この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

クライアント端末の利用環境

2012/12/25


 キーマンズネットでは、2012年10月2日(火)〜 10月10日(水)にかけて「クライアント端末の利用環境」に関するアンケートを実施した(有効回答数:561)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の48.1%、一般部門が51.9%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは企業で利用している「端末」「OS」「オフィススイート」など、クライアント端末の利用環境を把握するための質問。その結果、現在導入しているPCは、モバイルデバイスが普及しつつある現状でも、依然としてデスクトップPCやノートPCがモバイルPCを大きく上回っていることや、端末はスマートフォンよりメディアタブレットの方が導入予定の割合が高いことが明らかになった。

※「端末/クライアント端末の利用環境」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「端末/クライアント端末の利用環境」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

クライアントPC以外の導入予定はスマートフォンよりメディアタブレット

 最初に、現在導入しているLANに接続可能なクライアントPCのタイプについて尋ねた(図1)。その結果、1位は「デスクトップPC」で90.7%、2位は「ノートPC(画面サイズ15インチ以上)」で79.5%、3位は「モバイルPC(画面サイズ15インチ未満)」で47.4%、4位は「タブレット型PC」で9.3%という結果となった。
 次に、今後1年以内に、デスクトップPCやノートPCなどのクライアントPC以外で新たに「LAN接続可能なクライアント端末(スマートデバイスなど)の導入予定があるか」を尋ねたところ、83.9%が「導入の予定はない」との回答を得た。残り16.1%の導入を予定している人が回答した、今後1年以内で新たに導入を検討している端末タイプは、「メディアタブレット(iPadやGalaxy Tabなど)」が78.8%、「スマートフォン(iPhoneやXperiaなど)」が41.2%と回答している。

図1 現在導入しているLANに接続可能なクライアントPCのタイプ

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 現在導入しているLANに接続可能なクライアントPCのタイプ
このページの先頭へ

2

企業の標準OSは未だ約7割がWindows XP、Windows 7に大きく差をつける

 次に、現在、企業で業務に利用されているクライアントPCのOSについて尋ねたところ(複数回答)、1位は「Windows XP」で90.7%、2位は「Windows 7」で76.8%、3位は「Windows Vista」で21.0%と続いた(図2)。その他にも、「Windows 2000」「Linux」「Mac OS X」「Windows Meまたはそれ以前のWindows」という回答もあった。トップシェアを走り続けてきたWindows XPに代わってWindows 7が着実にシェアを伸ばしてきていることがうかがえる結果となっている。
 また、企業の標準環境のOS(最も多く利用されているOS)を聞いたところ、1位は「Windows XP」で70.6%、2位は「Windows 7」で26.4%、3位は「Windows Vista」で2.0%と、順位は変わらなかった。企業の標準OSという観点で見ると、未だにWindows XPとWindows 7のシェアが大きく開いており、Windows XPが根強く企業内では利用されていることが分かる。
 関連して、バージョンアップの時期についても尋ねている。今後クライアントPCの標準OSをバージョンアップする計画があるかないかを尋ねると、半数近くの人がバージョンアップの計画があると回答した。内訳としては、「標準OSをWindows 7にバージョンアップする計画がある」が42.1%、「標準OSをWindows 8にバージョンアップする計画がある」が5.5%となった。

図2 企業で業務に利用されているクライアント端末のOS

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 企業で業務に利用されているクライアント端末のOS
このページの先頭へ

3

標準オフィススイート、次期最有力候補はMicrosoft Office 2010か

 次に、標準となっているオフィススイート製品について尋ねた。その結果、1位は「Microsoft Office 2003」で41.5%、2位は「Microsoft Office 2007」で23.7%、3位は「Microsoft Office 2010」で22.5%、4位は「Microsoft Office XP」で6.5%、5位は「Open Office.org」で0.9%という結果となった。現段階では、Microsoft Office 2003がやはり群を抜いて利用されていることが分かる。また、その他の回答としては、「Microsoft Office 2000」を使用しているとの声が見受けられた。
 また、オフィススイート製品のリプレイスについて尋ねた。今後1年以内のリプレイスについては、79.2%が「検討していない」との回答だった。残りの20.8%の「検討している」と回答した人に検討しているオフィススイート製品を尋ねたところ(図3)、1位は「Microsoft Office 2010」で76.5%、2位は「Microsoft Office 2007」で8.7%、3位は「Microsoft Office 15(コードネーム)」で7.0%と続いており、「Microsoft Office 2010」が次期導入候補として期待がかかっているようだ。

図3 リプレイスで検討しているオフィススイート製品

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 リプレイスで検討しているオフィススイート製品

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

端末/クライアント端末の利用環境」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「端末」関連情報をランダムに表示しています。

端末」関連の製品

NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】 Obbligato 持ち出し制御ソリューション 【NEC】 暗号化/マルウェア対策/ランサムウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】
検疫 DLP 暗号化
不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)
共有サーバ上の機密データのみ持ち出し(印刷、コピー、メール添付など)を禁止し、機密でない通常データは、いつも通り持ち出し可能で利便性を確保。サービス利用も可能。 PCや記録メディア、ファイルサーバのデータを暗号化。
安全性が確認できるプログラムのみ、機密データやOS管理領域へのアクセスを許可する。

端末」関連の特集


前年同期比14.8%減の766万台となったた、2014年第3四半期の国内携帯電話出荷台数。8四半期連…



市場拡大を続けるネットワークカメラの3つのトレンドが今、注目されています!他にも乗っ取りに盗撮…セキ…



中学校・高校などでパソコンを利用できる環境作りが進む一方、掲示板やブログへの書き込みによるトラブルも…


端末」関連のセミナー

帳票運用のTCO削減を実現する『アウトプット基盤化』セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 12月13日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

販売開始20年目を迎え、時代に応じて様々な変化をしてきた「帳票開発・運用ツール SVF」 の全容をご説明と合わせて、1万9500社以上の導入実績を誇る弊社ならで…

安全、快適、楽々運用 ソフトバンクのオールフラッシュ DaaS 【主催:ソフトバンク/ピュア・ストレージ・ジャパン】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

働き方改革や端末の多様化により、デスクトップ環境管理は複雑さを極めています。デスクトップ仮想化(VDI)の普及に加え、DaaS(Desktop as a Ser…

Windows10導入や移行の課題解決セミナー 【ヴイエムウェア】 締切間近 

開催日 11月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

Windows10は年に2回自動更新されるため、端末管理とアプリケーション動作において、これまでのWindowsとは異なる管理手法が求められます。-端末の課題・…

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

端末/ クライアント端末の利用環境」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「端末/ クライアント端末の利用環境」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005158


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ