この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

クライアント端末の利用環境

2012/12/25


 キーマンズネットでは、2012年10月2日(火)〜 10月10日(水)にかけて「クライアント端末の利用環境」に関するアンケートを実施した(有効回答数:561)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の48.1%、一般部門が51.9%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは企業で利用している「端末」「OS」「オフィススイート」など、クライアント端末の利用環境を把握するための質問。その結果、現在導入しているPCは、モバイルデバイスが普及しつつある現状でも、依然としてデスクトップPCやノートPCがモバイルPCを大きく上回っていることや、端末はスマートフォンよりメディアタブレットの方が導入予定の割合が高いことが明らかになった。

※「端末/クライアント端末の利用環境」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「端末/クライアント端末の利用環境」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

クライアントPC以外の導入予定はスマートフォンよりメディアタブレット

 最初に、現在導入しているLANに接続可能なクライアントPCのタイプについて尋ねた(図1)。その結果、1位は「デスクトップPC」で90.7%、2位は「ノートPC(画面サイズ15インチ以上)」で79.5%、3位は「モバイルPC(画面サイズ15インチ未満)」で47.4%、4位は「タブレット型PC」で9.3%という結果となった。
 次に、今後1年以内に、デスクトップPCやノートPCなどのクライアントPC以外で新たに「LAN接続可能なクライアント端末(スマートデバイスなど)の導入予定があるか」を尋ねたところ、83.9%が「導入の予定はない」との回答を得た。残り16.1%の導入を予定している人が回答した、今後1年以内で新たに導入を検討している端末タイプは、「メディアタブレット(iPadやGalaxy Tabなど)」が78.8%、「スマートフォン(iPhoneやXperiaなど)」が41.2%と回答している。

図1 現在導入しているLANに接続可能なクライアントPCのタイプ

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 現在導入しているLANに接続可能なクライアントPCのタイプ
このページの先頭へ

2

企業の標準OSは未だ約7割がWindows XP、Windows 7に大きく差をつける

 次に、現在、企業で業務に利用されているクライアントPCのOSについて尋ねたところ(複数回答)、1位は「Windows XP」で90.7%、2位は「Windows 7」で76.8%、3位は「Windows Vista」で21.0%と続いた(図2)。その他にも、「Windows 2000」「Linux」「Mac OS X」「Windows Meまたはそれ以前のWindows」という回答もあった。トップシェアを走り続けてきたWindows XPに代わってWindows 7が着実にシェアを伸ばしてきていることがうかがえる結果となっている。
 また、企業の標準環境のOS(最も多く利用されているOS)を聞いたところ、1位は「Windows XP」で70.6%、2位は「Windows 7」で26.4%、3位は「Windows Vista」で2.0%と、順位は変わらなかった。企業の標準OSという観点で見ると、未だにWindows XPとWindows 7のシェアが大きく開いており、Windows XPが根強く企業内では利用されていることが分かる。
 関連して、バージョンアップの時期についても尋ねている。今後クライアントPCの標準OSをバージョンアップする計画があるかないかを尋ねると、半数近くの人がバージョンアップの計画があると回答した。内訳としては、「標準OSをWindows 7にバージョンアップする計画がある」が42.1%、「標準OSをWindows 8にバージョンアップする計画がある」が5.5%となった。

図2 企業で業務に利用されているクライアント端末のOS

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 企業で業務に利用されているクライアント端末のOS
このページの先頭へ

3

標準オフィススイート、次期最有力候補はMicrosoft Office 2010か

 次に、標準となっているオフィススイート製品について尋ねた。その結果、1位は「Microsoft Office 2003」で41.5%、2位は「Microsoft Office 2007」で23.7%、3位は「Microsoft Office 2010」で22.5%、4位は「Microsoft Office XP」で6.5%、5位は「Open Office.org」で0.9%という結果となった。現段階では、Microsoft Office 2003がやはり群を抜いて利用されていることが分かる。また、その他の回答としては、「Microsoft Office 2000」を使用しているとの声が見受けられた。
 また、オフィススイート製品のリプレイスについて尋ねた。今後1年以内のリプレイスについては、79.2%が「検討していない」との回答だった。残りの20.8%の「検討している」と回答した人に検討しているオフィススイート製品を尋ねたところ(図3)、1位は「Microsoft Office 2010」で76.5%、2位は「Microsoft Office 2007」で8.7%、3位は「Microsoft Office 15(コードネーム)」で7.0%と続いており、「Microsoft Office 2010」が次期導入候補として期待がかかっているようだ。

図3 リプレイスで検討しているオフィススイート製品

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 リプレイスで検討しているオフィススイート製品

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

端末/クライアント端末の利用環境」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「端末」関連情報をランダムに表示しています。

端末」関連の製品

クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」 【サイボウズ】 クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション 「kincone」 【ソウルウェア】
VDI グループウェア 勤怠管理システム
「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインアップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 交通系ICカードをタッチするだけで、タイムレコーダーとして出退勤情報を記録でき、同時に交通費情報も読み取り可能な、クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション。

端末」関連の特集


ネットワークが遅い、早い、重い、軽い…なぜそう感じるのか、説明できますか?ネットワーク遅延の理由と改…



情報漏洩の原因は、「外部要因」と「内部要因」とに大別できます。今回は、万が一「内部要因」による情報流…



情報漏洩防止のためとはいえ、自社で記録媒体のデータ消去は正直大変…そこで役立つのがデータ消去サービス…


端末」関連のセミナー

Hinemos ver.6.1 紹介セミナ 【エヌ・ティ・ティ・データ先端技術】  

開催日 5月16日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

エンタープライズシステムの運用管理をより高度・効率的に実現する製品・サービスラインナップはもちろん、エンタープライズシステムにおける導入事例や、製品移行・導入支…

海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用を学ぶ 【サイバネットシステム】  

開催日 5月30日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日系企業の海外進出が加速する中、日本国内の端末はセキュリティ対策や管理ができているが、海外拠点は現地スタッフに任せっきりといった企業が多いようです。実際に、ウイ…

隣のあの人はやっている。Windows 10マイグレーションセミナー 【ネットワールド】  

開催日 5月11日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

Microsoft社の、Windows 7 延長サポートが2020年1月14日に終了します。Windows 10 が2015年夏にリリースされて以降、徐々に W…

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

端末/ クライアント端末の利用環境」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「端末/ クライアント端末の利用環境」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30005158


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ