得することが可能です。例えば、流通業や外食チェーンなどの店舗では、アンケートや様々な方法を用いてお客様の性別・年齢を集めていますが、カメラ映像を用いて画像解析を行うことで、より大規模かつ客観的で高精度な判定が可能となり、客層の変化をより的確につかむことができます。

 また、それだけではなく、カメラ映像から来店客の人数を算出し、性別・年齢分類を実施し、これを購買履歴など店舗運営データと比較することで、全来店者における非購買者の割合や属性を算出することが可能となります。これまで実現できなかった非購買層に対する販売施策などの立案にも役立てることが可能となり、店舗の売上向上に貢献できると考えています。

図1 【事例】画像解析による来店客層分析によるマーケティング
図1 【事例】画像解析による来店客層分析によるマーケティング
出典:NEC、2012年10月

Question

最後に、今後の取り組みについて教えて下さい。

Answer

より多くの企業にビッグデータ活用に取り組んでいただきたいと思っていますが、ビッグデータ活用への興味や期待が高まる一方で、利用価値というものをなかなか想起できない、あるいは、どう取り組めばいいのか分からないという課題を抱える企業が少なくない状況です。また自社で保有するデータの価値に気付かれていない企業も少なくないでしょう。ただ、業種にかかわらず、ビッグデータ活用で価値を生み出せる企業は多く、弊社ではそうした方々に対して、最初からNECが持つ技術や製品を提案するのではなく、その企業ではどんな価値を生み出せるのかという点をお伝えすべきだと考えています。

 そうした考えのもとで、ビッグデータの活用目的や分析方法を明確化する「ビッグデータディスカバリープログラム」というコンサルティングサービスでは、フェーズ0「ビジョニング(目的の明確化)」、フェーズ1「データ活用仮説立案」、フェーズ2「データ分析検証」という3つのフェーズで構成されており、最初のフェーズ0は基本無償で、2週間程度の期間で実施可能という点が特長になっています。

 このフェーズ0の目的は、データ分析/活用の事例、あるいは関連技術の紹介を通じて、潜在的な課題やニーズに気付いていただくことにあります。更にそれだけにはとどまらず、ご紹介した事例や技術動向などを踏まえて、お客様のビジネスのバリューチェーンの課題・方針を討議し、データ活用の具体的な目的や狙いを設定するという作業もご支援いたします。また、フェーズ1、2においては、お客様のデータを用い、弊社の高度な分析技術と検証環境で実際にデータ分析の仮説・検証を行うことで、これまでの分析では分からなかった結果を、文字通り“ディスカバリー”していくことが可能となります。

 まずは「ビッグデータ活用は自社に無関係ではなく、むしろ有効なものだ」「取り組むことで価値を生み出せそうだ」と感じていただくことが重要だと考えているのです。


●ありがとうございました。

図2 ビッグデータディスカバリープログラム
図2 ビッグデータディスカバリープログラム
出典:NEC、2012年10月

取材協力

日本電気株式会社 企業サイトへ

1899年7月17日設立。ITソリューション、キャリアネットワーク、社会インフラ、パーソナルソリューションを主要事業とし、NECグループビジョン2017として「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現するグローバルリーディングカンパニー」を掲げている。


このページの先頭へ



◆関連記事を探す

BI/データ分析/多くの企業にビッグデータの価値“発見”を」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI/データ分析」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】 SAS Event Stream Processing 【SAS Institute Japan】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 データ視覚化の基礎知識――チャート作成からビッグデータ処理まで IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?

「ビッグデータ」関連の特集


ソフトバンクが設置する全国40万カ所のWi-Fiアクセスポイントのデータ活用が本格始動?「ソーシャル…



マーケティングの世界では、従来から大なり小なりデータ活用は用いられてきたが、ビッグデータ時代の到来で…



国内市場規模およそ9兆円に達した「IoT」ですが、IT部門ではどう取り組むべき?事例も交えつつ企業シ…


「ビッグデータ」関連のセミナー

デジタル・プロセス・イノベーションセミナー 【キヤノンITソリューションズ】 締切間近 

開催日 9月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日本企業を取り巻く経営課題(超高齢化にともなう少子化や労働力減少・・・等々)は今もなお深刻な問題で、人材の多様化はもちろん、ICTの有効活用による生産性向上が大…

製造業セミナー 〜SCMをつなげる生産計画〜 【セイノー情報サービス】  

開催日 10月17日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

日本経済の景気は緩やかな回復が見られるものの、国内製造業を取り巻く環境は原材料・人件費の高騰など年々厳しさを増しています。このような中、各企業はニーズにあった商…

Microsoft Azure 中国リージョン解説セミナー 【主催:クララオンライン/共催:日本マイクロソフト】  

開催日 10月16日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

Microsoft Azure 中国リージョンのご利用をご検討されている方を対象とした少人数セミナーを開催いたします。IoT SuiteをはじめとするMicro…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005160


IT・IT製品TOP > ビッグデータ > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ